静岡商工新聞

静岡商工会の活動をお届けします http://www.shizuoka-shokokai.jp/ 商工会

全体表示

[ リスト ]

平成30年度各部運動方針案

〜組織部〜
 各地域や会員同士のつ
ながりを深めるために、
様々な活動を考えていま
す。
 まずは6月
29
日の第7
回静岡商工会総代会です。
各地域支部で総会を開き、
成功させるために準備を
していきます。
今年度は代議員改選期となります。新たな代議員を迎え、各地域が活性化出来るように意識し取り組んでいきます。秋の地域懇談会は、今年度も議員さんを呼んで市政・県政の現状や課題等の報告も検討しています。
 青経会の活動においては、今年度も幹事中心のもと、さまざまな企画・
イベントで盛り上げていきます。また新たな幹事を増やして活発な活動に
つなげていきます。
 定着してきた記帳指導は5月から12月まで毎月行い、ステップアップ
につなげられるように工夫をし、多くの会員が参加できるように宣伝して
いきます。
 さらに、今年度も日帰り旅行新年のイベントなど、多くの会員が参加
できる企画を計画し、会員拡大に力を入れて取り組んでいきます。

〜商工事業部〜
 今年も家具メッセに出展します。初めての出展から数えて5回目となり
ます。家具メッセの出展については、家具組合との関係や家具業界支援のために今後も続けていきます。今回の家具メッセについて言えば、商工会を通して出展してきた会員が独自のブースで出展するケースも増え、また会員同士で出展するなど様々な形が増えてきました。商工会を媒介として、家具メッセがさらに発展していけばと思います。
 今年の5月30〜6月3日までの5日間、会員さん・商工会で家具メッセ
に出展しますので、是非ご来館ください。
 今年の商工事業部として力を入れたいのは、様々な人をお呼びして、勉強会を開催していこうと思っています。すでに何人か候補が上がっていますので、会員さんに役立つ勉強会を行っていきます。
 静岡の地場産業の苦戦は今に始まったことではありませんが、しっかりと光をあてていくことは重要性です。年々重要性は増しています。地場産
業見学を行います。

〜市民政策部〜
 一つ目の課題は国民健康保険です。国保が県に移行する初年度となります。様々な問題が表に出てくるのは来年以降かと思われます。今後県の運営協議会とどのように関わって行けるのか、準備が必要です。
 また静岡市に対しても、引き続き我々静岡の零細業者の現実を伝え、県に対して要望を伝えてもらえるよう意見していきます。
 二つ目が消費税です。増税が予定されているのはまだ1年以上先です
が、平成26年の増税とは事務の繁雑さや制度の複雑さには大きな差があります。
 軽減税率インボイス制度が導入されると、直前になって準備していては手遅れになります。制度を知るための勉強会等を考えています。
 今、静岡市や静岡県が何を課題にしているか、我々地元の商工業者は何が課題で、行政の課題にどう関わっていけるか考えていきます。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事