祝福のそよぎ

風にそよぐ葦のように、聖書からの祝福の風に吹かれるままを記してみます。

全体表示

[ リスト ]

 主はその偉大な御名のゆえに、
ご自分の民を
決しておろそかにはなさらない。
サムエル記上12:22

 あなたがたは、
私たちの主イエス・キリストの恵みを
知っています。
主は豊かであったのに、
あなたがたのために貧しくなられた。
それは、主の貧しさによって、
あなたがたが豊かになるためだったのです。
Ⅱコリント8:9

 ヨナ書3:1〜10
 ホセア書2:4〜15(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句6 /23;土)

 天の神、主、
「『わたしはある(I AM)』という者」と名乗られる方は、
ご自分の民をおろそかにはなさらない方なのだそうですね。
ご自分の名にかけて。

 私たちを豊かにするために、
〔御子である神〕ご自身が、天の神の子の位を後にして、
人となり、人の世に来られ、
しかも、王宮にでもなく、
エルサレムにでもなく、
「ナザレから何の良い者がでるであろう」と言われていた、ナザレの
貧しい大工の子として育たれたのだそうです。

 そして、人生の真っ盛り、33歳の頃、
神に呪われた者として十字架刑での処刑を受けられるところまで、
低く、貧しくなってくださったのだそうです。

 そのことによって、私たちの、
「神のひとりのようになり、善悪を知るようになっている」、
神にそむき、神に対立、対抗している、
「的外れ」になってしまっている、
〔生まれたときからの私〕という霊を、
処刑が終わっているもの、
死んだものとしてくださるのだそうです。

 そのうえで、もう一人の助け主(ヨハネ14:16)、
〔聖である霊〕と呼ばれる方が受け入れる者に来てくださって、
私たちの心に
〔父である神〕の御思いを置いてくださり、
受け入れる者が、
〔父である神〕と思いを同じくし、
心を一つにする者にしてくださるのだそうです。

 神の子の身分を与え、
神の家族として天の御国を受け継ぎ、
イエスと栄光を共にする者にしてくださるのだそうです。

 だから、滅ぼさなくて済むように、
このイエスによる救いを受け取ってほしいのだそうですね(ヨナ3:9〜10)。

 恋人の後を追って行った女が、
「私は行って、初めの夫に戻ろう。
あの時は、今よりも私は幸せだったから」と言うように(ホセア2:9、新改訳2:7)。

 天の神、主の豊かさの中へ。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

 
[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
 
<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事