鴎(マリーンズ)旋風を願って。

泥臭くたっていいじゃない。勝利に貪欲に。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

赤星が現役引退

赤星が現役引退!首の痛み引かず…阪神

 阪神の赤星憲広外野手(33)が兵庫県西宮市内のホテルで記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。9月に首を痛めた際は持病の椎間板ヘルニアの悪化とされていたが、その後の検査で脊髄損傷と診断されたためで、同外野手は「全力プレーをできない状況で野球を続けるのは無理なのではないかと、引退する気持ちを固めた」と語った。

 現在、日常生活に支障はないというが、医師からは「今度やってしまったら、最悪、命の危険もある」と言われたという。プロ生活を振り返り「9年間できたことは本当にありがたいこと」と話した。

 赤星は愛知・大府高から亜大―JR東日本を経て2000年ドラフト4位で阪神入団。走攻守三拍子がそろった外野手として1年目からレギュラーに定着し、39盗塁で盗塁王、新人王に選ばれた。その後も05年まで5年連続盗塁王、リーグ優勝した03年と05年にはベストナインに選ばれ、ゴールデングラブ賞は6度選出。04年に社会貢献活動が評価され、ゴールデンスピリット賞を受賞した。

 07年5月、試合中にダイビングキャッチを試みた際に首を痛め「頸椎(けいつい)椎間板ヘルニア」と診断。今年9月12日の横浜戦(甲子園)でも同様のプレーで悪化させたとみられ、その後は欠場。11月に鳴尾浜でキャッチボールを再開させたところだった。

 今季は91試合の出場で打率2割6分3厘。プロ9年間の通算成績は1127試合で1276安打、打率2割9分5厘、3本塁打、215打点、381盗塁。

 阪神・赤星憲広外野手「引退することになるとはまったく想像していなかった。正直、今でもできるんじゃないかという気持ちはある。次にやってしまったらという恐怖感を持ったまま試合に臨まなければいけないことを考えた時点で、身を引くべきかなと思った」

 阪神・星野仙一シニアディレクター「元気ではつらつなあいつのプレーがもう見られないのは残念やね。03年の優勝が決まった最後の試合でのサヨナラ安打は今でも鮮烈に覚えているよ。足の速い選手だったのはもちろんだけどガッツにあふれた選手だった」
(スポーツ報知)

ケガで引退というのが非常に残念ですね。
33歳でまだまだこれからですし、何より俊足巧打は怪我さえなければ、日本代表に選ばれても良いくらいであると私は思っています。

ニュースなどの会見によると、無理をすると命にも関わってしまうということなので、非常に無念の引退となってしまいました・・・。
本当に残念です。

プロなので毎試合極限な状態でプレーをしているので、怪我は避けられないことではありますが・・・。
ただただ、「残念」という言葉しか出てきません。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事