将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

 10月11日、東京大学本郷キャンパスにおいて、一般社団法人情報処理学会が開発したコンピュータ将棋ソフト

「あから2010」と清水市代女流王将の対戦は、86手で「あから2010」が勝った。

 将棋ソフト側は、大喜びしている様子だが、1局だけ指して、勝ったと喜ぶのは早計だし、

対局を引き受けた清水に対して失礼だ。

 大体から、この対局は、プロ対アマと同じように、プロ側が精神的に不利なのだ。

 従って、将棋ソフトが今やアマトップクラスなら、10局戦えば、3局ぐらいは勝って当たり前。


 3年前、将棋ソフト「ボナンザ」との対戦を多くの棋士が嫌がった。

 自分が負けるとは思っていないのだが、アマトップクラスとなると、不覚をとる可能性はある。


 人間側は負けると失うものが大きい。

 勝っても、得るものはない。

 将棋ソフト側は、負けても失うものは無く、勝てば得るものが大きい。

 遊びで指すか、駒落ちのハンデキャップ戦ならいざ知らず、不公平だ。


 それを百も承知で引き受けた清水女流王将。

 その気概、 「 あっぱれ! 」 と絶賛したい。

 敗れた清水女流王将は、

 「 将棋ソフトの弱点を突く指し方にするかどうか、対局直前まで悩んだが、

 結局、私らしい将棋を指すことにした。 」

と、言うような意味のことを対局後に語っていた。

よって、清水女流王将に再戦の機会設け、五番勝負にするべきだ、と思う。



【関連記事】


閉じる コメント(2)

顔アイコン

次は羽生さんと五番勝負すべきです。別に怖がることないと思います。チェスの競技人口は将棋の100倍ですが誰(チャンピオンでさえ)も市販のコンピュータソフト(コンピュータも市販のもの)に勝てません。だからと言ってチェスは全く廃れていません。
もし人間側が勝てる?としても今だけだと思います。近い将来誰も勝てなくなることは容易に想像できます。

2010/10/17(日) 午後 7:06 [ zha*g*iyi02*8 ] 返信する

顔アイコン

別に怖がってはいません。今は、奨励会三段で十二分に勝てます。何故なら、将棋ソフトのデータベースは所詮プロの棋譜を基にしているだけだからです。しかし、清水女流王将と五番勝負する方がプログラマーにとっては得るものが多いはずです。

2010/10/25(月) 午後 0:51 [ 銀桂一行 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事