祝福のそよぎ

風にそよぐ葦のように、聖書からの祝福の風に吹かれるままを記してみます。

全体表示

[ リスト ]

 互いに重荷を担いなさい。
そのようにしてこそ、
キリストの律法を全うすることになるのです。ガラテヤ書6:2(6/24の週の聖句)

 神の御名をたたえよ、
世々とこしえに。
知恵と力は神のもの。
ダニエル書2:20

 洗礼者ヨハネの言葉:
天から与えられなければ、
人は何も受けることができない。
ヨハネ3:28

 ルカ6:36〜42
 詩58(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句6/24;Ⅳ日曜)

  私たちの持っているものは、
私たち自身の存在も含めて、全部、
天から与えられたもの、
〔父である神〕の御思いから出ているのだそうです。

 天の神、主、
「『わたしはある(I AM)という者」と名乗られる方は、
私たち一人一人に、
綿密な計画を立てておられるのだそうです。
祝福の計画を。
ご自身の知恵と力をもって。

 だから、この、
「神のひとりのようになり、善悪を知るようになって」(創世記3:5、22)、
天の神、主に背き、
この方に対立、対抗している
〔生まれたときからの私〕という霊を、
イエスが受けてくださった十字架刑での処刑で、
処刑されたもの、死んだものとしていただき、

 このイエスを通して来てくださる
〔聖である霊〕と呼ばれる方をお迎えし、
この方が心に置いてくださる
〔父である神〕の御思いによって生きていくとき、
私たちは、神のご計画に沿った、
意義のある、幸せな今日を生きることになるのだそうです。

 私たちの、
〔生まれたときからの私〕と言う霊から来る思いは、
自分を人よりも上に置かなければ気が済まず、
人を自分の善悪の判断のとおりに動かそうとし、
善いものをすべて、独占しようとする思いなのですね。

 でも、〔聖である霊〕と呼ばれる方が私たちの心に置いてくださる
〔父である神〕の御思いは、
相手を大切に思い合い、
互いに、相手の重荷を負い合おうと思う思いなのだそうです。

 あわれみ深い、
人を「あの人はダメな人だ」とさばいて、断定し、
罪に定めることなく、
赦していく思い、
人に与えていこうと思う思いなのだそうです。

 天の神、主は、
知恵と力を、
そして、生きていくのに必要なもの、すべてを、
量りをよくして、
押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、
私たちに与えたいと思っていてくださるのだそうですから(ルカ6:36〜38)。

 この新しい週も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

 
[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
 
<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事