祝福のそよぎ

風にそよぐ葦のように、聖書からの祝福の風に吹かれるままを記してみます。

全体表示

[ リスト ]

 彼(主の僕)が刺し貫かれたのは、
私たちの背きのためであり、
彼が打ち砕かれたのは、
私たちの咎のためであった。
イザヤ書53:5

 私たちが神を愛したのではなく、
神が私たちを愛して、
私たちの罪を贖
(あがな)ういけにえとして、
御子をお遣わしになりました。
ここに愛があります。
Ⅰヨハネ4:10

 ヨハネ6:37〜40(41〜46)
 アモス書7:10〜17(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句6/15;金)

 天の神、主、
「『わたしはある(I AM)』という者」と名乗られる方は、
「さあ、人を造ろう。
われわれのかたちとして、
われわれに似せて」(創世記1:26)、と仰られ、

 〔父である神〕、〔御子である神〕、〔聖である霊〕と呼ばれる神が、
愛において、自由意思で、自発的に一つとなっておられる、
その一つに加わり、
愛において、自由意思で、自発的に、
ご自身と心を一つにし、
存在を一つにし、行動を一つにする者を、と願われて
私たち人間を造られたのだそうです。

 けれども、最初の人、アダムとエバは、
その、愛における神との一つの場にとどまることをせず、
もっと立派な者になろうとし(創世記3:5)、
自分一人の理性の判断で事の善し悪しを決めていく者、
「神のひとりのようになり、
善悪を知るように」なった(創世記3:22)のだそうです。
天の神、主に背き、対立、対抗する、
創造の目的から「的外れ」の者に。

 それで、愛と言っても、
その「神のひとりのようになり、善悪を知るようになった」私たちからは、
自分中心の、自分勝手な、
相手を自分の思うとおりに支配しようとする愛しか、
出て来ないのですね。

 ですから、この、「生まれたときからの私」のままで、
いくら、神を、人を愛しようとしても、
それは、天の神、主が願っておられる愛ではなく、
自己中心の、自分勝手な愛でしかないのだそうです。

 天の神、主は、そのような「的外れ」になった私たちを、
なお、愛し、
求め続けてくださって、
エルサレムのごみがゲヘナの谷で焼却されていたように、
私たちを焼却処分することを善しとしないで、
創造の目的のとおりに回復しようと計画してくださったのだそうです。

 〔父である神〕は、
〔御子である神、独り子である神〕を、
人間イエスとして、人の世に派遣し、
この方を私たちすべての人間の身代わりとして立て、
この方を、神に呪われた者として十字架刑で処刑することで、

 私たちの、
「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになっている
〔生まれたときからの私〕という霊を
処刑された者、死んだものと手続きしてくださるのだそうです。

 そのうえで、〔父である神〕は、
この、イエスによる「死」を受け入れる者に、
イエスを通して、
もう一人の方、〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣してくださって(ヨハネ14:16)、
受け入れる者に「神の子」の身分を与え(ロマ8:15)、
一つ家族の者とし、

 この方の働きで、
受け入れる者の心に、
ご自身が私たち一人一人に思っておられる御思いを置いて、
受け入れる者がご自身と同じ思いを思い、
一つ心になるようにしてくださるのだそうです(エレミヤ32:31〜34、エゼキエル36:25〜28、ヨハネ17:21〜22)。
善悪の判断をご自身と一つにする者にと。

 だから、イエスが、むち打ちの刑を受け、
十字架に架かり、
死んだことを確認するため、
ローマ兵によって脇腹から槍で突き刺されたのは、
私たちの咎、「的外れ」から回復させるための、
〔父である神〕のご計画の出来事であった、というのですね。

 私たちの〔生まれたときからの私〕という霊からは、
神を愛する思いは出て来ません。

 けれども、神は私たちを愛し続けていてくださって、
〔御子である神〕イエスによって、
私たちの、この、〔生まれたときからの私〕という霊を、
死んだもの、処刑されたものとしてくださって、
〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣してくださり、

 受け入れる者がご自身と一つ思い、一つ心になり、
一つ家族としての語らいの中を生きる、
「永遠のいのち」を生きるようにしてくださるのだそうです。
終わりの日によみがえる」者ともして(ヨハネ6:37〜46)。

  羊を飼い、いちじく桑の木を栽培していたアモスを呼び出し、
北イスラエル王国に対する預言をする者にされた、
天の神、主は(アモス7:14〜17)、

 私たちをとおしてしようと思われる
愛の業、祝福の業を、
私たちの今、置かれているそれぞれの場で現してくださるのだそうです。

 十字架刑で処刑されたイエスを通して来てくださる
〔聖である霊〕と呼ばれる方によって。
今日も。

  (近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1





この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事