ここから本文です
猫と薔薇、演劇、旅ファン
皆さま、まだヤフーから移行しないほうがいいですよ、とんでもない毒盛られますから。ここまで悪辣とは。

書庫全体表示

軽井沢旧朝吹邸


イメージ 1


イメージ 2


最近、このヴォーリズ設計の旧朝吹山荘の存在を知り、その写真を壁紙にしていました。
朝吹 登水子(あさぶき とみこ、1917年2月27日 - 2005年9月2日)は、日本のフランス文学者、随筆家です。
ボーヴォワールやサガンの翻訳で有名ですがボーヴォワールは学生時代に一冊読んだだけのていたらくです。

もっぱら彼女自身の人生 愛のむこう側 などやアンティーク、交友関係の話、サルトル、ボーヴォワール、フジタの方が面白く、図書館で借りたり、私の巴里・パリジェンヌ 、私の巴里・アンティークなどは表紙のアールデコに魅かれて購入しました。

ベルサイユの藤のからまる邸宅や庭は垂涎もの、もう少し、写真が綺麗だといいのですが。
ジュエリーや家具などのアンティークも全部、カラーでないのも残念、です。

この本の感想はこちら朝吹登水子さんの美しい本

離婚されて渡仏、モードの勉強、シャンソン歌手の石井好子さんとの話も面白かったです。


この山荘は苦労してこの塩沢湖に移築されました。本当にうれしいことです。
イメージ 3



一階部分は軽井沢タリアセンの入場料に入ってるのですが2階を観るのには+200円なので(私が短い間に見た限りでは)せっかくここまで来ても帰る方ばかりでした。。

ツタンカーメンのお墓でもそういう方がいて驚きましたが、興味がないとそうなんですね。

私は見たがり屋です。観てるだけで何もしないと親からは叱られます。

二階内部は撮影禁止(泣)バルコニーからの眺めは最高です。

一階の応接間の撮影はOKです。カーテン、絨毯、家具類に目が行きます。
イメージ 4


ヴォーリズの本や移築の様子を写したDVD,ルドゥーテグッズも売っています。

バラにはまったのもオールドローズやイングリシュローズ、ルドゥーテのボタニカルアートに魅了されたからです。

イメージ 5


イメージ 6


ルドゥーテ展の記事はこちらローズガーデンとバラの画家ルドゥーテ展

以下は引用です.
実業家・朝吹常吉の長女として東京府(現・東京都)に生まれる。父方の祖父は三井系企業で活動した実業家・朝吹英二で、母方の祖父は長岡外史。長兄・朝吹英一は木琴の研究家、三兄・朝吹三吉もフランス文学者。2回結婚しており、2度目の夫は実業家のアルベール・アルノーで、最初の夫との間の娘は翻訳家の朝吹由紀子。由紀子の夫が慶大フランス文学科教授の牛場暁夫、その子(すなわち登水子の孫)が慶應義塾大学理工学部助手の牛場潤一である.


信濃毎日新聞 北佐久郡軽井沢町の塩沢湖で文化施設を経営する「軽井沢タリアセン」が、保存のためタリアセン敷地内で進めていた「旧朝吹山荘」の移築工事が27日、完成した。28日から一般公開する。

 作家で翻訳家の朝吹登水子(とみこ)さん(1917−2005年)が過ごした朝吹山荘は、朝吹さんの父で実業家の朝吹常吉が1931(昭和6)年、同町旧軽井沢に建設した。日本の近代建築に影響を与えた米国出身の建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズによる設計で、歴史的建造物としての価値も高いという。

 朝吹さんが亡くなった後、遺族から寄贈を受けたタリアセンは、昨年春から移築工事に着手。山荘は木造2階建て延べ床約280平方メートル。1階には、政財界の要人や文化人、華族らの社交場となった大きなリビングがある。朝吹さんが使った机や鏡台などの家具類も置かれている。

 タリアセンの藤巻進支配人は「軽井沢を代表する素晴らしい歴史的建造物。大事に管理していきたい」と話していた。問い合わせはタリアセン(電話0267・46・6161)へ。

(提供:信濃毎日新聞)

  • 顔アイコン

    朝吹登水子さん素敵な方でしたよね。
    私もサガンなどで朝吹さんを知ったのですが、
    石井さんのエッセイにもよく朝吹さんが登場していたので、
    印象に残っていました。
    (『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』など好きだったのです^^)

    ところで、2階は撮影禁止というのは何故なのでしょうね?
    しかも入場料を別に撮るというのも不思議な感じですね・・・。
    (でも、静かに過ごすことが出来ていいのかもしれませんが。。。)
    さすがヴォーリズ、素敵な山荘ですね*ポチ☆

    mie**tro*e

    2009/10/1(木) 午後 8:49

    返信する
  • アバター

    mielさん、コメント&TB,ポチありがとうございます!『九尺二間』の山荘、あと少しでしたのに残念です。一人旅の場合はあきらめないのですが。(;´∀`;)
    調度石井さんのお元気な写真を雑誌で観ました。御病気でしたが夜中にもサンドイッチを置いといて食べるようにされて…『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』この題名もいいですね。
    二階は撮影禁止といっても誰もいないのです。階段の下に200円徴収する管理人が一人。外国の美術館はもちろん、最近では東京でも写真OKになってきたのに。

    hitomi

    2009/10/2(金) 午後 2:35

    返信する
  • たくさんのヴォーリズを御覧になったのですね。古き良き時代の空気が漂っていますね。
    朝吹登水子さんの本、持ってたかも。「私のパリ・パリジェンヌ」っていうの、昭和52年刊・・・ひゃ〜〜30年以上前の本でした!
    こんなエレガントな記事ではありませんが、TBお返しさせてくださいね。

    アンダンテ

    2010/6/25(金) 午後 5:50

    返信する
  • アバター

    andanteさん、TBありがとう!。「私の巴里・パリジェンヌ」「私の巴里・アンティーク]は素敵な本だったので取り寄せました。古い本ですがお洒落!その記事をTBさせていただきました。
    彼女の人生の本が又非常に面白くて続けて何冊か読みました。ベルサイユの藤のからまるお宅!

    hitomi

    2010/6/26(土) 午後 7:34

    返信する
  • アバター

    X様、今回の相棒は画家が主人公でした。この素敵な由緒のある別荘がロケに使われていて嬉しいです。

    hitomi

    2010/11/13(土) 午前 10:48

    返信する
  • 記事のご案内、ありがとうございました!

    ここに移築されたこの建物を外側からですが見ました。
    水辺に白いテラスが印象的なたたずまいでした。
    中は知らなかったのですが、インテリアも素晴らしいですね。
    朝吹さんの個人的な著書はまだ読んだことがありません。すごく面白そうですね。今リストアップしている本を一通り読み終えたら読んでみたいと思います♪ポチ☆

    Maman

    2011/1/27(木) 午後 5:45

    返信する
  • アバター

    mamanさん、二階は撮影禁止でした。「私のパリ・パリジェンヌ」など表紙が美しくて探して買いました。朝吹さんのベルサイユのお宅も素敵です。
    ポチありがとうございます。

    hitomi

    2011/1/27(木) 午後 6:37

    返信する
  • mamanさん、見っけ!
    行きました、昨秋、が、クロウズでした、夕方でしたので。
    次回は是非! 朝吹登水子氏訳のサガンをほとんど読みました。
    ではでは、TBしまーーーーす。

    マダムK

    2011/2/16(水) 午後 9:51

    返信する
  • エッ?朝吹さんのベルサイユのお宅?
    凄いですね?
    行ってみたいですね?お城ですか?
    ベルサイユ宮殿は行きましたが、同じベルサイユの街中にあるのでしょうか?

    マダムK

    2011/2/16(水) 午後 9:53

    返信する
  • アバター

    マダムK様、朝吹さんの本に建物とお庭が載っていますよ、お城ではありませんが素敵、部屋にある骨董は売り物だそうです。
    同じベルサイユにあるそうです。

    hitomi

    2011/2/18(金) 午前 11:28

    返信する
  • アバター

    マダムK様、サガン、読破されたのですか、すごいです。私はさがんより朝吹さん自身の本の方が面白かったです(笑)TBもありがとうございます!

    hitomi

    2011/2/18(金) 午前 11:30

    返信する
  • 顔アイコン

    いい雰囲気の所ですね!
    以前は、よく軽井沢に出掛けていていろいろと
    観光したものですが最近は、行ってないので
    機会があったらこの旧朝吹邸も寄ってみたいです。
    洋館って意外と好きで東京都内の旧岩崎邸庭園や
    旧古河庭園、旧前田侯爵邸など見学しました。
    今年は、横浜の洋館巡りがしたいと計画中です(笑)

    プレサリオ

    2011/3/26(土) 午後 5:44

    返信する
  • アバター

    プレサリオさん、横浜も立派な洋館がありますね。
    旧小笠原邸のレストランに入りたいです。

    hitomi

    2011/3/26(土) 午後 8:26

    返信する
  • 文章を書く方は、まとめるのがやはり上手ですね。
    より多く分を書くことでしょうね。

    TBをして頂きましてありがとうございます。

    ボッチ!

    seu

    2011/7/26(火) 午後 10:11

    返信する
  • アバター

    Seuさん、こちらへもコメント&ボッチありがとうございます。
    朝吹さんの波乱の人生、興味深かったです。アンティークも。

    hitomi

    2011/8/1(月) 午後 8:25

    返信する
  • 顔アイコン

    こっちも、こんばんは^〜^v

    撮影禁止、理由がよくわかりませんが、特に国内では多いです...(涙)

    商業目的以外の個人客には、可能な限り許して頂きたいものです。

    静かな自然の中で、ますます魅力的にお色直し☆ポチ☆

    TBありがとうございました☆ポチ☆
    ここにも、僕からは感謝のお礼のTBをさせてください♪

    待った・放るん

    2012/5/3(木) 午後 9:07

    返信する
  • アバター

    まったーほるんさん、本当に商業目的以外の個人客には、許可して欲しいです。奈良国立美術館は申し出るとOKらしいです。
    この別荘はロケーションがよくなりいいですね。
    ポチ&TBありがとうございます!

    hitomi

    2012/5/4(金) 午後 8:35

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは
    今はどうなっているんでしょう?
    軽井沢にはもうないのですよね。
    1度拝見したかったです。軽井沢には何度か行っているのに、知識がないと良い物を見落としてしまいますね・・。残念です。
    中もさすがにすばらしい・・。今はヴォーリズ住宅をかなり見ているので、大きな窓の明るさ、調度品のセンスの良さなどもヴォーリズらしく感じます。☆

    mimi

    2014/9/14(日) 午後 9:39

    返信する
  • アバター

    みみさん、朝吹邸は軽井沢タリセアンの池の前に移築され健在だと思いますが。朝吹さんはフランス翻訳家ですが彼女自身の美しい骨董の本や実話が凄く面白いですよ。
    センスが良くて住みやすそうで憧れますね!
    ナイスもありがとうございます♪

    hitomi

    2014/9/15(月) 午後 3:02

    返信する
  • アバター

    内緒さん、軽井沢には他にもヴォーリズの別荘や教会、バラ園もあるのでどうぞ〜ちょっと遠いですね。

    hitomi

    2014/9/15(月) 午後 3:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(6)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事