全体表示

[ リスト ]

桜について第一弾

こんにちは(*^_^*) ☆S☆です♪

今日は、城山に咲いている桜の事を書きます。

三種類の桜が咲いています。

ソメイヨシノとヤマザクラとしだれ桜があります。

しだれ桜は咲いてから書きたいと思います。

そのため、ソメイヨシノ ヤマザクラの事について書きます。

オオシマザクラ(この桜の木は神社にはありません)のことについても書きたいと思います。

桜は第四弾まで載せたいと思います。


ソメイヨシノ(桜)

命名の由来

江戸末期から明治初期に、江戸の染井村に集落を作っていた造園師や植木職人達によって育成された。初めサクラの名所として古

来名高く西行法師の和歌にもたびたび詠まれた大和の吉野山(奈良県山岳部)にちなんで「吉野」「吉野桜」として売ら

れ、広まったが、藤野寄命による上野公園のサクラの調査によってヤマザクラとは異なる種の桜であることが分かり

(1900年)、この名称では吉野山に多いヤマザクラと混同される恐れがあるため、

「日本園芸雑誌」において染井村の名を取り「染井吉野」と命名したという。

外見的特徴

花弁は5枚で葉が出る前に花が開き、満開となります。

開花期は九州・四国地方で3月下旬ごろ。花色は蕾では萼等も含めて濃い赤に見えるが、

咲き始めは淡紅色、満開になると白色に近づく。原種の一方であるエドヒガン系統と同じく満開時には花だけが密生して

樹体全体を覆うが、エドヒガンよりも花が大きく派手である。エドヒガン系統の花が葉より先に咲く性質とオオシマザクラの

大きくて整った花形を併せ持った品種である。

萼筒は紅色でつぼのような形をしている。樹高はおおよそ10-15m。若い木から花を咲かすために非常に良く植えられてる。

実は小さく、わずかに甘みもあるが、苦みと酸味が強いため食用には向いていないです。

用途・人気

明治以降、日本では他のサクラを圧倒する人気種であり、街路樹、河川敷、公園の植え込みなどに広く用いられています。

また、全国の学校の校門近くにも植えられていることが多くソメイヨシノは花を咲かす時期や、散らすまでの時間が早いため

学校などでは本種と本種より1週間程度花の咲いている期間の長いヤエザクラの両方を植えて、入学式にいずれかの桜を咲かせ

ることができるようにしているところが多いです。

広く植えられている種であることから、花見に一番利用される木はソメイヨシノが多いです。

葉より先に花が咲き開花が華やかであることや若木から花を咲かす特性が好まれ、明治以来徐々に広まりました。

さらに、第二次世界大戦後、若木から花を咲かせるソメイヨシノは爆発的な勢いで植樹され、日本でもっとも一般的な桜とな

ています。

ソメイヨシノは街中では他種より目にする機会が圧倒的に多いことから、以前からその起源についてとともに、可否好悪につ

いても愛桜家の間で論争の絶えなかった品種であり、ソメイヨシノは多くの人に人気があり、多くの公園などで花見のための

木になっている一方で、ソメイヨシノ一種ばかりが植えられている現状やソメイヨシノばかりが桜として取り上げられること

があります。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


城山八幡宮に来宮された際はどこにあるのか探してみて下さい♪

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事