ここから本文です
猫と薔薇、演劇、旅ファン
パソコン、何とか持っています、ヤフーも反応遅い?

書庫全体表示



イメージ 1


八千代座前から山鹿市立博物館へ。写真は博物館横の石橋。
全国第二位の用水橋(石橋)である大坪橋の移設復原です。

ここには全国に唯一の石包丁形鉄器や、30数例しかない巴形銅器など大変貴重な資料があります。

イメージ 2


博物館周辺は歴史公園「肥後古代の森」として整備されていて、装飾古墳として有名な史跡チブサン・オブサン古墳まで徒歩15分の「古代への道」が続いています。

 そのほか江戸時代の民家や全国第二位の用水橋(石橋)である大坪橋が移設復原されて、文化財あふれる空間となっています。
博物館へ行く途中の庶民の墓、横穴群も車から降りてよく見たかった!
イメージ 3


近郊の友人が車で山鹿市立博物館に駆け付けてくれました。

タクシーの運転手は市博物館に行ったことがないのか、通り過ぎてしまい、彼女を待たせてしまいました。
彼女とは2005年に車で阿蘇や高千穂を回りました。
真っ暗な田ごとの月のような混浴の温泉にも連れて行ってもらいました。
その時はウン十年ぶりにあったのに(彼女が熊本空港近くのホテルまで迎えに来てくれたのです)一瞬に学生時代に戻り感激しました。
同じ寮で生活した間柄です。

県立博物館は安藤忠雄設計の立派な建物だそうですが、こちらは本物の遺物ばかりの展示。しかも古墳玄室に入り装飾古墳がみられると知りました。

以前、中学時代の恩師に勧められて三重県まで装飾古墳展を観に行きました。その時も大胆な幾何学文様に惹かれました。
高松塚古墳とは全く違います。

イメージ 4

チブサン古墳です。
鍵を開けてもらい玄室を見学、ピラミッドのように大きくはないけれど、観ることができて興奮しました。

チブサン古墳は、大正11年10月12日に国の史跡として指定を受けた全国的にも有名な装飾古墳です。

鮮やかな幾何学模様の壁画は1,500年前の古代人の文化や風土を伝える貴重な遺産となっています。

全長45m(後円部径24m、前方部幅15.7m)の前方後円墳で、墳丘には武装した奴凧形の石人一体(現九州国立博物館所蔵!なぜ返してくれないの?)が立てられていました。

古墳時代後期(500年頃)に造られたもので、後円部に開いた横穴式石室の玄室に設けられた厨子形石棺の内壁に赤・黒・白の3色で描かれた三角やひし形文様が連続して描かれた中に、二重の円文が描かれ、それが人の目玉や口に見えます。また、その組合せは見方によっては女性の乳房に似ていることから「乳の神様」として現在も信仰されています。
また、石棺の右壁には王冠をつけ、両手を上げ両脚を踏ん張った人物像が描かれていますが、その服は腹の部分を締めつけ、膝の部分を中心に中膨れさせ、脛の部分で絞っており異国の風俗を連想させます。

下の右の人物像が宇宙人に見えて、この古墳前で関連行事があったそうです。

イメージ 5 イメージ 6

チブサン古墳(国指定史跡)
 熊本県山鹿市にある全国的に有名な装飾古墳で、全長45m(後円部径24m、前方部幅15.7m)の前方後円墳です。近くにはオブサン古墳、鍋田横穴群、弁慶が穴などが点在しています。
 古墳時代6世紀頃に造られたもの。石棺の正面の石板装飾の絵柄が女性の乳房に似ているところから「乳の神様」として現在も信仰が続いています。
 羨道をくぐり抜け、玄室へ入って見ませんか。 

イメージ 7


オブサン古墳は、チブサン古墳の北西約200mに位置する直径約22m、高さ約4mの突堤付き円墳で、主体部は巨石で造られた横穴式石室があります。
特徴は、内部の後室の仕切り石に描かれた連続三角文などの装飾や石室の前面に突堤を持っていることです。
時代は6世紀後半の築造とみられ、6世紀前半に造られたとみられるチブサン古墳との関連を知るうえで重要です。
「安産の神様」として親しまれています。

イメージ 8


晴れていたら阿蘇も見えたのですが…
ここが西南の役の激戦地とは知りませんでした。
西郷軍が古墳に立てこもったため政府軍からの攻撃の鉄砲の弾跡があります。


イメージ 9


イメージ 10

石棺
イメージ 11


ここで韓国王妃閔妃暗殺を指揮したとされる三浦梧楼のレリーフに会うとは!三浦は西南戦争第三旅団司令長官として各地を転戦、城山(鹿児島県)を陥落させた。
イメージ 12


イメージ 13

この記事に

  • ほう〜こういう所ってあんまり行ったことがなかったので興味深く見させていただきました。
    「人物像が宇宙人」ってのもいろいろ想像を巡らせられますね。

    安産の神様・・・私も行っとけばよかった(苦笑)
    ポチ☆です。

    絵描きのたあ

    2009/11/21(土) 午前 0:14

    返信する
  • 顔アイコン

    結構広いんですね

    村P

    [ Mikeneko ]

    2009/11/21(土) 午前 6:00

    返信する
  • アバター

    九州には山鹿だけでなく、このような歴史を見れる場所が沢山ありますね〜。
    良い旅をされましたね!!ポチ☆

    レイ

    2009/11/21(土) 午前 6:25

    返信する
  • 巴形銅器とか、良く作れましたよね〜

    今日の村OKです(^^)/

    マロウ

    2009/11/21(土) 午前 9:17

    返信する
  • ほ〜お。古墳には果てしない浪漫がありますよね!
    大好きです!答えのない夢が見れた気持ち!☆ぽ。です♪

    [ - ]

    2009/11/21(土) 午前 11:47

    返信する
  • あら〜本当ですね〜宇宙人が...

    上から二枚目の銅器?ですか?
    実用的なものなのに、きっと新品はオシャレなものに見えたのでしょうね〜

    [ - ]

    2009/11/21(土) 午後 1:19

    返信する
  • (=^・^=)σ凸ポチッ

    [ - ]

    2009/11/21(土) 午後 1:19

    返信する
  • アバター

    たあちゃんは難産だったのですよね。普通でもあの痛みは…
    おかげで大昔、お参りした観音さん、思い出しました。船のお守り?なら男子が生まれると言われてその通りでした。女の子は何だったか、思い出せません(〃'▽'〃)「慶長11年(1606)領内一円を巡察中の尾張藩主徳川義直公が当寺の観音堂に休憩のみぎり、由来に感銘し堂宇を修復されました。修復するや直ちに安産祈願の使者を立てられ、無事男子の誕生をみるに至り、それ以来、寺紋に三つ葉葵が許され、代々その庇護を受けることになりました。 こうして時志観音が安産の観音さんとして、信仰を集め親しまれるようになりました。」
    宇宙人との交信?のイベントがあったそうです。ポチありがとう!

    hitomi

    2009/11/21(土) 午後 6:39

    返信する
  • アバター

    あずきちゃん、子供たちの遠足、社会見学、家族のハイキングにもいいところです。
    村Pありがとう!

    hitomi

    2009/11/21(土) 午後 6:41

    返信する
  • アバター

    レイさんは北海道と九州を堪能されているでしょう。うらやましいです。どちらも見どころいっぱいですね。ポチありがとう〜♪

    hitomi

    2009/11/21(土) 午後 8:25

    返信する
  • アバター

    マロウさん、昔の人の知恵は凄いですね。
    村Pありがとう!

    hitomi

    2009/11/21(土) 午後 8:53

    返信する
  • アバター

    異国情緒が漂うんですが宇宙人が居たり
    不思議なところですね☆ポチ

    「安産の神様」に痛みの無いお産をお願いしたいですね。

    札幌近郊にもUFOの出現する丘とあります、村おこしの一環として
    看板だけ作られました^_^;

    Ruby

    2009/11/21(土) 午後 9:07

    返信する
  • アバター

    お藤さん、古墳は盗掘されていますし墳丘にあった武装した奴凧形の石人一体も国立博物館に持っていかれています(苦笑)
    この文化の多様には大いに関心があります。
    緑が多くていいでしょう、☆ありがとう!

    hitomi

    2009/11/21(土) 午後 9:25

    返信する
  • アバター

    ぱんじいさん、これは祭祀用だったか、ボランティアの方があんまり熱心に沢山説明されておぼろげになってしまいました(苦笑)
    残ってるのは凄いことですね、ポチありがとう〜♪

    hitomi

    2009/11/21(土) 午後 9:56

    返信する
  • アバター

    Rubyさん、看板だけですか( ゜口゜)UFO、お好きな方が見えますね。
    ここが安産の神様とはちょっと驚きました。
    ポチありがとう〜♪

    hitomi

    2009/11/21(土) 午後 10:00

    返信する
  • アバター

    ぱんじいさん、拙楽天ブログまでコメントうれしいにゃ〜ん(^0^)
    テンプレートのまん中に写っているのは友人宅で可愛がってもらってるリンゴです。この当時は我が家にいました。カレンダー撮影が終わってと友人が即、連れて行こうとしたら隠れたのですが今ではすっかり友人宅の猫になりました。この写真はブックカバーとして市販されています。
    左にうっすら写ってるのはリボンと娘たちです。

    hitomi

    2009/11/21(土) 午後 10:17

    返信する
  • 顔アイコン

    6月に九州に行くので参考になります。今度で3回目の旅行になるのですが、観てないところばかりだということがhitomiさんの記事から良く分り感謝してます。初回はバイクで大分から熊本〜博多~長崎〜大分で往復はフェリー利用でした。5月は雨がシトシト続いてバイク走行は結構危険もあったのですが懐かしい思い出です。6月だとまだ梅雨あけでないからまた阿蘇も霧の中かもですね。

    mac*---009

    2013/4/6(土) 午後 9:58

    返信する
  • アバター

    Machiさん、九州も見所が多いですね。熊本〜博多~長崎〜大分をバイクで!私も昔のっていましたが雪の日、雨の日は辛かったです。
    友人とレンタカーでまわった雄大な阿蘇、高千穂、真っ黒な混浴温泉、列車で行った有田、長崎、楽しかったです。
    熊本在住の友人が熊本は季節の良い時が少ないと言っています。

    hitomi

    2013/4/7(日) 午後 1:52

    返信する
  • 顔アイコン

    こういう古墳は初めてみました。やはり場所によって違うのですね。
    友人の研究で邪馬台国は北九州説が有力と感じます。となると、九州は歴史的によく発達した地域であったということでしょうね。
    高松塚よりずっと以前、絵も宇宙人のようで面白いです。

    mimi

    2017/5/13(土) 午後 5:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事