ここから本文です
猫と薔薇、演劇、旅ファン
皆さま、まだヤフーから移行しないほうがいいですよ、とんでもない毒盛られますから。ここまで悪辣とは。

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

映画館で前の回が終わるとき珍しいことに拍手が起きていた。

公開を待ち望んでいた「光州 5.18」

映画館で観る方がいい映画。

同じ民族の軍隊が女性・子供・高校生・大学生・一般人に銃声の嵐!

なぜ?!




1979年10月26日、パク・チョンヒ(朴正熙)大統領暗殺事件が起きた。

その翌年に起きたのがこの光州事件。

ユゴ〜大統領有故〜http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/21554142.htmlの大統領役の俳優や韓国ドラマでおなじみの女優も出演。

「シルミド」等で大活躍のアン・ソンギは若々しくかっこいい。

役者の友情話で面白かった「王の男」のイ・ジュンギが高校生役で可愛い。

これもよかった「子猫をお願い」に出ていた俳優がヒロイン。


韓国ドラマ「砂時計」に実写が出てきたのだがこの映画は全編デモ隊と戒厳軍との対決を描く。

こんな悲惨な事件が起きる前に何とかならなかったのか。

国内では真相知らされずドイツのマスメディアが世界に伝えたようだ。

殺害された人の数もはっきりしない。2000人とか60人とか。

女性2人が車で市民に闘うよう勧めたのも事実らしい。

冒頭はのどかな緑の田園地帯。

1980年、お金の無い老人をただで乗せてしまう人の良いタクシー運転手ミヌ(キム・サンギョン)は両親を早くに亡くし、高校生の弟・ジヌ(イ・ジュンギ)の親代わりとなって生きてきた。「ミヌは、ジヌと同じ教会に通う看護師のシネ(イ・ヨウォン)に秘かな想いを寄せていた。ジヌを交えた3人で映画を観に行くことに。シネと楽しい時間を過ごしていたミヌたちのいる映画館の外で、学生の民主化デモ隊と戒厳軍の衝突が勃発…。」

ミヌの顔が立派になっていく。

韓国映画ドラマにお約束の笑いを取る役の兄さんやお父さん。

アン・ソンギの退役元大佐。軍人たち、医師、看護士、牧師、教師、母、妻、恋人

いろんな立場の人物が登場しよく描いていると思う。

愛情深い韓国の人たちの鎮魂になると思う。

植民地や軍政下で大変苦労した隣国の人々の苦しみ悲しみを理解したい。

そして民主化成し遂げたことに拍手したい。

「韓国からの通信」の時代とはなんと異なることか。

一方、日本の民主主義は進んでないかのようにみえる。

チンピラと自分で言う兄さんも前戦でみんなと闘った。

最後の結婚式の写真(花嫁だけが悲しそうな顔)には誰でももっと生きることが出来たのにと涙するだろう。

小物を使ってのエピソードなども上手い。

この事件についてはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6

  • アバター

    たった今、別のブログで光州事件のことを読んできたところです。
    映画があったんですね・・・・是非みたいですね〜

    レイ

    2008/5/14(水) 午前 10:20

    返信する
  • アバター

    レイさん、ぜひご覧くださいね。主役の純粋な恋愛や親子夫婦、兄弟の愛情深いです。平日なのにご夫婦も多かったです。

    hitomi

    2008/5/14(水) 午後 0:05

    返信する
  • アバター

    私もトラバしますね〜

    レイ

    2008/5/23(金) 午前 10:45

    返信する
  • 顔アイコン

    最近の。しかもおりの国でのことなのにまったく知らなくて
    こんなことがあったことにびっくりしていまいました。
    そうなんですよね。こういう苦労があって今平和なのですね。
    TBさせてくださいね。

    car*ou*he*ak

    2008/6/15(日) 午後 7:55

    返信する
  • アバター

    光州事件はドラマ『砂時計』でも描かれていました。これもお勧め韓国ドラマです。

    軍事政権から民主化への転換に庶民の血の闘いがあったのですね。最近は済州島事件知りました。http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/23064205.html

    hitomi

    2008/6/15(日) 午後 8:21

    返信する
  • 顔アイコン

    私の下記の記事に関連して、「光州 5.18」が話題になりました。
    http://blogs.yahoo.co.jp/yfqsx494/42552239.html 削除

    [ yfqsx494 ]

    2008/6/19(木) 午後 6:24

    返信する
  • アバター

    世界6月号にこの映画の監督と川本三郎の対談が載っています。最後の結婚式、なくなった方のためああいうことを実際にやるそうです。胸が詰まります。

    hitomi

    2008/6/19(木) 午後 8:32

    返信する
  • 顔アイコン

    姜尚中さんの本を新書と文庫で2冊読みました。特に『在日』(集英社文庫)は、朝鮮戦争の年に生まれた姜さんの自伝でもあるし、その半世紀の歴史を概観しながら姜さんの成長をたどることができるとてもいい本です。その中に「光州事件」が出てきました。
    まだ読まれていないようでしたら、是非おすすめします。
    TBができないので名前欄に私の該当記事のURLを入れておきましたm(_ _)m 削除

    [ ぴかちゅう ]

    2008/7/18(金) 午前 1:54

    返信する
  • アバター

    ぴかちゅうさん、「在日」と何か読みました。熊本の友人には評判悪いけど私はファンです。

    姜さんが70年代は日本がうらやましかったのに今は韓国の民主化が進み日本はこんな状態と講演されていたのが印象的でした。

    hitomi

    2008/7/18(金) 午前 8:01

    返信する
  • shishiちゃん 姜尚中さんの在日は早くに読みました。
    お母さんのことが
    激しい性格(背景があってのことで理解されているのですが)と出
    ていましたが、テレビでみる姜尚中さんは静かな物言いですね。
    私もファンですが地元では評価が分かれているということ?

    momo

    2008/7/18(金) 午前 10:42

    返信する
  • アバター

    momoちゃん、本と,姜尚中さんは穏やかにやさしく話してくれます。

    地元は色々やっかみとかあるのでしょうね。

    hitomi

    2008/7/18(金) 午前 10:50

    返信する
  • 顔アイコン

    hitomiさん
    既に見られていたのですね。
    韓国の民主化は血で勝ち取った歴史があるのですね。
    決して成功した事件ではないし、弾圧されて、報道も規制された(実際、当時は知らなかった)のであっても、結局は、運動は止められないって事ですね。
    それを学習しない、中国共産党、イランの宗教・・・

    [ ひろちゃん2001 ]

    2009/7/1(水) 午後 10:29

    返信する
  • アバター

    韓国映画ファンなのです。「韓国の民主化は血で勝ち取った歴史がある」ですよね。カンサンジュンさんも昔は日本が羨ましかったがいつの間にか、逆転したと、この閉塞感は戦後すぐ始まったような気がします。

    hitomi

    2009/7/1(水) 午後 10:43

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事