祝福のそよぎ

風にそよぐ葦のように、聖書からの祝福の風に吹かれるままを記してみます。

全体表示

[ リスト ]

 主は、
弱り果てた私を救ってくださる。
1166

 パウロの手紙:
キリストの力が私の内に宿るように、
むしろ大いに喜んで
自分の弱さを誇りましょう。
Ⅱコリント129

 Ⅰコリント14152740
 ヘブル書10118(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句5/22;火)

 天の神、主、
「『わたしはある(I AM)』という者」と名乗られる方は、
弱り果てた、おとしめられた私たちを救ってくださる方、
「わたしの力は、
あなたの弱さのうちに完全に現れる」と言われる方(Ⅱコリント129)。

 それで、パウロは言うのですね。
「キリストの力が私をおおい、
私の内に宿るように、
むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう」、と。

 天の神、主との関係にあっては、
私たちは弱くていい、弱いほどいい、ということでしょうか。

 私たちの、その、弱さの場所に、
天の神、主は来てくださり、
御力をもって覆ってくださるのだそうですから。

 だから、神様との関係においては、
(霊)の貧しい者、
悲しんでいる者、
自分には義がなくって、義に飢え渇いている者は
幸いだって言われるのでしょうね(マタイ536)。

 イエスは、私たちが、
この、神との正しい、あるべき関係に回復されるために、
ただ一度、十字架刑での処刑を受けて、
永遠のいけにえとしてご自分をささげてくださったのだそうです。

 そのご自分の死によって、
「神のひとりのようになり、善悪を知る者になっている」(創世記3522
私たちの〔生まれたときからの私〕という霊を、
処刑済み、死んだもの、としてくださっているのだそうです。

 そのうえで、新しい霊のからだに復活し、
天の父である神の右の座に帰られ、
受け入れる者に、もう一人の助け主、
〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣してくださるのだそうです。

 この方は、私たち一人一人に対する
〔父である神〕の御思いを、
それぞれの心に置き、書きつけてくださって、
受け入れる者が〔父である神〕と同じ思いを思い、
一つ心になるようにし、
私たちを、イエスのからだ、肢体とし、
からだがその人の思うとおりに動くように、
私たちが、〔父である神〕がしようと思われることをしていく者に
してくださるのだそうです(ヘブル10118)。

 それで、受け入れる者には、
〔父である神〕の愛の思いが来るようになり、
その愛において、
〔聖である霊〕と呼ばれる方がされるとおりに(使徒24)、
異言でもって人々に語るようにもなり、
預言をするように
もなるのだそうです。

 けれども、
「神のひとりのようになりたい」私たちの〔生まれたときからの霊〕は、
その〔聖である霊〕と呼ばれる方の働きの現れである
異言や預言をもってさえも、
自分が他の人よりも霊的になった、
神のひとりに近くなったと誇り、
これ見よがしに人に誇示するようになってしまうのですね。

 パウロは、そのようになり、混乱しているコリントの集まりに対して、
〔聖である霊〕と呼ばれる方は、
愛をもって、お互いの徳を高めるよう、
適切に、秩序をもって働いてくださる方ですよと

諭しているのですね
(Ⅰコリント14152740

 そのような、
神様の働きを自分の栄光にすり替え、
受け取り違いをしてしまう私たちですが、
それでも、〔聖である霊〕と呼ばれる方は、
私たちの心に〔父である神〕の御思いを置き、書きつけて、
私たちが〔父である神〕と一つ心になって歩むよう、
働いてくださるのだそうです。
私たち
の弱り果て、自分の死を受け取っている場に。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事