鴎(マリーンズ)旋風を願って。

泥臭くたっていいじゃない。勝利に貪欲に。

全般

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昼休みに思ったこと。

そういえば、郵便局にたまたま行く用事がありまして、チラッと目に入ったのが…マリーンズの内野自由席の発売。

「内野自由席2000円、平日に限り(混雑状況による)マリンシートか内野S席に無料グレードアップ」

私みたいに有料会員になってない(オイオイ 人には結構、魅力的なチケットだと思うのですが、どうなんでしょう。


関係ないことですが、昼休みのヤフートップに脇谷のブーイングの件が載ってました。
まあ、あれは酷い誤審なので仕方ないのですが、とはいえ、脇谷にブーイングするのはどうなのかなー。と思いますが。

そもそも私が脇谷の立場でも、試合後に落球は認めないと思いますよ。
認めることで、

・認めた場合、選手側から審判の権威を失わせることになる。(権威云々には異論あるかと思いますが、同じプロ野球として食べてる仲間同士、プレーに関わってる選手が、実は誤審でした。とは言えないでしょう)
・こういう勝負事とスポーツマンシップはそもそも別問題。
・1人の選手である以上、落球後のアピールは当たり前。(これはどこの球団に属していても一緒。)
・試合後のコメントは、ノーコメントにしておけば個人的には良かったと思うが、それでも上と同様に、選手側から認める必要はない。

なので、脇谷にブーイングするのはちょっと違うのではないかなー。と私は思ってます。


仮に誰か責任を取るのであれば、それは脇谷ではなく、裁いた審判が属する団体が表明すべきものであって、1選手の脇谷をブーイングとか、誹謗中傷するのは間違ってます。
これがタイガースの立場がマリーンズだったとしても、脇谷を責めることはないですねぇ。
仮に責めるのであれば、裁いた人が問題なわけで。


第三者的立場のファンから見るとそんな感じですね。
だからこそ、タイガースも主たるところに意見書を提出しているわけで(^^;
気持ちはわかりますが、ここは大人になって、脇谷へのブーイングは止めてほしいところです。

開く コメント(8)

開く トラックバック(1)

西岡骨折

残念ながらシーズン序盤で離脱となってしまいました。
井口も確か言ってましたが、メジャーのスライディングはベースではなくて、脚を狙ってゲッツー崩しをしてきますから、そこは注意しないとダメ。と記憶しています。

悪く言えばラフプレーですね。
ただ、向こうの中継観てるとそれが当たり前の感じですし、だからこそセカンドの避け方が必要となってくるのでしょうね。
西岡本人も悔しいと思いますが、その辺りは十分承知済みのコメントしていましたし、捕る・投げる意外にももうひとつ課題が出たような感じですね。


いずれにしても、西岡の打席だけは毎日欠かさず日刊スポーツとかのサイトや、NHKBSのハイライトでチェックしていただけに本当に残念。
しっかり治して元気な姿を見せて欲しいです。

開く コメント(8)

どうなる?ジョニー

助けてジョニー!横浜投手コーチに黒木氏

 横浜が来季の1軍投手コーチとして元ロッテのエース、黒木知宏氏(36=野球評論家)に就任要請をしていることが9日、分かった。

 横浜は今季両リーグワーストの防御率4・88で3年連続の最下位に低迷。チーム再建には投手陣の整備が急務で、コーチ歴はないものの卓越した野球理論を持つ黒木氏に白羽の矢を立てた。黒木氏は入団1、2年目に当時ロッテで投手コーチを務めていた横浜・尾花高夫監督(53)に指導を受けた縁がある。

 チームの抜本的改革へ、横浜が動いた。黒木氏へ来季の1軍投手コーチの就任を要請。投手陣再建を託したのはロッテで現役時代、闘争心を前面に出す投球スタイルで野球ファンを魅了した「魂のエース」だった。

 横浜は今季55年ぶりのシーズン95敗を喫するなど、プロ野球史上初の3年連続90敗以上で最下位に沈んだ。ロッテ、ヤクルト、ソフトバンク、巨人の4球団で投手コーチとしてリーグ優勝7回、日本一4回の実績を評価された尾花監督が今季から指揮官に就任。開幕前には昨季の685失点を踏まえ、「100点は減らせる。その上に50点減らして優勝争いしたい」と語っていたが、昨季を下回る両リーグワーストの防御率4・88、743失点と状況は好転しなかった。

 低迷の要因は先発陣の不振に尽きる。2ケタ勝利はロッテから移籍した清水のみ。エースの三浦は右肩痛もあって、わずか3勝。若手の伸び悩みも深刻だ。先発の軸として期待された寺原が4勝。08年の新人時に6勝を挙げた3年目の小林太が未勝利、2年目の藤江も2勝に終わった。

 既に今月に入り、複数回にわたって尾花監督と会談。チームの現状把握などに努めているものとみられる。現役引退時には「素晴らしい経験をさせてもらった。それを今度は違う形で伝えていきたい」と話すなど、将来的に指導者となる夢を描く黒木氏の今後の動向が注目される。

(スポニチ)


なぜ?横浜 「ジョニー」黒木氏に投手コーチ要請の背景

 横浜が来季の1軍投手コーチとして元ロッテのエース、黒木知宏氏(36=野球評論家)に就任要請をしていることが9日、分かった。

 「ジョニー」の愛称で多くのファンから愛された黒木氏にとって、尾花監督は恩師の1人でもある。入団1、2年目の95、96年に当時ロッテの投手コーチだった尾花監督から受けた指導が、3年目から5年連続2ケタ勝利を挙げてエースとなる礎となった。

 黒木氏はコーチ歴こそないが、ここ数年は北京五輪、大リーグなどにも精力的に現地に赴き、視野を広げることで指導者への足場を固めてきた。

 横浜の球団関係者は「マウンドさばき、強気に攻める姿勢は若手の良い手本になる。理論もしっかりしている。今の投手陣に足りない部分を補ってもらいたい」と話し、その評価は高い。また明るいキャラクターで三浦と同い年の36歳。青年コーチとして、投手陣の兄貴的存在、精神的支柱としても球団は大きな期待を寄せている。 
(スポニチ)


来季横浜、1軍投手コーチに黒木氏招へい

 横浜が元ロッテの黒木知宏氏(36)を来季の1軍投手コーチとして招へいすることが9日、分かった。野村弘樹1軍投手コーチ(41)は今季限りで退団、吉田篤史2軍投手コーチ(40)が1軍に昇格し、プルペン担当となる。

 ロッテのエースとして活躍した黒木氏は、11年間で76勝を挙げ、2007年に現役を引退。今回初めて指導者としてユニホームを着る。球団では情熱的な姿勢で知られた黒木氏に、今季12球団最下位の防御率4・88となった投手陣の立て直しを託す考え。1995、96年には、当時ロッテ投手コーチだった尾花監督と同時期に在籍している。
(サンスポ)


こんな感じなので、あとはジョニーが引き受けるのかどうか。というところでしょう。
ベイスターズとしては要請して、という流れ。ただ、一番最初の記事で複数回あってるという話もあるので、就任に前向きなのかもしれませんね。

開く コメント(14)

赤星が現役引退

赤星が現役引退!首の痛み引かず…阪神

 阪神の赤星憲広外野手(33)が兵庫県西宮市内のホテルで記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。9月に首を痛めた際は持病の椎間板ヘルニアの悪化とされていたが、その後の検査で脊髄損傷と診断されたためで、同外野手は「全力プレーをできない状況で野球を続けるのは無理なのではないかと、引退する気持ちを固めた」と語った。

 現在、日常生活に支障はないというが、医師からは「今度やってしまったら、最悪、命の危険もある」と言われたという。プロ生活を振り返り「9年間できたことは本当にありがたいこと」と話した。

 赤星は愛知・大府高から亜大―JR東日本を経て2000年ドラフト4位で阪神入団。走攻守三拍子がそろった外野手として1年目からレギュラーに定着し、39盗塁で盗塁王、新人王に選ばれた。その後も05年まで5年連続盗塁王、リーグ優勝した03年と05年にはベストナインに選ばれ、ゴールデングラブ賞は6度選出。04年に社会貢献活動が評価され、ゴールデンスピリット賞を受賞した。

 07年5月、試合中にダイビングキャッチを試みた際に首を痛め「頸椎(けいつい)椎間板ヘルニア」と診断。今年9月12日の横浜戦(甲子園)でも同様のプレーで悪化させたとみられ、その後は欠場。11月に鳴尾浜でキャッチボールを再開させたところだった。

 今季は91試合の出場で打率2割6分3厘。プロ9年間の通算成績は1127試合で1276安打、打率2割9分5厘、3本塁打、215打点、381盗塁。

 阪神・赤星憲広外野手「引退することになるとはまったく想像していなかった。正直、今でもできるんじゃないかという気持ちはある。次にやってしまったらという恐怖感を持ったまま試合に臨まなければいけないことを考えた時点で、身を引くべきかなと思った」

 阪神・星野仙一シニアディレクター「元気ではつらつなあいつのプレーがもう見られないのは残念やね。03年の優勝が決まった最後の試合でのサヨナラ安打は今でも鮮烈に覚えているよ。足の速い選手だったのはもちろんだけどガッツにあふれた選手だった」
(スポーツ報知)

ケガで引退というのが非常に残念ですね。
33歳でまだまだこれからですし、何より俊足巧打は怪我さえなければ、日本代表に選ばれても良いくらいであると私は思っています。

ニュースなどの会見によると、無理をすると命にも関わってしまうということなので、非常に無念の引退となってしまいました・・・。
本当に残念です。

プロなので毎試合極限な状態でプレーをしているので、怪我は避けられないことではありますが・・・。
ただただ、「残念」という言葉しか出てきません。

開く コメント(12)

ダルビッシュ

日本シリーズ観てますが、果たしてここで投げさせるのは正解でしたかね?
観ていても全く体使えてませんし、ストレートはキレ・球威共に感じさせません。
球速は出ていても迫力を感じないストレートですし、さすがに能力は高いので変化球でうまく交わしているような感じと、巨人打線に戸惑いがあるような感じ。

まだ若いですし、あまり無理させない方が良いように思います。
日本を代表する投手ですから、悪化させる自体だけは避けて欲しいですね。日本シリーズ勝つことも大事ですが、選手生命を縮めてしまっては元も子もないと思うので。

開く コメント(12)

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事