北海道大学体育会水泳部 白熊会 2016-2017 season

優勝できました!来年もまかせたぞ! ←ガッテン承知の助!!

11月17日金曜日

2年目の池口です。

久しぶりのブログ、頑張って書きたいと思います。
今日のメニューです。

イメージ 1


化学科なので今日ももちろん早上がりでした!なのでメインはできていないのですが、メインしんどそうでしたね、、、笑
お疲れ様です!

実は昨日人生で初めての献血をしました!
3人で献血するとジュース1ダースというキャンペーンに釣られて献血することになったのですが、注射が大っ嫌いな僕にはなかなかキツかったです笑
針が体に入ってるということが気持ち悪くてずっとそわそわ、、、
AB型は貴重だからと言われますが次回からどうしようか悩んでしまいます笑
そわそわしてると、隣で献血してた遠藤が青ざめていました笑
誰よりも強そうな遠藤が血抜いただけでひょろっと弱ってるのを見て面白かったです笑
血って恐ろしいですね笑

北海道で血が足りてないとかで献血のお兄さん方が頑張ってお願いしてたので皆さんも協力してあげてください!

2週間後には道学ですね!今年最後の大会なので公認ではないですが自分の納得できるタイムで泳げるように頑張りましょう!
僕は打倒品田さんのベストタイムで頑張ります!!!

この記事に

開く コメント(0)

11月18日(金)

2年目の池口です。

久しぶりのブログ、頑張って書きたいと思います。

今日のメニューです。

イメージ 1


化学科なので今日ももちろん早上がりでした!なのでメインはできていないのですが、メインしんどそうでしたね、、、笑
お疲れ様です!

実は昨日人生で初めての献血をしました!
3人で献血するとジュース1ダースというキャンペーンに釣られて献血することになったのですが、注射が大っ嫌いな僕にはなかなかキツかったです笑
針が体に入ってるということが気持ち悪くてずっとそわそわ、、、
AB型は貴重だからと言われますが次回からどうしようか悩んでしまいます笑
そわそわしてると、隣で献血してた遠藤が青ざめていました笑
誰よりも強そうな遠藤が血抜いただけでひょろっと弱ってるのを見て面白かったです笑
血って恐ろしいですね笑

北海道で血が足りてないとかで献血のお兄さん方が頑張ってお願いしてたので皆さんも協力してあげてください!

2週間後には道学ですね!今年最後の大会なので公認ではないですが自分の納得できるタイムで泳げるように頑張りましょう!
僕は打倒品田さんのベストタイムで頑張ります!!!

この記事に

開く コメント(0)

最後のブログ

こんにちは。本州も札幌も暑いですね。東横インは涼しいですね。これから移動する人は気をつけて。




さて、ラストブログだが、何を書こうかとずっとぼんやりと考えていたけど特に浮かばなかったので思うままに書こうと思う。



今は7月14日七大の前日。
そんな今日からちょうど2年前からおれは主将を始めた。
おれは水泳部史でも恐らく初の
「主将の期間>ヒラ部員の期間」の人間だとおもう。




主将でいた二年間は本当に色んなことを経験した。



そもそも、おれが人生でリーダー的ポジションを務めるのはこれが初めてだった。

昔からおれはどちらかというと影からヤジを飛ばすエロいタイプだった。


そんな自分がこの役職に就いたのは、当時の一つ上の先輩が不甲斐なく見えた(※実際はそんなことなかったけど、、、)からだ。

主将になってからもおれならこいつらを良い方向に導ける、と過信していた。


これは大きな間違いだった。


今考えると当たり前のことだが、他の部員は自分とは違う人間、生き方も考え方もこの龍田力とは違うのだ。



これに気づくのに本当に時間がかかった。


人によって、モチベーションを上げる引き金、やる気を下げる一言、水泳部に対する意識、何もかもが違う。それに結構苦しんだ。(主将の序にも書いた)



それに気づいてからは、おれ自身が水泳部の見本になり、背中を見せることが一番良いのではないかと思い、それに努めた。


大きく3つ挙げると

・練習を休まない(遅れない)
・部活(練習)を誰よりも楽しむ
・水泳で結果を出す


この3つを意識して、2年間やってきたつもりだ。




練習では色んな人とバトルをした。



仁や元希、マッシュ(ゴッホ)とは毎日戦ったような気がする。

長澤にはフリーで挑み続けた。

拓実や大河、小原とはこっそり戦った。

中川には何回か勝った(おれが勝った時は大体言い訳された)。

ハブは優しいから勝手に負けてくれた。



最後についてはなんとも言えない。
インカレは切れたが地味だったのでなんとも言えない。明日からの結果に期待してくれ。






最後に、

おれは水泳が好きだ。
振り返ればおれは20年くらい水泳を続けてきた。
水泳は残酷なスポーツだ。
いくら練習で泳いでも、いくらフォームが綺麗でも、電光掲示板に出たタイムが全てだからだ。
でもおれはそれに魅入られた。
その電光掲示板を見上げる、あの一瞬のために毎日練習をしていたと言っても過言ではないと思う。



おれは試合が好きだ。
入場の時、名前が聞こえたとき、プールに入る瞬間の水の感覚、飛び込む前の静寂、全部最高だ。


おれは白熊が好きだ。
おれがここまで息切れせずにやり切れたのもこのチームがあってこそだと思う。
泳いでいるときは一人でも、みんなの為に泳いでいる、みんなから期待されているということを心から感じたのは大学に入ってから初めてだった。
何よりこの部活を四年間ずっと楽しめたのはおれの努力ではなく、皆がおれと親しく接してくれて、おれの悪ふざけを笑って見過ごしてくれて、受け入れてくれたからだと思ってる。
本当に感謝してる。


そして、おれは七大戦が好きだ。
全員で戦いに行く感覚、
OBOGからの応援、そして真夏の暑さに負けない熱量、勝利への執念。たまらない。

去年は不甲斐ない結果だったので今年こそは誰よりも燃えている。



今のこのチームが白熊史上最強だと思っているし、優勝できる力があると信じている。



なぜかって、

おれが主将だから。




嘘です。笑




皆さん頼みますね!!!
おれに優勝をくださいね!!!!
おれも人生で一番頑張るので!!!



2日間頑張りましょう!!!!!





オールアウト!
北大No.1!!!




龍田 力




P.S.
ちょっとだけ各年目へ(長くなってゴメン)

4年目
色々あったけど、この部活に馴染めて、こうやって頑張れたのはみんなのおかげです。本当にありがとう。最後の方は死にそうなやつ結構おったけど、終わり良ければ全て良し、二日間、集大成見せよう!

3年目
おれが新歓して入れた後輩やからってのもあって、みんなめっちゃおもろくて好きでした。引退しても老害とか言わないでご飯一緒にいこうね。

2年目
これから主将主務ともに2年目がやるってことで、親近感湧いてきますね。これから大変やろうけどしっかり協力し合って頑張ってくれ!

1年目
若い力を見せてくれ!!!!
とにかく楽しんでくれ!水泳部人生はこれからだ!!


長くなりました。本当の本当のおしまい。

この記事に

開く コメント(14)

7月4日 金曜日

みなさん、こんにちは!!
个任后
もうラストブログですね・・
自分が引退というよりはドンパがラストブログを書いているという事実にびっくりしています。
もうドンパがブログ書くことを見ることもないんですね。
 
そうですね〜色々と思うことはあったんですが、言いたいことは宮川と田下が全部言っちゃってくれました笑
もう私が今思っていることは、宮川と田下の文章をまんまくっつけて終わりです。
 
でも北大の水泳部に入って本当に良かったなと思います。
高校生までの私は親が厳しかったこともあって、かなりの箱入り娘。
友達と遊ぶこともあまりできなかったし、男子としゃべるだなんてもってのほか。
毎日学校と家との往復だけで外の世界を何も知らない人でした。
 
それが水泳部に入ってもう知らない世界がありすぎてビックリ仰天!!
こういう性格だったから色んな人に多大な迷惑をかけたけど、みんなとばかして思いっきり遊んでとっても楽しかった。
こんなに人とおしゃべりして知らない世界がありすぎて、本当に今までのないくらいすごく濃い3年ちょいの人生を送れたかなと思います。
 
それにスポーツ独特のあの本気でやるからこその楽しさっていうのを私は今まで味わったことがなかったから、入った当初はつらいこともたくさんあったけど、この辛さゆえの楽しさっていうのを感じている自分がすごくうれしくて、こういう経験を幼いころから当たり前のようにさせてもらっている人たちがすごくうらやましかった。
 
だから大学の前半はずっと白熊にかけてて、私はきっと4年間で一度もやめたいと思ったことのない唯一の人になるんだろうなとか思ってました。
田下の言う通り、まさか自分が学年が上がるにつれて水泳以外の人生に関わる大切なことを感じるとは夢にも思わなかったです。
 
道学が終わって、自分でもびっくりするくらい初めてやめたいっていう感情が出てからようやく半年
正直この半年は本当にしんどかったです。
生きてて初めてあ、もう無理っていう感情に出会って
 
今までの私って人間頑張れば何でもできるって思っていたんですよね。
でも人って一人一人違うんだなって最近すごく思います
毎日分刻みのスケジュールで動いてても全てのことに対して精力的にこなすことができる人もいれば、
毎日予定をそんなに入れなくて物理的な時間はたくさんあっても、その生活でもういっぱいいっぱいになっちゃう人もいる。
AさんとBさんがそれぞれの100努力したときに出せる結果って、全然違うんだなって思います。
私はみんなに忙しいって思われているみたいですけれど、物理的な時間がない訳じゃないし、別にこんな生活すごい余裕じゃん、何甘ったれたこと言ってんのって思う人も正直たくさんいると思います。
 
でも私の中ではもう研究室生活でいっぱいいっぱいだった。
特に自分の好きな分野の研究室入っちゃって、研究室生活が想像以上に楽しすぎた。
それに研究室に所属しているうちに将来の明確な目標もできて、その目標に向かってひたすら頑張りたいっていう気持ちも出てきて
そうなると自分の中で100の努力を研究室生活に注ぎたくて、となると毎朝競泳をやって疲れた状態で学校に行くのがすごく嫌だったし、莫大なお金と時間をつぎ込むのもすごく嫌だった。
私は競泳も学校もバイトも全てをきちんとこなせるような人ではありませんでした。
 
今思えばやめるかどうか悩んでいた時にもっとしっかり考えておけばよかったなと思います。
自分は今何を一番したくて、そして自分が100努力したときにどれくらいのことまでできるのか、
自分の行きたい研究室だったらどんなことやっててどれくらい大変で、部活との両立は可能なのかとか先生ともっとちゃんと相談しておけばよかったなあと
 
私は、来週に日本検査血液学会の全国学会が控えている関係で、今週はスライド作成が大詰め状態。卒論の抄録が再来週締切だから卒論の実験も大詰め状態。院試の出願期間も今週の関係で、行きたい研究室の先生との打ち合わせもあってもうヘトヘトだし何で一番忙しい週に七大やねんって感じです笑
本当は今日も検体が手に入る関係で、卒論で一番要となる実験を午後からやる予定で、私の卒論なのに院生と先生にすみません全部お願いしますって言うのもすごく心苦しくて
検体数が多い関係で、多分実験終わるの9時近くになると思うんですけれど、私がいれば院生は6時ぐらいに帰れたものを夜遅くまで残るはめになってしまい
というか何より私がその実験をすごくやりたかった。
それをやるために学校に来ているようなもんですからね。
 
こういう状況に遭遇する人がこの先白熊にあまりいて欲しくはないですけれど、もしこうなったときは悩んだときに自分の意志を押し通した方がいいんじゃないかなと今の私は思います。
もちろん周りの意見に耳を傾けることも大事です。
でも結局自分の人生に対して他人がああだこうだいう権利なんてどこにもないし、中途半端な意思で続けちゃう方がもっとしんどい思いすると思います。
私は朝ちゃんと競泳を頑張っているみんなの顔を見る度に、私のような人がいて迷惑しかかけてないじゃんと思ってずっと罪悪感に苛まれていました。
でももうここまで来たらやめることもできなくて、続けるも迷惑、やめるも迷惑、みたいな状況でどうしたらいいものかとここ12ヶ月はずっと思っていました。
 
でも宮川が言うように自己変革には多大な労力と苦痛を伴うし、というかそんなことできるならとっくにしているし、あきらめることってときにはすごく大事だな〜と思います。
 
 
なんかラストブログなのに長々と暗い話ばっかりしちゃってごめんなさい。
もうこの先こんなブログを見ることもないですから
 
でもここまできちゃったらあとはもう七大を全力で楽しむのみですね!!
みんながどんな素晴らしい結果を出してくれるのか楽しみです。
特に年目女子でのリレーがすっごく楽しみ♪♪
こればっかりは本当に続けてきてよかったなあと心の底から思います。
 
 
 
おわり
 
ラストの主将のブログは、きっとすごく感動するんだろうな
楽しみ

この記事に

開く コメント(4)

7月13日

こんにちは。4年目マネージャーの尾崎です。
ラストブログです。
緊張する〜


去年の夏が終わってからの1年間は、時の流れがめっちゃ速かったです。でも、入部した日はなんだかずっと昔のような気がしています。
初めての年目飲みとか、初めての夏とか、マネが1年目3人だけになっちゃったときとか、留年したときとか、ぜんぶ大昔のことに感じます。なんか人生の半分くらい水泳部だった気分。だから、引退もまだ微妙に現実感ないです。

暑くても寒くても眠くても朝練いって、みんなとどうでもいい話して、みんなが泳いでるのをぼーっと見たり、タイム取ったり、踏み台昇降したり、またしょうもない話したり…
毎日毎日おんなじことの繰り返しだったけど、当たり前だった毎日がもうすぐ終わるんだと思うと、どの時間も宝物だったなと思います。

水泳部に入ってマネージャーをやったのは、水泳が好きとか、選手のことサポートしたかったとか、そういう献身的な理由からではなくて、ただただ自分がみんなと3年半一緒にいたかったからです。
わたしは水泳部のみんなのことが本当に大好きです。わたしに好かれてもあんま嬉しくないかもしれないけど。先輩も、後輩も、選手もマネージャーも、みーーーんな全員大好きです。
でもやっぱり、どんぱが一番大好きです。

どんぱは学年が上がるにつれてみんな忙しくなって、先に引退してった人、函館に行った人もいて、全員集まることなんてそうそうなかったけど、でもみんなおんなじような気持ちだったんじゃないかなあって思います。一昨年の夏に年目でとった写真を見るとそう思います。宮本がいまラインのアイコンにしてるやつ。
わたしはどんぱのみんなを尊敬してます。みんなに会えて本当に良かったです。ありがとう。

3年目のみんな。入ってきた時はやばいやつばっかりだと思ったけど、今ではすんごい頼もしくなったね。ここから1年間はあっという間だから、後悔のないようにね。
2年目のみんな。素直ないい人しかいなくて感動します。これからも変わらずにいてください。
1年目のみんな。みんなかわいい。白熊に入ってよかったと思える夏になるといいな。
それからマネージャーの後輩へ。むかつくこと辛いことがあっても、選手への思いやりを忘れずに。みんな仲よく、頑張っていってね。


なんかずらずらめっちゃ書いてすみません。
とにかく、みんな大好きです。今までずっと楽しかったです。
そして最後の夏、みんなの笑顔を見ながら終われたら、とっても幸せです。
心から応援しています。


ALL OUT!


尾崎

この記事に

開く コメント(12)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事