鴎(マリーンズ)旋風を願って。

泥臭くたっていいじゃない。勝利に貪欲に。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

今日から本拠地千葉マリンに戻り、好調広島を迎えての2連戦。
先発は俊介とルイスでした。

俊介は、立ち上がり1番・2番を良い形で打ち取り、カーブのブレーキも良く効いていたと思うのですが、赤松にカーブをうまくついていかれて三遊間を抜けてしまったあたりから、どうにもコントロールが乱れてしまいました。
そこを付けこまれ2点を先制される苦しい立ち上がりとなりました。
しかし、カーブも良くブレーキが効いていたように、シンカー等の球質自体は悪くなかったと思います。
なので、風を掴んだ2回以降はうまい具合にカープ打線を翻弄していました。たまにコントロールが乱れて、納得していない表情のときはありましたが、許容の範囲といったところ、俊介もさほど気にするレベルではなかったでしょう。

そんな訳で、先制点を取られたと言われればそれまでではありますが、白星をつけてあげたい内容であったと思います。
よもや初回の2点が命取りになるとは・・・、白星に恵まれませんね。

2番手は宏之が登板、ニッカンスポーツでは宏之抑えの可能性の報道もあり、井上コーチもほのめかしていた部分はあったものの、とりあえず今はブライアンを後ろにもっていって、何回か試してみるという形になりそうですね。
私も1回だけでは適正は見抜けないと思うので、現時点ではこれで良いとは思いますが、いかんせんクローザーを試せるような展開にならないと話になりませんから、何とか打線が頑張って欲しいところではあります(^^;


打線は、ルイスからあと1本が出ずに、広島投手リレーの前に完封・・・。
ルイスは千葉マリンの強風でコントロール乱れ、2−3ピッチングでかなり球数が多い状態ではありましたが、スライダー系の変化球は風の影響がプラスに働いており、マリーンズ打線には非常に厄介なボールとなっていました・・・。
加えてストレート自体の球威はあるほうなので、なかなかマリーンズの苦手な荒れ球Pに変貌してしまった感じがありますね(^^;
風がコントロールを乱すなど、味方になった部分はあったものの、最終的にはマリーンズの苦手タイプに変貌したということで、結果的には風が敵になってしまったかもしれませんね(^^;

また、今日はベンチの采配が悉く裏目に出てしまうというツキの無さもありましたね(--;
試合を通して色々と裏目に出てくることはあるものの、こう悉く裏目に出てしまうと流れ自体が悪かったという他ないのかな。という気持ちも多少あります(苦笑

ただ、今江のサードゴロを内野安打にしてしまったこと。や、早坂の牽制プレー等、まずいプレーがあったのも確かで、こういう部分減らしていかないとなかなか上位進出は難しいのではないか、やはり感じます。
今江はバットで返してくれたものの、早坂は先頭の四球を結果的に無駄にしてしまったわけですから、ちょっと反省が必要かもしれません(^^;
前にも同じような牽制で刺されているために、ちょっと印象が良くないですね。

勿論、あのリードは早坂の武器ではあるので、是非今後も続けて欲しいとは思うものの、ケースbyケースで危ないと思ったらややリードを半歩ベース寄りにするのもありだと思います。
特に今日のような重要な場面での牽制死は勿体無いですし、早坂のリードであれば半歩戻っても十分プレッシャーの与えられるリードなると思うので。
しかし、早坂だけの責任か。と感じる部分もあり、諸積をはじめとするコーチ陣がそれとなく、あの場面でアドバイスしてあげても良かったとは思います。
それとなくリードの支持を与えてあげれば良い訳で。
今日の流れであれば、逆転は微妙だったかもしれませんが、もう繰り返さないことが大事だと思います。

残念ながら2連敗、広島の守備がかなり堅い印象で、明日も厳しい戦いなりそうですし、最近安定した試合をしているのも頷けます。
とはいえ、こちらも何としても白星欲しいですから、何とか喰らいついていって欲しいですね。

それはそうと、西岡の離脱がかなり長いものになっていて心配ですね。
抹消も視野に入れたいところですが、細谷がショートを守るなど少々余裕が無いように感じるので、難しいところでしょうか・・・。

開く コメント(12)

開く トラックバック(5)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事