ここから本文です
猫と薔薇、演劇、旅ファン
猫が甘ったれで困るぐらいです、2ヵ月入院後はそこまででなかったようなのに。

書庫全体表示

ひめゆりの塔

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 沖縄には1回のみ女性史の会の大会で行った。三階建ての建物が入るくらいの悲劇の洞窟「ガマ」やひめゆり平和祈念資料館も見学した。その前で元ひめゆり部隊の方と写真撮っていただいた。その方は今年のドキュメント映画「ひめゆり」に出演されている。

 
戦争の悲劇は語りつくせない。しかも今年は政府がそれをおおっぴらに覆い隠そうとした。基地問題、辺古野と問題は山積み。



 ひめゆりの塔と言っても米国の占領中に作られたものでそう高いものではない。


 ミュージカル座の「ひめゆり」は贔屓の土居裕子、岡幸二郎が出ているので観劇。
本田美奈子がまだ元気で出演していた。喜劇調の三人組の女学生がいっそう悲劇を引き立てていた。



 長身、二枚目の岡が鬼軍曹に、土居が婦長に扮し感動的な舞台だった。1階最後列での観劇でいかにも遠く残念だった。DVDあるでしょうか。テレビ放送してほしいです。

 

 映画は東映や日活で何回も映画化。先日、吉永小百合が「オーバーな演技をして沖縄の方に申し訳なかった」と言っていた。誠実な吉永さんに白湯リストは又ぐっとくるでしょう。確かに皆よく泣いている映画。あまりの悲劇で本当は泣く暇なかったかもしれない。ようやく録画を観た。ほかの映画も観たかも知れないが覚えていない。

 ひめゆり部隊の主人公の母役が乙羽信子、対馬丸で本土に強制疎開させられる小学生を引率する教師役。子供や老人は足手まといと本土に送られる途中、撃沈された。他に浜田光夫、東野英治郎ら日活のスターが出演。





 ひめゆりは1953年東映で初めての映画化。今井正監督、女性シナリオ作家第一人者の水木洋子の脚本、津島恵子、香川京子、岡田英次の出演作は名作として名高い。29年後、同監督で再映画化、95年に神山征二郎監督も映画化している。コレも観たい。神山監督の「郡上一揆」「草の乱」は一時郡上八幡に住んだり、秩父事件のフィールドワークに参加した。知人がエキストラ参加している。



 学生を兵に、看護師にと戦争に引きずり込んだ挙句放り出す日本軍の残酷さ、軍隊は絶対、国民を守ってくれたりはしない。米軍はなおさらだ。若い人たちよ、流行にのってとんでもない方向に行かないで下さい。

この記事に

  • 顔アイコン

    映画「ひめゆりの塔」で女子たちが傷ついた若い兵隊の身体を拭いてあげよとすると、恥ずかしそうにする場面、忘れられませんね。あなた、よく勉強していますね(笑)

    瀧野川日録

    2007/11/10(土) 午後 10:59

    返信する
  • アバター

    すいません、今まで気つきませんでした。

    おしゃる場面は印象的ですね。

    hitomi

    2008/7/6(日) 午後 3:10

    返信する
  • 私も勇気をもって、近い年にこのひめゆりの塔に行ってこようと思いました。

    映画もまだ見ていません。最近ショックを受けたのがクリントイーストウッドの硫黄島からの手紙でした。あのシーン、もう負けが解って自決を強要されて部下たちが次々手榴弾で自決していった場面でした。ほんとうに戦争は嫌ですね。

    絵描きのたあ

    2008/11/2(日) 午後 9:11

    返信する
  • アバター

    たあちゃん、痛いのにここまですいません。
    「硫黄島からの手紙」には非常に感心しました。なんて素晴らしい監督でしょう。冒頭の手紙から引き込まれました。とても自然でアメリカ映画とは思えませんでした。都知事の映画は未見ですが。http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17840629.html

    hitomi

    2008/11/2(日) 午後 9:34

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事