静岡商工新聞

静岡商工会の活動をお届けします http://www.shizuoka-shokokai.jp/ 商工会

全体表示

[ リスト ]


平成30年1月から配偶者控除及び配偶者特別控除が変更されます。

配偶者控除が収入要件で減額

 これまでは配偶者の給与収入103万円以下だと、納税者本人の収入に関わらず配偶者控除が適用されました。
 今回の改正で納税者本人の収入に応じて段階的に控除額が減らされます(表①)。後述する配偶者特別控除にもこの収入条件は適用されます。
 納税者の所得が900万円〜1000万円の方は注意が必要です。
イメージ 1


















年収150万円までは38万円控除

 配偶者特別控除の範囲が拡大されました。
 配偶者特別控除とは、配偶者所得が38万円を境に、急激な税負担の増加を緩和するための制度です。
 改正前は配偶者の給与収入103万円超141万円未満の間で段階的に適用されました。
改正後は、
・配偶者収入103万円超150万円以下までは、配偶者控除と同額の控除が受けられます。
・配偶者収入201万円以下の間で段階的に控除が受けられます(表②)。
配偶者の収入が上がっても控除の適用で、税金の増加が抑えられます。

イメージ 2

























その他注意点

 配偶者の収入が103万円超であれば、これまで同様本人に所得税が課税されてくるので注意が必要です。
 収入150万円まで控除が受けられると、パートの時間を増やしたら自分に税金が掛ってきた、と言う勘違いが生じる心配があります。
 また月々の源泉徴収の扶養家族の要件も変わる場合があります。
 制度が適用されるのは平成30年度からです。今年度は変わりありませんのでご注意ください。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事