祝福のそよぎ

風にそよぐ葦のように、聖書からの祝福の風に吹かれるままを記してみます。

全体表示

[ リスト ]

 主 は、
恵みの倉である天を開いて、
季節ごとにあなたの土地に雨を降らせ、
あなたの手の業すべてを祝福される。
申命記28:12

 私たちは皆、
この方の満ちあふれる豊かさの中から、
恵みの上に、さらに恵みを受けた。
ヨハネ1:16

 ミカ書7:7〜9、18〜20
 アモス書9:11〜15

 天の神、主、
「『わたしはある(I AM)』という者」と名乗られる方は、
ご自身の満ちあふれる豊かさの中から、
私たちを恵み、
さらに恵もうとしておられる方。
天の窓を開いて、季節に従って雨を降らせて、地を潤し、
作物を育て、実らせてくださる方。
私たちの手の業すべてを
祝福しようとしていてくださる方なのだそうですね。

 たとえ、私たちが今、倒れていても、
暗闇にすわっていても、
天の神、主の激しい怒りを身に受けていても、
〔父である神〕は、
イエスの義において私たちを裁いてくださるのだそうです。

 だから、私たちは、この方を仰ぎ見、
救いの神として待ち望むといいのだそうです。
この方は、イエスによって、
私たちの願いを聞いてくださる方なのだそうですから。

 この方は、
イエスが受けてくださった十字架刑での処刑を私たちに適応し、
私たちの咎(とが)、背きの罪を、処罰済みとして、
見過ごしてくださり、
いつくしみを喜んで下さるのだそうですから(ミカ7:7〜9、18〜20)。

 「その日、
わたしは、ダビデの倒れている仮庵を起こし、
その破れを繕い、その廃墟を復興し、
昔の日のようにこれを建て直す。

 見よ。その日が来る。
山々は甘いぶどう酒をしたたらせ、
すべての丘もこれを流す。
わたしはわたしの民イスラエルの繁栄を元どおりにする。
彼らは荒れた町々を建て直して住み、
ぶどう畑を作って、そのぶどう酒を飲み、
果樹園を作って、その実を食べる。

 わたしは彼らを彼らの地に植える。
彼らは、わたしが与えたその土地から、もう引き抜かれることはない」
と天の神、主は、仰せられる(アモス9;11〜15)のだそうですから。

この方は、私たちを恵み、
さらに豊かに恵もうと思っていてくださるのだそうですから。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

 
[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
 
<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事