全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

第五弾 舞について

こんにちは(*^_^*)

☆S☆です♪

今日は八乙女の舞と祭祀の舞についてやろうと思いましたが祭祀の舞は祭典の舞のことを指しているため
八乙女の舞と巫女舞について書きます。


八乙女の舞

八乙女(やおとめ)とは、主に神楽や舞(いわゆる巫女神楽・巫女舞)をもって奉仕する8人の巫女のことです。また、略して八女(やめ)ともいいます。
八乙女による巫女神楽や巫女舞を「八乙女神楽」・「八乙女舞」と呼びます

ただし、人数が8人と定まったのは後世の事であり、古くは「八」の字は複数あるいは多くという意味で使われていたもので、神霊を扱う神聖な処女の意味があったと言われています。また、巫女の群遊の場合には「七」という数字が用いられる事例があります。

古代の景行天皇の大嘗祭の際に天皇と神々に食事を奉仕した巫女に由来するとされている。後には神祇官において卜定められた采女がこうした任務にあたった。この影響を受けて他の神社においても同様の役目の巫女が置かれ、更には神事にも関わるようになったとされています。

春日大社の八乙女舞を元にして巫女舞そのものがより芸術性の高い舞へと変革されていったともいわれています。
今日では美保神社や金刀比羅宮、豊国神社の八乙女舞も有名になっています。

巫女舞

古代日本において、祭祀を司る巫女自身の上に神が舞い降りるという神がかりの儀式のために行われた舞がもととなり、それが様式化して祈祷や奉納の舞となった。

巫子舞、御子舞、神子舞などとも書き、巫女神楽(かぐら)ともいう。

古来の神がかりや託宣の儀式の形式に則って回っては回り返すという動作を繰り返しながら舞うことなどでその身を清めてからその身に神を降すという、巫女舞はこうした神がかりの舞が洗練され様式化されたもので、のちには社頭における鈴を振りながらの祈祷(きとう)の奉納舞にもなった。

また湯立(ゆだて)をつかさどったのも多くは巫女で、湯立に伴う湯清めの舞をまった。

千早・水干・緋袴・白足袋の装いに身を包んだ巫女が笛、太鼓、銅子(どうばつし)、琴や笏拍子(しゃくびょうし)などなどの囃子がつく所もあり鈴・扇・笹・榊・幣など依り代となる採物を手にした巫女が舞い踊り神歌(かみうた)も歌われる。
巫女舞の基本は、鈴、榊(さかき)、笹(ささ)、幣(みてぐら)、扇などです。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(1)

洗心茶会


はじめまして、☆N☆です(^o^)
はじめてのブログ更新となります。よろしくお願いします。

***********************************

本日は「洗心軒」にて洗心茶会が行われています。
お写真でご紹介させていただきます。


イメージ 1
▲表千家の様子

イメージ 2
▲松尾流の様子

本日は表千家さんと松尾流さんのお席です。
それぞれについて詳しくはどうぞホームページをご参照ください(^o^)
【表千家不審菴HP http://www.omotesenke.jp/
【茶道松尾流HP http://www.matsuoryu.com/


***********************************


献華も行われております。

イメージ 3

イメージ 4
▲献華(池坊)



洗心茶会は毎月、23日に行われております。
時間は10時〜15時です。
当日でも1800円で入席いただけますので、ご興味のある方はどうぞ御来宮ください(^o^)

***********************************

この記事に

開く コメント(1)

春がやってきます♪


こんにちは!☆R☆です
暖かい日が続き、桜の蕾がふくらんできていますね(*^^*)

ちなみに今年の名古屋の開花予想日3月27日
満開予想日4月6日だそうです!

桜が満開になる日までもう少し…春はすぐそこです♪



実は、神前挙式って春の季節に行われることが多いんです。

紋付袴姿の新郎様、白無垢姿の新婦様。
とっても綺麗ですよね(*´∀`*)

しかーし!

新婦さんは意外と中に着込んでいて、とっても暑いのです!!!
(実は冬に挙式される方でもお水を頻繁に飲んでもらっているんですよ…(>_<))

なので過ごしやすいこの季節を選ばれる方が多いんですね〜♪



また、この時期は卒業式のシーズンでもありますね。

今日、境内には袴姿の大学生さんがいらしていました!!
華やかでとっても素敵でしたよ…!・:*:・(*´艸`*)・:*:・

私たちも普段から袴を履いているからか、
親近感が湧いてつい目で追ってしまいまうんですよね♪笑

ご卒業、おめでとうございます!!



春は新たな門出を迎える方が多い季節ですね(*'ω'*)
心よりお祝い申し上げます♪

この記事に

開く コメント(0)

第四弾 舞について

こんにちは!
☆S☆です♪

今回は、2015年3月12日に書いた舞についての第四弾になります!

書くのが久しぶりですので舞についての記事を初めて見る方は第一から第三を見てから見てくださいね(*^_^*)

今回は、寿の舞とみたま慰の舞、靖國の舞の三つの舞の説明になります。


寿の舞

(歌詞)朝ごとに むかふ鏡の くもりなく あらまほしきは 心なりけり

昭憲皇太后の御歌に曲と振りを付けた女舞。明治神宮の結婚式の時に巫女1名が一般的な千早で神楽鈴を持って舞います。


みたま慰の舞

香淳皇后御歌

(歌詞)「やすらかにねむれとぞ思ふ君のためいのちささげ志ますらをのとも」

昭和13年に皇后陛下が戦死者に対して詠まれた御歌です。

1951年に多忠朝が作曲作舞した巫女舞。

一人舞・二人舞・四人舞とがあり、曲と舞が異なっています。

各地の護国神社では鎮座地の少女が巫女として舞う場合もあります。

靖国神社と護国神社で奉奏されています。

戦時中に亡くなられた第十五世住職の恒願院和上が、皇后陛下の詠まれた歌を大きな幟(のぼり)にして、それを百万人の女

性たちの手で、歌を刺繍して天皇陛下と皇后陛下の御許に奉じ奉ろうとされていたのです。陛下もこのことにいたく喜ばれ、

皇后陛下はすぐに針をおとりになって、御みずからこの大幟に一針を刺繍してくださったという経緯があります。

その御歌二首のうちの一首がみたま慰の舞の歌詞になっています。


靖國の舞

(歌詞)海ゆかば 水漬く屍 山ゆかば 草むす屍 大君の 辺にこそ死なめ 顧りみはせじ

大伴家持が詠んだ海行かばの和歌(長歌の一部)に、1942年に多忠朝が国風歌舞の手法で曲と振りを付けたものです。

男舞と女舞があり、又舞う人数によって振りが変わります。

装束は男舞の場合は奈良時代の武官束帯をモチーフに作られたものを使用します。

女舞の場合は千早を長くしたような装束であり、護国神社で鎮座地の少女が舞う場合は千早の例が見られます。


以上です。
次回は、八乙女の舞と祭祀の舞についてです♪
よろしくお願いしますm(_ _)m

イメージ 1


イメージ 2

この記事に

開く コメント(1)

舞女会

こんにちは!
☆Sです☆

久しぶりに投稿しました!

だんだん暖かくなってきました。
早く桜が咲いてほしいですね(*^_^*)
職員で花見をしてみたいなぁ♪

今回は舞女会についてです。

私とIさんと二人で教えてますが、小学生から大学生までの女の子が対象です。
夏祭りや祭典があるときに出ていただきます。

皆、覚えるのが早いのですごいなぁと思います。

舞女会では、浦安の舞と豊栄舞の二つを教えています。

また、研修会を計画して他の神社の舞を見に行くこともあります。

見学等もできますので良ければ見に来てくださいm(_ _)m

イメージ 1



イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事