静岡商工新聞

静岡商工会の活動をお届けします http://www.shizuoka-shokokai.jp/ 商工会

全体表示

[ リスト ]

 
 日本政策金融公庫総合研究所の
「全国小企業動向調査(2018年1月〜3月期)」の結果を紹介します。

イメージ 1
   各DIの状況
 今期の業況判断DI(全業種計)は、前回調査(2017年
1012期)に比べてマイナス幅が6・8ポイント拡大し、
今期の売上DIでも、マイナス幅が3・3ポイント拡大、さらに今期の採算D I でも、マイナス幅が8・4ポイント拡大しした。(表1)
 来期見通しでは、「業況判断」、「売上」、「採算」のDIがともにマイナス幅が縮小するとしており、報告書では「小企業の景況は、持ち直しの動きがみられる」としています。

イメージ 2
 業種別の各DIの推移
 業種別のグラフを見ると、「業況判断DI」では、前年比でマイナス幅が拡大したのは飲食店・宿泊業のみ、建設業では唯一のプラスとなっています。 (グラフA)

 「売上DI」では飲食店・宿泊業がマイナス幅の拡大が縮小に転じたことに伴い、すべての業種でマイナス幅が縮小しています。 (グラフB)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事