ここから本文です
猫と薔薇、演劇、旅ファン
安富歩「誰が星の王子様を殺したのか」やっと星の王子様がわかった。

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

micchanhttp://blog.goo.ne.jp/0720micchan/がデビット・オースチンの庭とバラをアップされたので私めも…

ここはご存知薔薇の大家グラハム・トーマスのオールドローズのコレクションを基に造られた名園。六月は八時まで開園しているというのでロウシャムハウスガーデン、http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17310896.html

ブレナムパレス
見学の後、高速をぶっ飛し駆けつけた。行き過ぎて戻ったり迷った所。

ホントは次の日にまわす方が正解なのにせっかちな私はOxfordからSouthamptonへ。



敷地内にはテスト川の支流が流れ可愛い橋や立派な修道院があつた。終園間近なのに親子連れや熱心にメモ取る女性がいた。

小さな噴水やベンチ、バラのアーチ。バラ園のお手本です。

以下は初めてレンタカーで飛ばした体験です。ブルーのフォードの新車で快適でした。

ガソリンもセルフは初めてでと惑いました。近くの人に教えてもらいこわごわ。

ロンドンの空港についてすぐレンターカーに乗り出発。帰りに車の返却場所に行くのにも迷ったり、でも事故もなく助かりました。

周りの車はフルスピード、曲がりくねった田舎道でもそうだからはじめは怖かった。

道には犠牲の鳥や獣が......馬で来る人の後にしばらくして犬二匹がやってきたり。

茂みから顔出したウサギが引っ込んでくれたときは、ほっとした。

対向車が道譲ってくれた時、思わず同乗の女性(スードリーカースルガーデン

http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17393006.html
でタクシーが来ないと困っていた人、何回も庭巡りされていたので色々教えてもらえた。)と二人で手振ったら、向こうも二人で弾んで挨拶してくれた。

グルグルロータリーで反対方向に行ったのは何回もある。
でも基本的にマナーがよくて帰国したら割り込みやウインカー無しで曲がる車などに切れそうになってしまった。

最後の写真が借りた車。これはロウシャムハウスガーデン前の家ですが住んでみたくなる可愛い家です。

コッウォルズにはこんな家がいっぱいでレントやセールの看板もよく観ました。

園芸好きイギリス人憧れの地です。

https://www.blogmura.com/

  • 顔アイコン

    イギリスは車に関しては日本とほぼ同じだからあまり問題ないですが
    フランスは、左ハンドルとロータリーは入るほうが優先なのでなれないとでられないです。
    最初に飛行場からパリに行く時なんかぐるぐる回ってるな~と思ってたらでられなくてパリを一周した記憶があります。
    イギリスはマナーがいいですがフランスはぺけです!お乗りにならなくて正解! 削除

    [ micchan ]

    2008/8/11(月) 午後 8:58

    返信する
  • アバター

    ウィンカーとウォシャーが反対についてるのではじめ困りましたが。それでも左側通行ですから。フランスでは自信ありません。モウいけなさそう、トホホ。

    どなたの運転?

    hitomi

    2008/8/11(月) 午後 9:50

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事