祝福のそよぎ

風にそよぐ葦のように、聖書からの祝福の風に吹かれるままを記してみます。

全体表示

[ リスト ]

 主は正義の神。
なんと幸いなことか、
すべて主を待ち望む人は。イザヤ書30:18

 あなたがたは、
御子が正しい方だと知っているなら、
義を行う者も皆、
神から生まれていることが分かるはずです。
Ⅰヨハネ2:29

 黙示録3:1〜6
 ヨハネ5:9b〜18( 通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句7/14;土)

 天の神、主、
「『わたしはある(I AM)』という者」と名乗られる方は言われます。
「ああ、反逆の子ら。
彼らははかりごとをめぐらすが、
わたしによらず、
同盟を結ぶが、
わたしの霊によらず、
罪に罪を増し加えるばかりで、
わたしの指示を仰ごうとしない(イザヤ30:1〜2)。

 彼らは反逆の民、うそつきの子ら、
主のおしえを聞こうとしない子らだから。
彼らは予見者に、『見るな』と言い、
先見者にはこう言う。
『私たちに正しいことを預言するな。
わたしたちの気に入ることを語り、
偽りの預言をせよ。
道から離れ、小道からそれ、
私たちの前からイスラエルの聖なる方を消せ』。

 あなたがたはわたしの言うことをないがしろにし、
しいたげと悪だくみにより頼み、
これに頼った(9〜12)。」

 天の神、主から、
「われわれのかたちとして、われわれに似せて」
と望まれて造られていながら(創世記1:26)、
それで満足せず、
「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになっている(創世記3:5、22)
私たちの〔生まれたときからの私〕という霊から出て来る思いは、
このようでしかないようです。

 私たちの造り主である天の神、主、
「『わたしはある(I AM)』という者」と名乗られる方は、
私たちがそういう者であること、
私たちに期待できないことをよくご存じであられ、
ご自分の側で、一方的に、
「それゆえ、
主は、あなたがたに恵もうと待っておられ、
あなたがたをあわれもうと立ち上がられる」のだそうです(18)。
ご自身の正義をもって。

 だから、幸いなのだそうです。
この方を待ち望むすべての人は。

 〔父である神〕は、〔御子である神〕を、
アダムのこの背き、「的外れ」の性質を受け継がない
「女の子孫」(創世記3:15)、
人間イエスとして人の世に派遣し、
この方を私たち、すべての人間の身代わりとして立て、
神に呪われた者として木に架け、
十字架刑で処刑されたのだそうです。

 そして、この、イエスの処刑を、
私たちの〔生まれたときからの私〕という霊の処刑としてくださり、
私たちの、
「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになっていて、
天の神、主に背き、
逆らい、
対立、対抗する
〔生まれたときからの私〕という霊を
処刑が終わったもの、
死んだものとしてくださるのだそうです。

 そのうえで、
この墓に葬られたイエスを、
三日目に死人のうちより新しい霊のからだに復活させ、
40日に渡って何度も弟子たちに現れさせ、
神の国のことを語らせたあと、
オリーブ山で、弟子たちが見守る中、雲に迎えられ、
ご自分の右の座に帰らせなさったのだそうです。

 そして、このイエスを通して、
もう一人の助け主、
〔聖である霊〕と呼ばれる方を受け入れる者に派遣し、
この方によって、私たちの心に、
ご自身が私たち一人一人に思っておられる御思いを置き、書きしるし、
受け入れる者がご自身と同じ思いを思い、
一つ心になって、
ご自身がしようと思われることを、
私たち一人一人がするようにしてくださるのだそうです(エレミヤ31:31〜34、エゼキエル36:25〜28)。

 「わたしはわたし自身からは何事もせず、
ただ父がわたしに教えられたとおりに、
これらのことを話している」(ヨハネ8:28)と仰られた、
御子イエスと同じ在り方に。
「われわれのかたちとして、われわれに似せ」られた者に。

 それで、私たちが、
神の御子、イエスが「正しい方」、
その目的、思想、行動において、
〔父である神〕の御心に沿っている方であることを
知っている、認める、確認しているなら、

 「義を行う者」、
イエスと同様に〔父である神〕の御心を行なう者(詳訳聖書による)は皆、
イエスを通して来てくださっている
〔聖である霊〕と呼ばれる方によっている、
〔聖である霊〕と呼ばれる方によって
新しく生まれた者である(ヨハネ3:1〜8)ことも分かる(Ⅰヨハネ2:29)、というのですね。

 私たち、自分の理性を神とし、
自分の理性の善悪の判断で流されて行きやすい者ですが、
初めから聞いたことにとどまり(Ⅰヨハネ2:24)、

 自分では生きているつもりでいても、
実は死んでいる」状態に陥りやすい者であることを認めて、
どのように受け、また聞いたのかを思い出し、
それにとどまり、
立ち返りながら歩むように、
と勧められているのですね。
勝利を得る者は、白い衣を着せていただき、
イエスとともに歩むのだそうですから(黙示録3:1〜6)。

 イエスが、
「わたしの父は今に至るまで働いておられます。
ですからわたしも働いているのです」
と言われたように(ヨハネ5:17)、
私たちも、
イエスが派遣してくださる〔聖である霊〕と呼ばれる方が心に置いてくださる
〔父である神〕の御思いに沿って動いてみるのですね。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

 
[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
 
<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事