将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

昔の女友達の写真があったので、掲載する。

モデルをしており、撮影が終った後にプライベート用に撮って貰った写真とのこと。

もう、四十年も昔の写真だ。

だから、当然、彼女は、今。

おばあちゃんである。(笑)


彼女には、歴とした「 彼 」が居た。

だから、私とは、友達だった。


イメージ 1


まあ、正直に告白すると、私は彼女に一目惚れしていた。

いや、一目惚れしていたのだと思う。

なぜ、断定できないかと言うと、それに気付いたのが、随分遅かったからだ。

私のような田舎モンからすると、高嶺の花だったので、無意識のうちに諦めていたのだ。


彼女は、鼻っ柱が強く、年上の私にもタメ口だった。

二人で話すときも、終始気圧されていた。


ただ、「 彼 」が出来る前に、小さな事件が起こった。

私は、随分後になって、

ああ、もしかして、あれは事件だったのか

と悟ったのだが・・・


イメージ 2


阪急沿線に、私が、しばしば、立ち寄る友達のブティックが在った。

ある日の夕方、そのブティックで、偶然、彼女と出会い、帰りに、近くの喫茶店に入った。

確か、「 キリマンジャロ 」というコーヒー専門店じゃあなかったろうか。


奥の小さなテーブル席に向い合せで座る。

彼女は、足を組み、細長い二本の指にタバコを挟んで、いつものように、気取って吸った。


世間話を少しした後、彼女はポーチから板チョコを取り出して、テーブルに置き、私のほうへ滑らせた。

そして、

「 あげる 」

と、一言だけ。


特に美味しそうなチョコレートでは無さそうだ。

パチンコの景品で沢山取ったから、皆に配っているのだろう、と直感した。

それに、チョコレートを食べたい気分ではない。


だから、私は、面倒臭そうな表情( 今でも憶えているほど )を浮かべて

「 要らん 」

と、彼女へ突き返した。


簡単に「 あっ、そう 」と仕舞うだろうと予想していたのに、気の強い彼女は、引き下がらない。

たとえ相手が男でも、自分の主張は通す、と言わんばかりの口調で、

「 ええやん。取っときいや 」

と、再度、板チョコを押してきた。


気の弱い私は、渋々受け取った。

くれる理由を彼女に聞きもせず。

今から考えると、くれる理由自体よりも、なぜ私は彼女に訊ねなかったのか、その方が不思議だ。


ところが、何日か経って、ふと、気付いた。

あの日は、バレンタインデーだったのではないか、と。


しかし、まさか、彼女がバレンタインチョコをくれるはずが無い。

大体から、あの日に出会ったのも、偶然だし、・・・友達皆に配った一枚に違いない。

( この当時、未だ「 義理チョコ 」の言葉は無かった。 )

そう一人で考え、納得していた。

何一つ、疑問に思わず、次に出会ったとき、憶えてすらいなかった。


と、まあ、私の勘違いかも知れない自慢話である。


【追記】

もう、四十年も昔の写真だから、本人以外誰も判らないだろう。

彼女は、さんさんタウン(阪急塚口駅前)1番館1階の「ジュン&ロペ(Jun & Rope)」の店員だった。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事