祝福のそよぎ

風にそよぐ葦のように、聖書からの祝福の風に吹かれるままを記してみます。

全体表示

[ リスト ]

主を畏れることは知恵の初め。箴言17

 パウロの手紙:
私たちは、絶えずあなたがたのために祈り、
“霊”によるあらゆる知恵と理解によって、
神の御心を十分に悟るように願っています。
コロサイ書
19

 ルカ
53339
 申命記19113(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句2/13;火)

 天の神、主、「『わたしはある』という者」と名乗られる方を畏敬すること、
愛し、尊敬することは知恵の初め、なのだそうですね。

 私たちも、〔聖である霊〕と呼ばれる方によって心に来る知恵と理解によって、
〔父である神〕の御思いを十分に悟ることが出来るようにしていただけるのだそうです。

 イスラエルにおいては、天の神、主の知恵と御心によって、
今から
3500年ほど前においてさえ、
殺人者が復讐する者の手から逃れ、生きることが出来るよう、
一定の距離のところに、逃れの町を制定していたのだそうです。

 以前からその人を憎んでおらず、
知らずに隣り人を殺してしまった人が生きられるように。

 血の復讐をする者が、憤りに燃え、その殺人者を追いかけ、
道が遠いために、その人に追いついて、打ち殺すようなことがあってはならない。
その人は、以前から相手を憎んでいたのではないから、
死刑には当たらないから(申命記
19113)、と。

 十字架刑での処刑を受けてくださり、墓に葬られ、
三日目に死人のうちより、新しい霊のからだに復活されたイエス。

 そのイエスを通して来てくださる〔聖である霊〕と呼ばれる方は、
私たちの内にも来て、
知恵に満ちた〔父である神〕の御思いを、
私たちの心に置いてくださるのだそうですから。
今日も。

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

<a href="https://www.blogmura.com/point/00697809.html"><imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事