鴎(マリーンズ)旋風を願って。

泥臭くたっていいじゃない。勝利に貪欲に。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

今日は大嶺。そして、ハマの番長三浦の先発です。

大嶺は、立ち上がりから四球を出すという雰囲気ではないものの、コントロールが良いとは言える状況ではなかったと思います。
それでも、相変わらずストレートには力がありますし、タスクのリードも序盤の勝負どころでは上手く相手の裏をついていたと思いますので、

見事でした。
しかし、5回裏にセーフティバントの守りのミスから、新沼に繋がれるなどして1死満塁のピンチ、北川に対して1−2からちょっとストレートを置きに行ってしまった感じがしました。
勿論、打った北川は見事ではあるものの、1−3になるのを嫌ったせいか、やや抜いてしまったかな。という印象が私はしました。
ベイスターズ主砲陣が元気なようで、大嶺のストレートを力負けせずに振りぬいていましたが、そのときのボールは一押ししていた感じがしますしね。勿体無い1球でした。

大嶺のあとを受けた川崎・伊藤ともに見事な投球、疲労は正直あると思いますが、昨日の借りを返すような投球でした。
リリーフ陣は明日じっくり休んで、明後日からの試合に備えて欲しいですね(^^


立ち上がりの三浦、少し逆球があり2−3投球となっていましたが、テンポも良く球も低めに集まっていることから、これは攻略に苦労するか。それが初回の印象でした。(加えて外角のストライクゾーンが非常に広い。)

しかし、打者2順目から三浦のコントロールにやや限りが見え始め、新沼の構えからややボール1個・2個甘く入ってくるようになって来ました。
その甘い球を早坂を綺麗にセンター前、福浦が送りバントをキッチリ決め、大松が横スタ3発目となるHR!この流れが非常に良かったです(*'-')b

また、大松が復調したことによって、この3番という打順が非常に効果的に効いているこの2戦ですね。
井口が内角攻めに苦しんでいるようですが、大松がポイントゲッターの役割をしてくれているので、しっかり穴を埋めてくれています(^^

逆転直後の対三浦、井口が三浦に打球を当ててしまいますが、三浦の気迫の投球にこの回は0点。
木塚・吉見・山口とつながれ、追いつくことができず・・・。チャンスは作ったのですが、最後は横浜リリーフ陣が三浦の気迫に答えた形になりましたね。残念です。

それにしても、はじめにも書きましたが、いやはや今日はストライクゾーンが広かったですね。ある意味、ゲームがサクサク進みますが、今日はよく見逃し三振がありました(^^;

なかなか連勝ができず・・・。なかなか乗り切れない部分はここなんでしょうけど、タイムリーにツーランが出たということで、プラスに考えていきたいですね。
また、ベニーが別メニューで調整していたとの情報も有り、ちょっと故障者がまた増えてきてしまいました。
なかなかベストメンバーで戦うことが出来ませんが、ここが耐え時離脱しないように踏ん張って欲しいです。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事