祝福のそよぎ

風にそよぐ葦のように、聖書からの祝福の風に吹かれるままを記してみます。

全体表示

[ リスト ]

 私たちにではなく、
主よ、私たちにではなく、
あなたの御名こそ、
栄え輝きますように。
あなたの慈しみとまことによって。
詩115:1

 天におられる私たちに父よ、
御名が崇められますように。
マタイ6:9

 ヨハネ1:19〜28
 ホセア書3:1〜5(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句6/26;火)

 〔御子である神〕も、
〔聖である霊〕と呼ばれる神も、
自らも、全知、全能、永遠不変の方でありながら、
ご自分の栄光を求めることはせず、
自分の思いが成ることを求めず、
〔父である神〕への愛のゆえに、
ただ、ひたすら、〔父である神〕が崇められること、
〔父である神〕の御思いが成ることだけを求めておられるの方なのですね(ヨハネ5:19、6:38、8:28、12:50、16:13〜14)。

 「神のひとりのようになり、善悪を知るように」なっている
私たちの〔生まれたときからの私〕という霊は、
天の神、主に対抗して、自分の栄光を求め、
自分独りの善悪の判断のとおりに事を行って行こうとする者です。

 その、私たちの〔生まれたときからの私〕という霊を、
私たちは、イエスが受けてくださった十字架刑での処刑で、
処刑されたもの、死んだものとしていただけるのだそうです。

 そして、そのイエスを通して来てくださる〔聖である霊〕とお迎えしたとき、
この方によって私たちの心に来る思いは、
〔御子である神〕、〔聖である霊〕と呼ばれる神の御思いと同じく、
〔父である神〕を愛する思い、
〔父である神〕の御名が崇められることをひたすら願う思い、なのだそうです。

 それで、私たちも、
イエスが弟子たちに教えられたように、
「天におられる私たちの父よ、
御名が崇められますように」と願うようになるのですね。

 バプテスマのヨハネが、活動を始めたとき、
人々は、この人こそキリストと期待したのだそうです。
あるいは、旧約時代の最大の預言者エリヤの再来、
あるいは、モーセが預言していた「あの預言者」か、と。

 しかし、バプテスマのヨハネは、
人々の期待に便乗して自分の栄光を求めることはせず、
自分を遣わされた方の御思いのとおりの分を守り、
自分は、キリスト出現の前に道を整えるために遣わされた者、
「私はその方のくつのひもを解く値打ちもありません」という場を守り、
イエスが栄光を受けられることを求めて行ったように(ヨハネ1:19〜28)。

 天の神、主、
「『わたしはある(I AM)』という者」と名乗られる方は、
「神のひとりのようになり、善悪を知るようになって」
自分の理性を神とし、
自分の理性による善し悪しの判断のままに、
自分の好む神を作って行く、
「的外れ」になった私たち、

 夫に愛されていながら、
姦通している女のような私たちを
なお、愛してくださって(ホセア3:1〜5)、

 立ち返って、ご自分の「子」、家族に、
自分と心を一つにする者になって
自分と栄光を共にする者になってほしいと
願っていてくださるのだそうですから。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

 
[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
 
<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事