祝福のそよぎ

風にそよぐ葦のように、聖書からの祝福の風に吹かれるままを記してみます。

全体表示

[ リスト ]

 御前に進み、
感謝をささげ、
楽の音に合わせて喜びの叫びを上げよう。
主は大いなる方。9523

 忍耐と慰めの源である神が、
あなたがたに、
キリスト・イエスに倣って互いに同じ思いを抱かせ、
心を合わせ、声をそろえて、
私たちの主イエス・キリストの神であり、
父である方を
たたえさせてくださいますように。ロマ書1556

 使徒14818
 黙示録217(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句10/13;土)

  詩篇の作者はうたいます。
さあ、主に向かって、よろこび歌おう。
われらの救いの岩に向かって、喜び叫ぼう。
感謝の歌をもって、御前に進み行き、
賛美の歌をもって、主に喜び叫ぼう。
主は大いなる神であり、
すべての神々にまさって、大いなる王である。

 地の深みは主の御手のうちにあり、
山々の頂も主のものである。
海は主のもの、主がそれを造られた。
陸地も主の御手が造られた。

 来たれ。私たちは伏し拝み、ひれ伏そう。
私たちを造られた方、
主の御前に、ひざまずこう。
主は私たちの神。
私たちは、その牧場の民、
その御手の羊である(詩篇9517新改訳)。


 〔聖である霊〕と呼ばれる方は、
イエスの十字架刑での処刑と
死者の中からの復活を通して私たちに来てくださり、

 処刑済み、死んだものとしていただいた、
「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになっている、
私たちの〔生まれたときからの霊〕に代わって
私たちの新しいいのちとなってくださり、

 〔父である神〕の、
私たち一人一人に対する御思いを、
私たちそれぞれの心に置いてくださるのだそうですから。


 それで、対立するばかりの私たちも、
この方によって同じ思いを心に抱くようになり、
心を合わせ、声をそろえて、〔父である神〕をほめたたえる思いで、
心が満ちるようにしていただけるのだそうです。

 天と地と海とそのなかにあるすべてのものをお造りになり、
恵みをもって、天から雨を降らせ、
実りの季節を与え、
食物と喜びで私たちの心を喜ばせてくださる方を(使徒141517)。


 そして、私たちをとおしても、
〔父である神〕のお心のとおりに、
生まれつき足がなえていて、歩いたことのない人を、
飛びあがって、歩き出すようにもし(使徒1489)、

 私たちを初めの愛にとどまり続けさせ、
神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べるようにも(黙示録217
してくださるのだそうですから。

 賛美の中で、
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

 
[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
 
<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事