将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

前回は、三段リーグを突破し、四段昇段を果した人の在籍期間を調べた。

では、残念ながら退会に追い込まれた人達の在籍期間は、どうだったのだろうか?

今回は、これがテーマである。


退会者の在籍期間別人数を円グラフにした。


イメージ 1


〈 グラフ説明 〉
1期〜6期で14人。23%。約2割を占める。
1期〜11期で41人。68%。約7割を占める。
残りの12期以上は19人。31%。約3割だ。

平均在籍期数は、10期。
リーグ参加平均年齢 21歳。
退会した平均年齢は、26歳だ。

*-----*

四段昇段者をおさらいすると、

1期〜3期で約2割。
1期〜6期に広げると約6割。
更に1期〜9期に広げると約8割。
残りの10期以上は約2割だった。

平均在籍期数    6.5期
リーグ参加平均年齢 18歳
突破した平均年齢  21歳
最長期間の人 17期。約9年。

*-----*


昇段者と比較すると、退会者の場合、3期〜5期在籍期間が長い。

参加平均年齢が21歳で、昇段者の18歳より3年遅い。

退会者を簡単な図式にすると、こうなる。

高校卒業してから3年、21歳で三段リーグに入った時、同い年の子が棋士(四段)なる姿を見る。

それから5年、10期を経て、自分は26歳で退会する。
退会者は、突破者より、遅く三段リーグに入り、長く在籍し、そして、最後退会する。
就職するには、条件が悪い。

この点が、二段までの学生時代と違い、三段リーグを重苦しい空気にする原因だろう。


では、早く見切りをつけられないのか?

もっと、早い時期に進路変更できなかったのか?

この疑問が湧く。

次回は、その点を探ってみよう。

*----------*----------*

【統計の解説】

現在、第54回を迎えているので、発足して27年目である。

統計は、第11回(1992年)〜第53回(2013年)までの43期分、約22年分である。

第1回からの統計にしなかった理由は、次の3点である。

1.第1回在籍者の在籍期間が、1期となってしまい数値として不適当になる。

2.第1回は17名、第2回は16名と少なく18戦になったのは第3回以降。

3.構成員が30名を超えるのは第11回以降。

よって、今回、統計をとるに当って第10回以前を除外した。

また、昇段、退会に関する規約が途中変更されている。(注1.)

次点2回者も同等の昇段者として扱い統計に加えた。

なお、編入試験で四段になった瀬川晶司氏は、三段リーグで退会者として扱った。

また、同じく編入試験で三段リーグへ再度参加した、今泉健司氏は、通算した。

*----------*----------*
【注解】

注1.昇段、退会に関する規約が途中変更

 1997年以降次点を2度取ったものは、フリークラスの四段に昇段する権利を得る。
 奨励会発足時は年齢制限がなかったが、1968年に「満31歳の誕生日までに四段に昇段できなければ奨励会を退会」
 という規定を 設ける。その後、1982年に満26歳に引き下げられてた。1994年に次の延長規定を追加する等して現在に至る。
 満21歳の誕生日までに初段、満26歳の誕生日を迎える三段リーグ終了までに四段に昇段できなかった者は退会となる。
 ただし三段リーグで勝ち越しを続ければ満29歳を迎えるリーグ終了まで延長して在籍できる。
 年齢・勝ち越し条件に関係なく三段リーグに5期(2年半)在籍できる。

閉じる コメント(1)

両方のカキコミありがとうございました

2014/1/29(水) 午前 10:31 [ kemumakikun ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事