静岡商工新聞

静岡商工会の活動をお届けします http://www.shizuoka-shokokai.jp/ 商工会

商工会

[ リスト ]


【中小企業・小規模企業白書】

 毎年中小企業庁より発行される中小企業白書・小規模企業白書の2018年版の講演会が静岡県の主催で行われました。
 今年度の両白書のキーワードは「生産性向上」です。中小企業の景況感は改善傾向にあるという評価の中で、大企業との比較で生産性の格差は拡大しています。全国でのアンケート調査の結果に併せて、生産性向上に取り組む中小企業・小規模事業者の事例を紹介し、意欲のある企業へ向けたヒントを提供することを目指した実践的な講演内容でした。
 中小企業白書の中ではここ数年、人手不足が深刻になっている中で、対策としてシニア世代の活によって人手不足の解消に繋げる工夫や、柔軟な勤務形態託児所設置等の工夫による女性従業員の確保の事例などがありました。また、設備投資やIT導入に伴い、業務プロセスを見直すことで様々な効果が生まれ結果として生産性の向上に寄与している実例が紹介されています。
イメージ 1


 中小企業の設備投資においては、緩やかに増加傾向となっていますが、老朽化設備の維持・更新が中心となっている現状から前向きな投資による生産性向上への転換が求められています。
 小規模企業白書の中では、事業者数が減少する中でも規模拡大する事業者や高い生産性を有する事業者があり、09年からの5年で全国の7・1万者が中規模企業に拡大しているという報告がなされています。小規模事業は、経営者に業務が集中してしまうのが常ですが、業務の見直しやIT利活用等を進めることで、経営者の業務効率化につなげることが急務の課題となっています。
 国や自治体の方でも、支援機関の設置や補助金、助成金の充実をさせ、事業承継を含めた生業支援のための施策を提供していますが、小規模事業者にとっては、敷居が高く、意欲はあっても利用をあきらめてしまうケースが見受けられます。白書には全国の悩める事業者が、規模の大小を問わず意欲的に踏み出してみた実例が掲載されています。生産性を高めることを目標とし、事業の見直し、労働環境の整備等をすることによって得られる変化を考えてみる良い機会でしょう。

 商工会では、白書の貸し出しはもとより、事業の見直しをはじめとする機会を一緒に作っていきたいと思いますので是非ご相談ください。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事