ここから本文です
猫と薔薇、演劇、旅ファン
7か月ぶりの生の玉三郎!

書庫全体表示


暗いので画像もよくないし、説明もなくすいません。

 
イメージ 2

日本や中国から伝えられた扇はヨーロッパで欠せない流行品、ぜいたく品になりました。扇の骨は象牙やべっこう、螺鈿。
扇に描かれた名画のコピー、羽の扇、さまざまな扇があります。
結婚式の扇は綺麗なケースに入れられて飾られました。

神戸ファッション美術館の扇展、膨大な扇のコレクションでした。
あれほどの扇をどこから調達したのでしょうか。
ロンドンの扇美術館からも借りたのでしょうか。

当時図録がなくて後から知人にCDロムを買ってきてもらいました。やはり図録がいいですね。
ポーラ美術館が扇の本を出してくれました。
友人が貸してくれた扇美術館の図録が素晴らしい。

扇はマルモッタン美術館でも観ましたが2点ぐらいだったと思います。

イメージ 3


イメージ 4


ルイ14世の有名な肖像画みるとハイヒール履いてますね。
たびのような、動物の足のような靴。中国の纏足も思い出します。
流行とあらば何でもやってしまう人間。

イメージ 5


イメージ 6

この様なレッドやブルー&ホワイトの食器にひかれます。あまりに豪華なキンピカは縁がありません。

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


この時は動物がテーマでしたので絵の中にも犬や猫が登場してます。
元の絵より現代の飾りの猫の方がメインになってしまいました。

イメージ 12


少女と犬の絵

追記 靴の歴史を調べていますがネット上ではなかなかわかりません。図書館行かないとダメかもしれません。

こちらのサイトに写真が出ています。靴工場の社長さん
元の資料を観たいものです。

特に王様のサンダルには武器や外国の人が金箔で描かれ、それを履く事で
'''「相手を踏みつける!」'''
すなわち勝利を意味し、王様の偉さを称える物だったんだそうです。

この記事に

  • アバター

    さなえさん、コーヒー茶碗数客を数年前自治会のフリマでたった300円で!羨ましい。
    趣味が違うのか、ありがたみがわからないのか、ラッキーでしたね。

    hitomi

    2010/8/18(水) 午後 4:18

    返信する
  • アバター

    レイさん、自分でも使いたくなるような食器でしょう。ポチありがとう(*'∇')/゚

    hitomi

    2010/8/18(水) 午後 4:20

    返信する
  • 身に付ける品、家の装飾、あらゆる装飾品が展示されているんですね。こうして見ると、驚く程多くの物に囲まれていると改めて思い知らされます。

    アンダンテ

    2010/8/18(水) 午後 6:43

    返信する
  • うーん。素敵っ!
    マスカレイドな世界ですね☆
    見惚れてしまうばかりです♪

    [ - ]

    2010/8/18(水) 午後 9:45

    返信する
  • アバター

    andanteさん、椅子の展示は圧巻です、またご覧くださいね。世界の人の所有物を一堂にした本がありましたよね。引っ越しの時に処分するのに又増えて、困ったものです。

    hitomi

    2010/8/18(水) 午後 10:19

    返信する
  • 赤や青の食器! 私も大好きです。
    けどなかなか高価な食器は 買えないので、見るだけですが、、
    靴面白いです ポチ☆

    mariko

    2010/8/19(木) 午後 7:48

    返信する
  • 顔アイコン

    うわ〜素晴らしいの一言ですね〜!
    こんな装飾品は、観るだけで品が学べそうで、良い経験になりますね。
    素敵なのでポチポチ(^_-)-☆

    ゆりっぺ

    2010/8/19(木) 午後 8:22

    返信する
  • アバター

    お藤さん、タビのような、動物の足のような靴、おかしくないですか(笑)☆ありがとう!

    hitomi

    2010/8/19(木) 午後 8:51

    返信する
  • アバター

    こりまさん、さなえさんはこういうコーヒー茶碗数客を自治会のフリマで300円で購入したそうです。私もイギリスの田舎やネットで安く買いました。ここにあるような立派のものではありませんが。今日もお店の備品の飾り箱もこういう模様でした。カーテンやバックなどにもなっています。
    http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/30830555.html
    ポチありがとう!

    hitomi

    2010/8/19(木) 午後 11:23

    返信する
  • アバター

    ゆりさん、ポチポチありがとう(^_-)-☆
    日本にもこういう美術館ありますが規模が大きくてびっくりです。

    hitomi

    2010/8/19(木) 午後 11:27

    返信する
  • 顔アイコン

    動物の足を模倣した靴はどうやってはくのでしょうか?それに歩きにくいでしょうね。仮面舞踏会などで使われたのかな。

    食器は豪華なものは食事が目立ちませんね。飾っておくにはとてもきれいですが。イギリスのアンティーク・フェアでわたしもコーヒーカップのセットを買いましたが、ほとんど使用せず飾ってあります。

    壁をかけめぐる猫ちゃんたち、かわいい!
    ポチ!

    Maximiliano

    2010/8/20(金) 午後 3:44

    返信する
  • アバター

    マキシムさんのコレクション、アップされてますか。拝見出来たら嬉しいです。カップは場所取り、狭い我が家では困っています。
    今でも歩きにくそうな靴履いてる人や、靴ゆがめて履いてる人、冬でもサンダルの人、ガンガンうるさい人、色々ですね。
    靴の歴史をネットで検索しましたがなかなか見当たらないです。図書館に行ってきます。
    ポチありがとう〜♪

    hitomi

    2010/8/20(金) 午後 9:56

    返信する
  • こんばんは。
    無事帰ってきました。
    装飾美術館の脇を通りました。中には入らずじまいです。
    わたしも金ぴか食器好きじゃありません。
    わたしも猫ちゃんに惹かれました〜!ポチ☆
    hitomiさまが行かれたところはほとんどわたしは行けなかったところですが、少し地理感ができたので、さらに興味深く拝見させていただきます(^_-)-☆
    扇子は日本から発信された唯一の装飾品だそうです。

    les fleurs

    2010/8/21(土) 午前 1:22

    返信する
  • アバター

    フルールさん、おかえりなさい〜御無事で何よりです。ヨーロッパの気候は変わりやすいですね。メトロの表示は日本は親切でしょう。パリがあんなに綺麗でなくなり…ポチありがとう!

    hitomi

    2010/8/21(土) 午前 9:44

    返信する
  • 顔アイコン

    ほー・・。
    見ごたえありました・・♪
    ふかふかの羽のコート?すごい!
    それに手袋に靴、いいなぁ・・

    神戸ファッション美術館の扇子の展示は、
    私も見に行きたかったな、図録は出てないんでしたよね、残念です。

    少女と犬の絵、好みですねぇ・・♪

    靴の歴史の本ですか・・
    靴だけに特化した本は知らないですね、
    調べたら記事にしてくださいね、楽しみです。
    トラバ&村ポチ&傑作ポチです☆

    [ *ar*y*e ]

    2010/8/21(土) 午後 10:31

    返信する
  • アバター

    graceさん、すいません、まだ追記訂正中でした。神戸に行く知人がCDロムを買ってきてくれましたがやはり図録がいいですね。
    ポーラ美術館の扇の本はお手頃でしたね。
    友人が貸してくれた扇美術館の図録が素晴らしいです。
    今回も噴火さえなかったらイギリスにも行って扇美術館見学したかったです。
    トラバ&村ポチ&傑作ポチ、ありがとうございます!

    hitomi

    2010/8/22(日) 午前 8:19

    返信する
  • とっても興味深い靴ですね。
    動物の足?みたいなのがあります(*^m^*) ムフッ

    そして・・・食器類、素敵な色合いですね〜〜〜
    この、ブルーのは、定番の人気商品に似ていますね。
    マイセンとか、ロイヤルコペンハーゲンでしたっけ?
    好きだけど、高くて自分では変えません(>0<)//

    興味深い靴に〜〜ヾ(* ̄▽)/ 凸⌒☆ 傑作ポチッポチッ

    [ - ]

    2010/8/22(日) 午前 11:14

    返信する
  • アバター

    ぱんじいさん、今日はネットで靴の歴史調べて図書館二軒廻りましたがこんな靴出てきませんでした
    ≧∇≦
    有名ブランド食器もオークションやバザーで安く買えることもありますよ〜
    傑作ポチッポチッありがとう〜♪

    hitomi

    2010/8/22(日) 午後 9:34

    返信する
  • 親子が描かれている絵画は、マリー・アントワネットのお抱え画家でもある
    エリザベート・ルイーズ・ヴィジェ・ルブランのに似ています。

    TBをさせていただきました。

    seu

    2011/7/22(金) 午後 3:38

    返信する
  • アバター

    Seuさん、コメント&TBありがとうございます♪
    ルブランの肖像画はとても可愛いですね。似ていますね。

    hitomi

    2011/7/24(日) 午後 4:20

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事