ここから本文です
ねこなつ@HOME
さびっち、今年の春に14歳になりました!(=^・^=)

書庫日々 あれこれ

記事検索
検索

全70ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

諦めていたお花が、こうして復活して咲いてくれるのは嬉しいですね。


イメージ 1




先日のMRIの結果のお話を聞きに、執刀医と会ってきました。

結果はとても良好。

脳下垂体前葉にできた良性腫瘍が、成長ホルモンを過剰分泌していて、さらに、視神経を圧迫していたので除去する手術をして早、3カ月余り。

成長ホルモンが、あらゆる悪さを私にしでかしてまして、脊柱側彎症やら、巨人症(先端巨大症)。

それに、私自身のインスリンの働きが妨害されてまして、注射でインスリンを取らねばならない糖尿病になり、、、、。

それが、手術をしたら、すっと自分のインスリンが働き始め、インスリン注射もいらなくなりました。

血糖値、全く正常に戻り、薬も何もいりません。

おそるべし、成長ホルモン!もはや糖尿病ですらありません。

手術前、100%腫瘍を取り除けるとは限らない、というお話を伺いました。

残った腫瘍が大きい場合は、放射線治療などもしなければならない可能性もありました。

でも、ほぼ、綺麗に取り除けたそうです。

なので、放射線治療の必要もないそうです。

長年かけて、大きくなった腫瘍でしょうから、万が一また、できるようなことがあっても、ごく緩やかな成長なのでは?と思うのですが、、、?

執刀医のドクターG は、40代くらいの背が高くて、スリムなハンサムドクターです。

とても優しく、笑顔で接してくれます。

良い先生に巡り会えた、と感謝に堪えません。

始まりと終わりは、いつも握手。こちらでは、握手してくるドクターも多いですよ。

この次のMRIは6ヶ月後。そうして問題がなければ、1年後とか、だんだん期間を開けていくそうです。



大好きなコレアさんが、もうすぐアラスカへ向かって旅立ちます。
イメージ 2

通常、5月下旬までには旅立ちます。

羽が、冬支度になってます。これから帰るアラスカは、まだとっても寒いですからね。
イメージ 3

産卵、子育てをして、また8月にはハワイに戻ってきてくれます。

イメージ 4


イメージ 5
今回は、ショッピングセンターで、私の本当に近くまで来てくれたんです!

元気で、またきっと戻って来てね、と話しかけました。

この記事に

あれほど恐怖だったMRIもこれで4度目。

相変わらず、精神安定剤(弱目の)処方してもらって挑みました。

今回行った所は、病院ではなく民間のMRI機関。INVISION IMAGING.


私が手術を受けたStraubとも連携してて、ドクターからのオーダーや結果などはスムーズに届けられます。

チェックインして、専用のパジャマみたいななのに着替えて待ちます。

待合室には、大きな水槽があって、ちょっとくつろぎ空間になってます。

アイパッドも置いてあって、使えるようになってました。

10分も待たずに、係の人が来て、MRI室へ。

本来なら45分の予定でしたが、私の頭が少し動いてしまったらしく、やり直し部分があり30分くらい余計にかかってしまいました!

MRIの最中、怖いという感覚はなくって、ただ、やり直しになったために、長く動かずにいるというのが苦痛に感じ始めました。

まぁこれで、術後3ヶ月の経過観察も終わったし、ホッとしました。

結果はどうかわかりませんが、あんまり心配はしていません。


帰り際に、ブラウンのバッグを渡されました。

えっ?お土産?

そうか、、、競争あるからね、少しでもお客さん(患者さん?)の印象良くしたいのでしょうね。

ファンシーなお水と、ラベンダーのコットンおしぼり、ビッグアイランドクッキーのチョコレートディップ・ショートブレッドクッキー。
イメージ 1

なんかかわいい

この次は、何ヶ月後かわかりませんが、また、ここで受けることになると思います。

それにしても、この検査3000ドル以上かかるんですよね。

保険がなかったら大変です。

先日の手術の時も、入院費だけで6万ドル以上。つまり六百万円以上ですよ。それに、手術費とか、いろいろ加わりますからね。膨大な金額

入院はたったの2日でしたから、いかに入院費が高いか!

あ、でも1泊は、ICUでしたから、多分、ICUは半端なく高額なのでしょう。

その前は、4泊の入院で入院費は4百万円以内だったと思います。


いずれにしろ、保険なしで、医療を受けることは不可能!

日本もこんなに高いのかしら?


さびちゃんは、お利口でおるすばんしてました。
イメージ 2


あらら、大きなあくびです!
イメージ 3

この記事に

アンスリウムの蕾が!
イメージ 1

あまりに世話をしてなかったので、もう鉢ごとさよならかも、、、と思っていたのですが、蕾が上がって来たのです。

ピンクのアンスリウム。♡♡

ギザギザ君は、マイペースで、ギザギザな人生頑張ってます。

こんな小さなお花が咲いてます。
イメージ 2
地味・・・・


ゆる〜く、参加させてもらってる新生児の帽子編み物ボランティア。今回は水色、男の子用でした。
イメージ 3

私は、カピオラニ病院まで行かないのです。
近くにカピオラニ病院でボランティアしている方がいらして、その方のお家に届けます。
私は、編み物ボランティアなので、家でできるので、それがいいです。
もともと、その方の紹介で始めた編み物ボランティアなのです^^




血液検査の結果ですが、極めて良好。

ヘモグロビンA1cは5.5でした。6ヶ月前と同じ。

でも、今回は、インスリンも薬もなくて、この数値ですから、大満足です。

コレステロールも、数値内に収まっていて、HDL(善玉コレステロール)は増えていてなかなかいい感じです(⌒▽⌒)

こういう数値を見ると、ちょっと気力が充実して来ます。

うん、明日からも調子に乗らず、そこそこ頑張ろう!って。

この記事に

血液検査

12時間の断食を要する血液検査だったので、お腹ぺこぺこで、朝一に血液検査に行ってきました。

ハワイカイ、ストラウブのラボは7:30AMに開きます。

5分ぐらい前に着いたら、もう4〜5人の人がドアの前で開くのを待ってました。

みなさん、シニアの方達でした(^_^;)

一つの項目を除いては明日には結果が出ていると思います。

結果は全部、コンピューターでチェックできるのでありがたいです。

実は、今週金曜日に、またMRI検査があります

術後3ヶ月の経過観察です。



安定剤、処方してもらってます。

なんとか乗り切るしかないですね!

最近はお天気がはっきりしない。曇りがち。雨。ちょっと晴れ。みたいな感じ。

そんな雨がちの日の夕方の青空。

清々しく感じたので、パチリと写真とりました。
イメージ 1



先日、アラモアナセンターへ行った時、LUPISIAによって、買ってきたお茶。
イメージ 2

桜ヴァートは、桜の葉の香りが清々しくて、大好きなお茶。年中取り扱っているわけではないらしいので、見たら買う。

黒豆玄米茶、香りがいいですよね。

コーヒー飲まないので、お茶、あれこれ、楽しんでます。


日本のお茶には、スイーツも和がいいですね。

源吉兆庵で買った栗饅頭。ありがたくいただきます!

イメージ 3

これ、一口くらいの小さいサイズですので、あんまりギルティーに感じることはありません^^;




イースターとほぼ同じ頃、ユダヤ教のパスオーバー(Pass Over)というのがありまして、ニューヨークの甥ちゃんが、パスオーバー用のマッツァとナッツなどのスイーツの詰め合わせを送ってくれました。
イメージ 4

マッツァは、クラッカーみたいなもの。これは直径28センチくらいあります。遠くから送られて来たから、壊れてます^^;
イメージ 6


イメージ 5

パスオーバーは、モーゼが人々を連れて、エジプトを脱出したお話に関係した行事、と簡単にいうとそういうことです。

急いで、脱出をしなければならなかったので、パンを普通に焼く時間がない、つまり、発酵を待ってる時間はないので、発酵したパンなどはこの日は食べない、らしいです。

セーフウェーなどにも、わずかながら、この時期にはパスオーバー用の食品が売られています。

宗教って奥が深い、、、一生かかってもわからないのは当然、、、分かろうとしないのはよくあるけど、憎み合うのはなぁ、、、。


この記事に

編み物男子

編み物する人って、圧倒的に女性が多いとは思いますが、有名なニットデザイナーさんや、編み物好きな男性がたもいらっしゃるんですよね。

昨日、スタバで見かけました。

綺麗なブランケット編んでました。

多分20代後半かな?ぐらいのまだ若い男性。

私でもなかなか外で編むってしないんだけど、その方カフェで、黙々と編んでいました。

趣味って個人的なものですものね、自分が楽しんでいるのが一番!

誰に迷惑かけてるわけでもないので、こんな風に、堂々と編み物している男性、いいですよー!





COSTCOで買ってきたいちご、めちゃ大きいです!

LLサイズの卵が小さく見えます。
イメージ 1

こちらのいちごって、とても硬くて甘みが少ないのですが、これ、
意外と甘くて、そんなに硬くもなかったです。

中まで赤いジューシーないちごでした😋🍓

この記事に

全70ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事