静岡商工新聞

静岡商工会の活動をお届けします http://www.shizuoka-shokokai.jp/ 商工会

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 2012年5月、商工新聞の取材に応じてくれ坪内孝介さん。当時は、父親の事業を引き継ぎ、㈱あすなろ設計事務所して歩み始めた頃でした。それから6年。現在も地域のプロフェッショナルとして活動される坪内さんを、再び取材しました。
イメージ 2

人生の大きな買い物

 私たちの生活を支える大きな存在である、家。安心安全を与えると同時に、人生の大きな買い物に数えられるほど高価なものとして、家計に響く存在でもあります。不景気からの回復も実感できず増税もうたわれる現在では、その買い物に二の足を踏む人も決して少なくはないでしょう。家の為に、大好きな趣味を我慢する…子供の大学を断念する…夢を諦める人もいるでしょう。
 そんな中、夢を追い求めながら費用が抑えられる新たな選択肢を提供してくれるのが、坪内さんの”リノベーション”です。

リノベーション

 中古住宅に対し改修工事を行い、建物の機能や価値・暮らしの質を向上させるリノベーションは、坪内さんにとって「お金がないからやる」ことではなく「夢を諦めず豊かな人生を歩む為にやる」こと。
 お化けの出そうな不気味な建物がモダンなモデルルームのようになったり、くたびれてしまった和室が明るくおしゃれな洋風のデザインになったり、その可能性は私たちの想像を超えていきます。更に、費用が新築よりもグッと抑えられることから、まさに夢を叶える新たな選択肢となります。

安心安全な家

 中古住宅を使う上で気
になるのが、買って間も
なく老朽化で壊れてしま
うことです。その点に関
して坪内さんは、まず建
物を細かく検査し、その
中古住宅の問題点を全て
見つけ出します。そして
それらの改修を第一優先に考えます。
 直すべき部分をしっかりと改修し、既存の良い部分を残し、顧客の希望を叶える。こうして、安心で安全な夢のある家が造られていきます。
イメージ 3

㈱あすなろ設計事務所

 3年程前から、オープンハウスに力を入れ始めた坪内さん。その活動は市外にも広がり、年内にいくつもの建物を手がけています。その結果、顧客の増加やリノベーション周知の効果が得られているそうです。
イメージ 4

 「あなたにとって、かな暮らしとは何か」の機会に、㈱あすなろ設計事務所で、考えてみてはいかがでしょう。
イメージ 5
イメージ 6


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事