静岡商工新聞

静岡商工会の活動をお届けします http://www.shizuoka-shokokai.jp/ 商工会

全体表示

[ リスト ]


件数減少も負債額は増加
 負債総額1000万円以上の企業倒産は259件(前年比34件減)、負債総額は482億900万円(前年比13億6900万円増)であった。一件あたりの平均負債額は約1億8610万円であり、前年の平均負債額1億5990万より2620万増加した。
負債額10億円以上の大型倒産は7件発生し、昨年と比べると1件減少したが、大型倒産の負債総額が前年比80億3100万円増加したことで平均が押し上げられる結果となった。

イメージ 1
今後の見通し
 平成29年の静岡県内倒産状況は、大型倒産の負債額増によって負債総額が増加したが、全体として差異は無く、小康状態が続いていると言える。
 業種別では、建設業やサービス業他、製造業が多くを占める傾向が続いている。人件費及び原材料費の高騰、食料品・日用品の値上げによる個人消費マインドの冷え込みが影響しているものとみられる。 
イメージ 2


そうした要因で消費拡大が進まず、収益改善がみられない中、中小零細企業の経営は楽ではない先も散見され、企業体力が疲弊した状況も垣間見られる。徐々にではあるが景況の回復感はうかがえ、受注拡大への期待がもたれているが、すでに資金逼迫状態にある企業を中心に倒産は避けられないものとみられている。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事