ここから本文です
猫と薔薇、演劇、旅ファン
心は真っ暗闇です

書庫全体表示

 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
撮影OKの復元ドレスや有名な馬鹿げた船を乗せたカツラをかぶらせてくれます。
あまりにも高くなって馬車に乗るにも椅子を外さなければならなかったのです。
化粧にも小麦粉を使い(かつらに)飢えた庶民の怨嗟の的!
 
私もかぶってみましたが復元品なので軽かったです。画像は私ではありません。
モデルさん、すいません。
 
正真正銘のアンティークアクセサリー(アントワネットの唯一生き延びた娘の肖像のダイヤのブローチや取り巻き連中にプレゼントした小箱など)
 
アントワネットの扇や
 
ルイ16世が作ったアントワネットの時計の鍵やナイフの繊細なこと!
 
錠前作りや狩猟が好きで政治的センスは皆無だけど
アントワネットひとすじの超真面目なルイ。処刑されたのは皮肉です。
 
もっとあくどい皇帝や浮気性の王様はいっぱいいるのに。
 
学生時代にツワイクのアントワネットの伝記読んで前半生の享楽的な彼女と
 
逮捕され毅然として裁判や処刑台に対峙した彼女の落差に驚いたものです。
 
それまでの贅沢で国民にすっかり嫌われてしまったアントワネットは息子との近親相姦まで疑われたのです。
 
漫画ベルばらも舞台版も好きでピチトリアノン、田舎家も訪問しました。
 
ここで20世紀末オペラ椿姫も上演されテレビで見ました。
 
初めてベルサイユに行った時はツアーでここのパンフだけゲットしていました。
その表紙は草ぼうぼうの感じで。
98年は綺麗でした。羊も飼われています。
ベルサイユは地下鉄で簡単に行けます、中は広大で田舎家の帰りは可愛いトレインに乗れました。
 
イメージ 4イメージ 5
 
イメージ 3
 
ファッションリーダーとなり作詞作曲し演じた彼女。
 アントワネット作詞作曲の歌も歌う。
映画マリーアントワネットの首飾りでそんなシーンがあったと思う。そういえば以前、空想の音楽会CDではベルサイユやプチトリアノンでのコンサートを再現している。
ルソーの自然に帰れに感化受けて田舎家をつくらせ農婦のようなファッション身につけそれも膨大な浪費となり、敵を作りました。
 
お勉強も苦手、賭け事大好き、賭け事は母のマリア・テレジアも好きだった!
 
せめてもの慰めは偉大な母が彼女の処刑前になくなったことです。
 
マリー・アントワネットの独房-. コンシェルジュリー牢獄ノートルダム寺院と同じシテ島にありますが、ここを見学したときはやはり気が重くなりました。
 
イメージ 6
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左ご存知池田先生の作品。私はやはり貴族でありながら民衆側についたオスカルが好きです。実在の人物ではありませんがモデルはあったらしい。
右イギリス風のドレス、イギリスの生地を使い、またにくまれる、浅はかでしたね。
 
イメージ 8イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
右、アントワネットのドレス生地の見本帳の復元
 
彼女は壁紙や椅子の布にもお金を掛け、急な仕事も最上品を要求
 
 
イメージ 11
 
マリー・アントワネットもお気にいりだったトワルドジュイ。

貴族や庶民の男女や天使、風景画の柄です。
この美術館、トイレの便座もジュイ柄でした。
 
イメージ 12
 
イメージ 10イメージ 13

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
窮屈なことが嫌いなマリーはこのような庶民風のドレスでコルセットもなしでくつろいだので透けると非難されたそうです。
 
絵等はオリジナルではなくその後描かれた物が多かったようです。
 
ルイとアントワネットの子供たちが遊んだゲームやコマなども初めて見ました。

この記事に

  • ヴェルサイユには何度も行ったけど広いので見るのを忘れた場所が
    相変わらずあります。
    お城の中に家族の絵画がありますがが、それを見る限りでも
    マリー・アントワネットの持っているドレスの数はすごいですね。
    それも豪華な物ばかりで、あれでは民衆の税金も高くなるのは当然ですね。

    イイね!

    seu

    2012/8/11(土) 午前 11:48

    返信する
  • アバター

    詳しいご紹介を有難うございます。
    かつらを実際にかぶらせてくれるなども、面白いですね〜
    ナイスポチを〜

    な〜が

    2012/8/11(土) 午後 0:51

    返信する
  • 顔アイコン

    ご無沙汰してしまいました。

    マリー・アントワネットの宝飾品やドレスが見られるのですね。かつらまで…。
    当時の豪奢な生活が垣間見えて楽しいですし、またいろいろ考えさせられますね。
    遠藤周作の「マリー・アントワネット」途中まで読んで中断していることを
    思い出しました。続きを読みましょう。
    ナイス!

    Maximiliano

    2012/8/11(土) 午後 5:48

    返信する
  • 顔アイコン

    宝石、衣装、家具などで、飾り立てることが、彼女の精神的なより所だったんでしょうか?
    テレジアも手紙で、たしなめていたと、何かの本で、読んだことがあります!
    それにしても、船のカツラは〜驚かすためでしょうか。展覧会京都にもきてほしいです。 削除

    [ ぱぴちゃん ]

    2012/8/12(日) 午前 10:35

    返信する
  • アバター

    Rubyさんもアバターが可愛いです。私も現実には着ることができないのでアバターで遊んでみました。
    ずる賢い極悪人が今の日本でものうのうとしています。ポチありがとうございます!

    hitomi

    2012/8/13(月) 午前 2:40

    返信する
  • アバター

    ヒロメールさん、そうですね、最後まで王権神授主義者だったのですが、前半生との落差に驚かされます。ポチありがとうございます!

    hitomi

    2012/8/13(月) 午前 2:42

    返信する
  • アバター

    MSMさん、トワルドジュイ美術館とフジタのアトリエに行きたくて迷いながらいきました。とても素敵でした。あの柄にはまってしまいました。

    hitomi

    2012/8/13(月) 午前 2:45

    返信する
  • アバター

    レイさんなら芸妓さんはお似合いです。
    ナイスありがとうございます!!(^^♪

    hitomi

    2012/8/13(月) 午前 2:54

    返信する
  • アバター

    お藤さん、そうなんですよね、ルイの欠陥で早く子供を産めなかっために享楽な生活に走り、やっと子供を産んで王妃らしくなってきた頃には民衆の心は離れ憎まれるようになって…
    フランスの香水もきついものから彼女の好きなハーブなど自然な匂いに〜壁紙の趣味なども良いのに。
    不運な面もありますね。
    ドレスはドラマで実際に使用されたものがあります。

    hitomi

    2012/8/13(月) 午前 5:06

    返信する
  • アバター

    まあささん、そうですね。ルイ14世、15世の軍事費や贅沢ですでに赤字になっていました。
    16世は真面目でアントワネットひとすじでしたが妻の浪費が抑えられませんでした。
    政治的センスがあれば処刑まではいかなかったでしょうね。

    hitomi

    2012/8/13(月) 午前 5:08

    返信する
  • アバター

    Seuさん、ヴェルサイユに何回も行かれたのですね。私は二回だけでそれも庭やプチトリアノン、田舎家の方に興味があって…
    一日に何回もあのような窮屈なドレスに着替えるのは大変でもあったでしょうね。庶民から見ると(^O^)イイネありがとうございます!

    hitomi

    2012/8/13(月) 午前 5:12

    返信する
  • アバター

    な〜がさん、夏休みにお子さんも大勢でした。悲劇にびっくりかもしれませんがこういう体験は楽しいです。お土産になるお菓子もアクセサリーもいっぱいあります。イイネありがとうございます!

    hitomi

    2012/8/13(月) 午前 5:14

    返信する
  • アバター

    マキシムさん、私は遠藤周作の「マリー・アントワネット」はまだ読んでいないのです、ツワイクの伝記があまり面白かったので。
    入口には図書館からのオススメ本が置いてありましたので、私も読んでみたいです。
    ナイスありがとうございます!

    hitomi

    2012/8/13(月) 午前 5:18

    返信する
  • アバター

    ぱぴちゃん、子供の時に元敵国に嫁にやらされて寂しかったのでしょうね。飾り立てることが王妃の役目とでも、
    母マリア・テレジアとは毎月手紙のやり取りをして時には激しくたしなめられているのですが。
    せめてもの慰めはテレジアが娘の処刑を知らずになくなったことでしょうか。
    テレジアは偉大な女帝でしたが最近彼女も賭け事が好きだったと読んでびっくりです(>_<)

    hitomi

    2012/8/13(月) 午前 5:24

    返信する
  • TBをさせて戴きました。

    seu

    2012/8/21(火) 午後 4:17

    返信する
  • アバター

    Seuさん,TBありがとうございます♪

    hitomi

    2012/8/25(土) 午後 8:22

    返信する
  • 顔アイコン

    マリー・アントワネット展面白そうですね。
    私はベルサイユのばらを読んでマリー・アントワネットのことが好きになりました。
    そうなるとやはりベルサイユ宮殿やパリのアントワネットゆかりの場所に行きたくなりますね。
    1999年と2009年にフランスに行きました。
    まだまだ何回でも行きたいです。

    [ ROCOCO ]

    2012/9/5(水) 午前 9:27

    返信する
  • アバター

    ROCOCOさん、フランスに行かれましたか!何回行っても新しい発見がありますね。
    池田先生の漫画、ツワイクの伝記、どちらも傑作です。マリー・アントワネット展、楽しかったです〜

    hitomi

    2012/9/5(水) 午後 8:12

    返信する
  • 顔アイコン

    私も見てきましたよ。
    カツラは友人が被ってみてくれました。
    豪華なドレスもたくさんあって、目の保養になりました。
    無邪気で、悪気のない人ですが、国民のことまでは考えられなかったでしょうね。それだけに歴史的に難しい時期に王妃になり、悲運の方だったと思います。
    マリーアントワネット、ツワイクの本読んでみたいです。

    mimi

    2017/5/18(木) 午後 8:46

    返信する
  • アバター

    > mimiさんはカツラかぶらなかったのですね、ちょっと恥ずかしいですね。こちらにもありがとう!
    ウィーンでは自由に育っていたから、ツワイクの伝記では勉強嫌いだったと。
    ツワイクの伝記はエリザベートやルードビッヒも面白くて夢中で読みました。
    彼女は庶民の事等眼中になかったでしょうね。王妃の権力楽しむばかり、お洒落してファッションリーダーになり歌ったり踊ったり田舎家作らせたり。
    母のマリアテレジアは忠告していましたが。
    責任が伴う事わからず最後まで王権神授説を信じていたのでしょう。
    ナイスも感謝です!

    hitomi

    2017/5/18(木) 午後 9:38

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事