祝福のそよぎ

風にそよぐ葦のように、聖書からの祝福の風に吹かれるままを記してみます。

全体表示

[ リスト ]

私の魂は私の神にあって喜び躍る。
主は救いの衣を私に着せ、
恵みの晴れ着をまとわせてくださる。
イザヤ書6110

 イエスの言葉:
今飢えている人々は、幸いである。
あなたがたは満たされる。
今泣いている人々は、幸いである。
あなたがたは笑うようになる。
ルカ621

 ヘブル書
1213
 ルカ171119(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句
10/13;金)

 天の神、主が、ご自身の側において、イエスによって、
私たちが大いに楽しみ、喜び躍るようにしてくださっているのだそうです。
わたしたちに救いの衣を着せ、
恵みの晴れ着、正義の外套をまとわせ、
花婿のように栄冠をかぶらせ、
花嫁のように宝玉で飾ってくださるのだそうですから。

園が蒔かれた種を芽生えさせるように、
神である主が義を賛美とを、
すべての国の前に芽生えさせてくださる、のだそうですから。

だから、今、飢えている人、おなかをすかしている人は幸いだ、
今、泣いている人は幸いだとイエスは仰るのですね。

そのままで、イエスを見上げていけば、
イエスご自身で、
私たちを、満ち足りるように、
笑いで満ちるようにしてくださるのだそうですから。

そして、それを経験した多くの人たちが、証人として、
私たちを雲のように取り巻いているのだそうですから。

 だから、私たちも、いっさいの重荷と、まとわりつき、からまりついて来る罪とを、
自分で何とかしようとしないで、
父である神と御子イエスの御前に、
投げ出し、かなぐり捨てていけばいいのだそうです。

罪が出て来るたびに、心に罪を感じるたびに、
父である神を、信仰の創始者であり完成者である、御子イエわスを見上げて、
その御前にかなぐり捨て、受け取ってもらうといいのだそうです(ヘブル121)。

イエスに出会った10人のツァラート(ハンセン病)の人が、遠く離れた所から、
「イエスさま、どうぞあわれんでください」と叫んだように。

そして、いやされて、
そのうちのひとりの外国人は、神をほめたたえ、あがめて、
イエスのところに帰って来て(ルカ17:11〜19)
イエスとともに歩んだように。

 私たちも。
 今日も。
イメージ 1

 
[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
 
<a href="https://www.blogmura.com/point/00697809.html"><imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事