ここから本文です
猫と薔薇、演劇、旅ファン
新潟地震、お見舞い申し上げます。

書庫全体表示

空気人形


8,9月は映画を何本も観たのに全然、アップ出来ません。

イメージ 6


監督が「誰も知らない」の是枝裕和、主演がペ・ドナゥ(裴斗娜)、連合赤軍浅間山荘や刑事の現場の ARATA、オダギリジョーが出ているので観ました。

ペ・ドナゥの演技しゃべり方がはまっています。上手い。
足がこんなに細くて長いの!?本物のお人形のようです。
魂が宿るところなど、とても綺麗な映像です。
潔癖な女性にはちょっと困る場面があるかもしれません。
でもペ・ドナゥの名演、ARATAの演じる無垢な青年、オダギリの人形師、高橋昌也の老人に惹かれました。

現代の孤独な人たちが描かれている傑作だと思います。
現代社会の病というか、人形が一番ピュアでまともでしょうか。
結末は「誰も知らない」と同様、ショッキングです。

共演・富司純子 高橋昌也 餘貴美子 板尾創路、高橋昌也、岩松了、星野真里、丸山智己、奈良木未羽、柄本佑、寺島進 

高橋昌也さん、懐かしいです。

拒食症や反動の過食症だったり無理して若さを追ったりするのはいかがなものかと痛ましくもあります。




女性の「代用品」として作られた空気人形ののぞみに、ある朝「心」が芽生え、持ち主の秀雄が留守の間に街へ繰り出すようになる。そんなある日、レンタルビデオ店で働く青年・純一に出会い、密かに想いを寄せるようになった彼女は、その店でアルバイトとして働くことになるが……。「誰も知らない」「歩いても 歩いても」の是枝裕和監督が、業田良家の短編漫画「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化。主演は韓国の人気女優ペ・ドゥナ。 

観た映画
シネマ歌舞伎牡丹灯篭予告篇
めちゃ、面白くしかも生き方も考えることができます。

ゲキシネ「新感線☆RX 五右衛門ロック」
お若いころ、劇団四季にも出ていた北大路欣也が歌が上手くてびっくり。森山、松雪(キャバレーのとは大違いで姐御かっこよくはまっていました)、もちろん古田さん、好きです。

イメージ 1 イメージ 2


違いを認めることのできる社会を願う映画『飛べ、ペンギン』
韓国の人権委員会から依頼受けた映画
チョン・ヘソンやムンソリ(大好きな映画オアシスや太王四神記のキハ役で有名な演技派)が出演料なし出演、女性監督の話も伺った。

「ヒロシマ・ピョンヤン 棄(す)てられた被爆者」  被爆されたがお母さんが内緒にしていたため…被爆者の差別問題。戦後、単身、北朝鮮へ渡らされたために救援がなかった女性の話
ヒロシマ・ピョンヤン,三重の男性が現地で撮影

イメージ 4



イメージ 5

贔屓のイ・ビョンホン出演映画GIジョー  イ・ビョンホンがハリウッドで感じたカルチャーショック

イメージ 3

幸せはシャンソニア劇場から
『コーラス』がとてもよい映画だったので観ました。

ジャック・ペランとクリストフ・バラティエ監督が再タッグを組み、フランスで130万人の動員を記録した感動作。経済不況や戦争の影が忍び寄る1936年…

  • アバター

    ひろちゃん、シネマ歌舞伎は割引がないけれどお勧めします。空気人形は女性が観ても大丈夫です。

    hitomi

    2009/10/26(月) 午後 6:10

    返信する
  • アバター

    たあちゃん、空気さなぎですか、村上春樹は旅行記しか読んでなくて…空気人形って安いんですね。そういうセリフが出てきます。ちょっともの悲しいのです。
    ある女性が一人暮らしは危ないので人形座らせているという話聞きました。
    ポチありがとう〜♪

    hitomi

    2009/10/26(月) 午後 6:18

    返信する
  • アバター

    ぱんじいさん、オダギリさんはかっこいいですね。イムジン河の歌が流れる「パッチギ!」「ゆれる」、最近では韓国映画にも主演しています。そこでもハンコ作る人で似ています(笑)漫画の映画化です。
    そう、魂が宿る所、とても綺麗な映像です。切ないのですが。
    私は事件まで押尾学を知りませんでした。

    hitomi

    2009/10/26(月) 午後 6:24

    返信する
  • アバター

    内緒様、ありがとう!

    hitomi

    2009/10/26(月) 午後 7:50

    返信する
  • アバター

    ぱらぺらむさん、私は漫画は読んでませんが衝撃的な結末でした。

    hitomi

    2009/10/26(月) 午後 7:50

    返信する
  • アバター

    Rubyさん、アダルトです。でも脚本、映像、俳優がいいので女性でも大丈夫です。幻想的で綺麗な場面もあります。ポチありがとう!

    hitomi

    2009/10/26(月) 午後 7:59

    返信する
  • アバター

    内緒様、ありがとう!

    hitomi

    2009/10/26(月) 午後 7:59

    返信する
  • アバター

    マロウさん、オダギリジョーは魅力ありますね。男性にも人気あるんですね。メゾンドヒミコ、悲夢、ゆれる、など観ました。
    村Pありがとう!

    hitomi

    2009/10/26(月) 午後 8:29

    返信する
  • はじめまして。
    高橋昌也さん良かったですね。人形に救われるというのも皮肉な話ですけど。オダジョーは好きでよく観ています。
    彼が出てくると空気が変わってしまうように思いますけど。
    トラバさせてもらいますね。

    [ - ]

    2009/10/26(月) 午後 9:26

    返信する
  • アバター

    空気人形・・・何となく現代の象徴のようで、面白そうな映画ですネ(^^♪
    チャンスがあったら観たいと尾見ます(*^^)vポチ☆

    レイ

    2009/10/27(火) 午前 8:11

    返信する
  • 実は人形は怖いんです(笑)
    でもこの映画クレイジーで面白そうです☆
    オダギリ・ジョーの演技が見物ですね^^♪

    [ - ]

    2009/10/27(火) 午後 1:03

    返信する
  • アバター

    YAZさん、コメント&トラバありがとうございます!オダギリさんは韓国の監督のお気きに入りでもありますね。ギドク監督は好きなのに「悲夢」は観ていて辛かったのです。

    hitomi

    2009/10/27(火) 午後 4:05

    返信する
  • アバター

    レイさん、そうなんです。現代の病です。人形が一番まともだったようです。ポチ☆ありがとう〜♪

    hitomi

    2009/10/27(火) 午後 4:07

    返信する
  • アバター

    お藤さん、ナイーブな方は人形苦手ですね。お藤さんは何か見えてしまいますか。母も第六感が働くのでせっかく買ったアンティークのドールやテディベアくれちゃいました。私は鈍感で、巨悪の方が許せないので(*'-^*)☆ありがとう!

    hitomi

    2009/10/27(火) 午後 4:32

    返信する
  • 「空気人間」タイトルに惹かれました。なんか人魚姫を思い出しました。たくさん、映画もご覧になっているのですね。
    全く知らないので勉強になりました。ポチ☆

    les fleurs

    2009/10/29(木) 午後 11:43

    返信する
  • アバター

    lesさん、幼い時から映画、演劇観ているだけです。子育て中のブランクありました。
    アンティーク好きになってからはドラマ、映画のインテリアに注目です(笑)
    「放課後のはらっぱ」奈良美智さんたちの櫃田先生、いいですね。ポチありがとう。

    hitomi

    2009/10/30(金) 午前 10:36

    返信する
  • 顔アイコン

    あまりにもリアルでしtがこれも東京で暮らす人たちのひとつの素顔なのでしょう。対する心を持たないはずの人形の哀しみがとてもよく伝わってきました。
    TBさせてくださいね。

    car*ou*he*ak

    2009/11/2(月) 午後 9:41

    返信する
  • アバター

    カトルーチェさん、コメント&TBありがとうございます!この映画は忘れられないでしょうね。人形が一番ピュアなのに悲しい結末でした。

    hitomi

    2009/11/3(火) 午前 7:21

    返信する
  • 顔アイコン

    ペ・ドゥナが体当たりの演技をしてました。可愛らしい女優でしたね。

    mossan

    2010/4/4(日) 午後 9:20

    返信する
  • アバター

    ペ・ドゥナは素晴らしい俳優ですね。登場場面忘れません。

    hitomi

    2010/4/5(月) 午前 8:50

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事