シューリパブリック マーキュリー

ブログは引っ越しました。新アドレスはhttp://blog.shoe-republic.com/です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全111ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

8月の採寸予約は・・・

みなさん、こんにちは。

8月の採寸の日程ですが、ブログの引越しに伴って、こちら・・・

 http://blog.shoe-republic.com/?cid=56234 

にアップしました。


新しいブログにも、ぜひお越しください。

お待ちしております。



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのホームページはこちら http://shoe-republic.com/

今日のお客様

イメージ 1

今日のお客様は、Kさんです。

じつは、Kさんは3月に恵比寿のリファーレさんにて開催したイベントの時にご注文をいただいたお客様で、リファーレさんから納品された靴をシューリパブリックまで見せにいらしてくださったのです。

本当に遠いところをありがとうございました。


今日は、Kさんとゆっくりお話ができました。

リファーレさんでお会いした時にも、「波長の合いそうな方」という印象がありましたが、今日ゆっくりとお話してみて、改めてそれを実感しました。

とても表現が難しいのですが、Kさんは「幸せ」というテーマに対するKさん流の答えをお持ちで、それは周りに流されることのないとてもユニークな考えなのです。

例えば、kさんが幸せを感じるのは、自然の緑に囲まれてのんびり散歩をしたり、または読書をしたり、それは誰かの真似ではなくKさんが素直に幸せを感じる時なのです。


そのようなKさんの靴に対する考えは、「足元はしっかりとしていること」です。

有名な看板を掲げているものより、雑誌に取り上げられて注目を集めているものより、とにかくちゃんと作られているものを良しとするのです。

Kさんは、私たちのブログをご覧になって、靴に対する考えに共感していただき、お客様となってくださったのでした。

なので、波長が合いそうと感じたのかもしれません。


実際に靴を履いていただいた感想は・・・

履いて数分の時は、「靴がしっかりとしていますね」というコメントでしたが、その後20分くらい過ぎたあたりから・・・

「あっ、さっきよりも足に合ってきている!!!」といった具合で、さらに1時間が過ぎた頃には・・・

「どんどん足に吸い付いてくるように変わってきている!!!!!」と驚いていらっしゃいました。


シューリパブリックの靴を履かれたことのある方なら、この感覚を覚えていらっしゃると思いますが、完成の後、初めて履く時はみるみる靴が変化しているのを実感できるのです。

不思議ですよね。

ハンドソーン+ハンドラスティングのほかに、ちょっとした工夫で独自のフィット感を実現しているのです。

初めの数十分の変化は、とても不思議ですよね。


そんなKさんと、本当にゆっくりとお話をすることができました。

野菜の話や、お仕事の話も、とても楽しかったです。


またお会いできるのを楽しみにしております。

今日は、本当にありがとうございました。


靴のスペック

デザイン:チャッカブーツ(3穴)

レザー: キップ

ソール: ダイナイトソール

ラスト: SRA(マイサイズラスト+調整)

製法: ハンドソーンウェルテッド



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのホームページはこちら http://shoe-republic.com/

開く トラックバック(2)

ブログ引越しします

いつもたくさんの方にお越しいただいておりますこのブログですが、7月より引越しすることに致しました。

新しいブログのURLは、こちらです。


http://blog.shoe-republic.com/


7月1日からスタートします。

でも、じつはもう既に動いているのですが・・・


引き続き、たくさんの方々のお越しを、心よりお待ちしております。



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのホームページはこちら http://shoe-republic.com/

今日のお客様

イメージ 1

イメージ 2

今日のお客様は、ブランメルさんです。

ご注文をいただいていた靴が完成しましたので、納品&フィッティング確認の為にお越しいただきました。

ブランメルさんがご注文をいただいたのは3月で、通常でしたら7月に納品というスケジュールなのですが、3月にご注文をいただいたお客様が多いことと、7月には2つのイベントが予定されているため、納品の時間がなくなってしまう可能性があるので、ちょっと前倒しで納品のご連絡をさせていただきました。


そんなわけで、昨日ご連絡さしあげて早速お返事をいただいたブランメルさんが今日納品になりました。

今回の靴が3足目になります。

ブランメルさんは、とにかくオシャレな方で、70年前のイギリスのスーツをオークションで購入したり、マントを着ていらっしゃったりという具合なのです。

またそれがとってもよくお似合いなので、私もそんなブランメルさんのご希望にお応えできるように、靴の雰囲気をブランメルさんらしく作ってみました。


ブランメルさんに履いていただいたところ・・・

「作るたびに完成度が上がっています。今回の靴はとてもシャープに見えてとても良いです!」

という感想でした。


私も、ブランメルさんの雰囲気にとてもよく合っていると思いました(自画自賛ですが・・・)。


オックスフォードのブーツということで、脱ぎ履きがちょっと面倒かもしれませんが、それも心配していたほどではなく、結果的にOKでした。


でも、このブーツの一番良い所は、横から見たときのシルエットです。

その点は、かなり頑張りましたよ。


本当に気に入っていただけて良かったです。

またしばらく履かれたら、ご感想などをお送りください。

楽しみにしております。



靴のスペック

デザイン:セミブローグブーツ(7穴)

レザー: キップ

ソール: ダイナイトソール

ラスト: SRB(マイサイズラスト+調整)

製法: ハンドソーンウェルテッド



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのホームページはこちら http://shoe-republic.com/

私はそう思います。

ロックは、音楽で表現する自己の主張です。

かつて観た映画「スクール オブ ロック」でもジャックブラック演じるS先生がそう言っていました。


モノつくりも、ただ何かを作りたいのではなく、自分はこんなものを作りたいという自己の主張があってこそだと思います。

つまり、精神はロックなのです。

今あるものじゃ物足りないとか、もっとこんなものを作ってみんなに使ってほしいという主張が必要なのです。

そうでないと、わざわざ作る意味がありません。


あの有名なランボルギーニの創設者は、所有していたフェラーリの度重なる故障にに不満を持ち、もっとすばらしいクルマを作ろうと自らフェラーリを超えるクルマを開発したという話があります。

とてもロックな話だと思いませんか?


私たちシューリパブリックも、ロックスピリットを持っています。

「すべての人々にもっと靴に関心を持ってもらいたい。」

「靴が健康に大きく影響を及ぼすことを知ってほしい。」

「足に合った靴がどれほど快適なのかを知ってほしい。」

「そのような靴をたくさんの方に日常に履いてほしい。」

「そのような目的を持ってシューリパブリックは日々がんばっていることを知ってほしい。」


ちょっとでも関心があれば、ぜひ耳を傾けてください。

きっとあなたにとってプラスになるはずです。



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのホームページはこちら http://shoe-republic.com/

全111ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事