☆しろみこ☆豆知識

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

第五弾 舞について

こんにちは(*^_^*)

☆S☆です♪

今日は八乙女の舞と祭祀の舞についてやろうと思いましたが祭祀の舞は祭典の舞のことを指しているため
八乙女の舞と巫女舞について書きます。


八乙女の舞

八乙女(やおとめ)とは、主に神楽や舞(いわゆる巫女神楽・巫女舞)をもって奉仕する8人の巫女のことです。また、略して八女(やめ)ともいいます。
八乙女による巫女神楽や巫女舞を「八乙女神楽」・「八乙女舞」と呼びます

ただし、人数が8人と定まったのは後世の事であり、古くは「八」の字は複数あるいは多くという意味で使われていたもので、神霊を扱う神聖な処女の意味があったと言われています。また、巫女の群遊の場合には「七」という数字が用いられる事例があります。

古代の景行天皇の大嘗祭の際に天皇と神々に食事を奉仕した巫女に由来するとされている。後には神祇官において卜定められた采女がこうした任務にあたった。この影響を受けて他の神社においても同様の役目の巫女が置かれ、更には神事にも関わるようになったとされています。

春日大社の八乙女舞を元にして巫女舞そのものがより芸術性の高い舞へと変革されていったともいわれています。
今日では美保神社や金刀比羅宮、豊国神社の八乙女舞も有名になっています。

巫女舞

古代日本において、祭祀を司る巫女自身の上に神が舞い降りるという神がかりの儀式のために行われた舞がもととなり、それが様式化して祈祷や奉納の舞となった。

巫子舞、御子舞、神子舞などとも書き、巫女神楽(かぐら)ともいう。

古来の神がかりや託宣の儀式の形式に則って回っては回り返すという動作を繰り返しながら舞うことなどでその身を清めてからその身に神を降すという、巫女舞はこうした神がかりの舞が洗練され様式化されたもので、のちには社頭における鈴を振りながらの祈祷(きとう)の奉納舞にもなった。

また湯立(ゆだて)をつかさどったのも多くは巫女で、湯立に伴う湯清めの舞をまった。

千早・水干・緋袴・白足袋の装いに身を包んだ巫女が笛、太鼓、銅子(どうばつし)、琴や笏拍子(しゃくびょうし)などなどの囃子がつく所もあり鈴・扇・笹・榊・幣など依り代となる採物を手にした巫女が舞い踊り神歌(かみうた)も歌われる。
巫女舞の基本は、鈴、榊(さかき)、笹(ささ)、幣(みてぐら)、扇などです。

イメージ 1

開く コメント(3)

第四弾 舞について

こんにちは!
☆S☆です♪

今回は、2015年3月12日に書いた舞についての第四弾になります!

書くのが久しぶりですので舞についての記事を初めて見る方は第一から第三を見てから見てくださいね(*^_^*)

今回は、寿の舞とみたま慰の舞、靖國の舞の三つの舞の説明になります。


寿の舞

(歌詞)朝ごとに むかふ鏡の くもりなく あらまほしきは 心なりけり

昭憲皇太后の御歌に曲と振りを付けた女舞。明治神宮の結婚式の時に巫女1名が一般的な千早で神楽鈴を持って舞います。


みたま慰の舞

香淳皇后御歌

(歌詞)「やすらかにねむれとぞ思ふ君のためいのちささげ志ますらをのとも」

昭和13年に皇后陛下が戦死者に対して詠まれた御歌です。

1951年に多忠朝が作曲作舞した巫女舞。

一人舞・二人舞・四人舞とがあり、曲と舞が異なっています。

各地の護国神社では鎮座地の少女が巫女として舞う場合もあります。

靖国神社と護国神社で奉奏されています。

戦時中に亡くなられた第十五世住職の恒願院和上が、皇后陛下の詠まれた歌を大きな幟(のぼり)にして、それを百万人の女

性たちの手で、歌を刺繍して天皇陛下と皇后陛下の御許に奉じ奉ろうとされていたのです。陛下もこのことにいたく喜ばれ、

皇后陛下はすぐに針をおとりになって、御みずからこの大幟に一針を刺繍してくださったという経緯があります。

その御歌二首のうちの一首がみたま慰の舞の歌詞になっています。


靖國の舞

(歌詞)海ゆかば 水漬く屍 山ゆかば 草むす屍 大君の 辺にこそ死なめ 顧りみはせじ

大伴家持が詠んだ海行かばの和歌(長歌の一部)に、1942年に多忠朝が国風歌舞の手法で曲と振りを付けたものです。

男舞と女舞があり、又舞う人数によって振りが変わります。

装束は男舞の場合は奈良時代の武官束帯をモチーフに作られたものを使用します。

女舞の場合は千早を長くしたような装束であり、護国神社で鎮座地の少女が舞う場合は千早の例が見られます。


以上です。
次回は、八乙女の舞と祭祀の舞についてです♪
よろしくお願いしますm(_ _)m

イメージ 1


イメージ 2

開く コメント(1)

13参り

こんにちは!
☆Sです☆

久しぶりに投稿しました!

今回は13参りについて書きました。

今年は平成16年生まれの男子・女子が対象です。

「十三参り」は、数え年13歳を迎えた男子・女子が、知恵・福徳を授かる為に参詣する行事です。

智恵授け・学業成就・無事成長・厄除開運"賢く育てるなら"十三歳の智恵授け

十三参りの年は、本年、廻り厄年にも当たります。

数え十三歳は干支(十二支)が一巡して戻る年に当たり、大人への一歩を踏み出す年でもあります。

古来、元服(成人)、また厄年の一つとしてお祓いを受け知恵を授かるという人生儀礼です。

最近では小学校を卒業し、中学校に入学する前の春休みに、厄を祓い知恵を授けていただくために

お参りする方が多いそうです。

参拝時期は旧暦3月13日で、現在の4月13日です。

今では、新暦の4月13日を中間にはさんで3月13日〜5月13日の間に参拝するといわれています

ご家族お揃いでご参拝戴き、お子様の学業成就・無事成長・厄除開運をお祈り下さい。

厄除開運・交通安全のご神徳で知られる当宮では3月〜4月「十三参り」のお祓いを御奉仕しています。


イメージ 1

開く コメント(0)

こんにちは! ☆S☆です(*^_^*) 


昨日までGWでしたね。
皆さんGWは楽しめましたか?♪

今日のタイトルは【G】さんが考えてくれました。

今日、紹介する花はオガタマとナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)についてです。

オガタマ

5月初旬、三の鳥居前の「カラタネオガタマ」の花が咲き始めます。

カラタネオガタマは、モクレン科オガタマノキ属の常緑樹。花が、完熟したバナナのような甘い香りを発

散することから、banana tree・banana bush(英名)と呼ばれます。特に午後から夕方近くに強く香るよ

うです。    

開ききった花よりも開く直前のものの方が強く香ります。花は香料に使われます。

参拝の折、是非、オガタマの花をご観賞下さい。
                                     
生の見解

秋に果袋の中に真っ赤な丸い実が集合果を形成し、枝を持って舞うと澄んだ鈴のような音がすることか

ら、巫女が持って舞う神楽鈴の原型になったともいわれます。

前述の「カラタネオガタマ」は外来種で、「オガタマノキ」は在来種であると云われます。

古今伝授三木の一。

現在は神前に捧げる木(玉串など)として榊が使われますが、元来はオガタマを用いたようです。葉を

見ると確かに榊に良く似ています。

霊魂を招くということから、あまり一般の庭木としては植えられていないようです。

この木が玉串として用いられたということは、玉串は神霊を招くための神聖な枝であるということだと解

釈できます。神前に玉串を捧げる際には、神霊をお招きする気持ちをもって、お祈りしたいですね。

一円硬貨の表のデザインにも採用されています。      

バナナの甘い香りが強く漂います。
バナナの香りはご参拝の際に確認して下さい♪


イメージ 1




イメージ 2



ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)




4月下旬、拝殿西側のナンジャモンジャが咲き始めます。

『ナンジャモンジャ』は、名前のよく分からない見慣れない植物のことを言ったものです。特定の植物

の名前ではなく、何種類かがこの名で呼ばれますが、「ヒトツバタゴ」を多くこの名で呼びます。

モクセイ科、ヒトツバタゴ属の落葉高木で高さ10mにも達します。純白の白い花が樹冠全体を覆い、  

雪をかぶったような姿になり、英名はSnow-flower-Fringe treeといいます。

愛知,岐阜,三重3県に多く分布しています。

5月中旬位まで見られます。

参拝の際に是非ご観賞下さい。


イメージ 3


イメージ 4

開く コメント(0)

桜について第四弾

こんにちは(*^_^*) 

☆S☆です。

今日は、引き続き桜について第四弾をしたいと思います。

今回の桜はシダレザクラをやります。


花の特徴 小輪の一重咲きで、花の色は白か淡い紅色である。

イメージ 1


葉の特徴 葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。

イメージ 4


実の特徴 花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)です。

イメージ 2


この花について江戸彼岸(エドヒガン)という品種の枝垂れ性のものの名称であります。

枝垂れ桜(シダレザクラ)のほうが先に学名をつけられたので、江戸彼岸(エドヒガン)はその型の1

つとされています。

別名を糸桜(イトザクラ)ともいいます。

天然記念物に指定されているような巨木がたくさんあり、 八重咲きをする八重枝垂れ(ヤエシダレ)や 
紅色の濃い紅枝垂れ(ベニシダレ)などの園芸品種もあります。

開花時期は3月下旬〜4月にかけてです(ソメイヨシノより1週間程度早い)。枝が長くその名の通りに

しだれています。

イメージ 3



イメージ 5


ぜひ、来宮された際は見てみて下さい♪

開く コメント(2)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事