将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

前回の話の中で阿部健治郎(現五段)を”努力型”、佐藤慎一(現四段)を”爆発型”と紹介した。

実は、これ以外にもタイプがあって、全部で7種類ある。

すなわち、
三段リーグ突破者90名の成績には、それぞれ特徴があって、7つのタイプに分類できる、
と言うことだ。
1.天才型

2.秀才型

3.晩成型

4.我慢型

5.努力型

6.爆発型

7.ラッキー型(幸運型)
以上の7種類だ。


意味や分類基準、具体的棋士は、順次説明していく。

今回は、字面だけで想像して頂きたい。


これに基づき、三段リーグを突破し棋士(四段)になった90名を分類した結果、次の円グラフが出来た。


イメージ 1


一目瞭然、最も多いのが、爆発型で、3割を占めている。

前回、佐藤慎一(現四段)の成績表を基に説明したが、このタイプが意外と多いのだ。

簡単におさらいすると、6期以上在籍していて、それまでの成績からしたら考えられない勝ち星を上げて、

リーグを突破するタイプのことだ。
爆発型が多いことは、

三段リーグの統計をとって見て、初めて解ったことであり、想像もしていなかった。

この現象があるなら、長年在籍する考えが理解出来るだろう。

それにしても、なんだか楽しそうな円グラフに見えませんか?

人生の縮図、世の中の縮図を俯瞰するような。


次回から順次説明する。

まずは、天才型から。


*----------*----------*

【統計の解説】

現在、第54回を迎えているので、発足して27年目である。

統計は、第11回(1992年)〜第53回(2013年)までの43期分、約22年分である。

第1回からの統計にしなかった理由は、次の3点である。

1.第1回在籍者の在籍期間が、1期となってしまい数値として不適当になる。

2.第1回は17名、第2回は16名と少なく18戦になったのは第3回以降。

3.構成員が30名を超えるのは第11回以降。

よって、今回、統計をとるに当って第10回以前を除外した。

また、昇段、退会に関する規約が途中変更されている。(注1.)

次点2回者も同等の昇段者として扱い統計に加えた。

なお、編入試験で四段になった瀬川晶司氏は、三段リーグで退会者として扱った。

また、同じく編入試験で三段リーグへ再度参加した、今泉健司氏は、通算した。

*----------*----------*
【注解】

注1.昇段、退会に関する規約が途中変更

 1997年以降次点を2度取ったものは、フリークラスの四段に昇段する権利を得る。
 奨励会発足時は年齢制限がなかったが、1968年に「満31歳の誕生日までに四段に昇段できなければ奨励会を退会」
 という規定を 設ける。その後、1982年に満26歳に引き下げられてた。1994年に次の延長規定を追加する等して現在に至る。
 満21歳の誕生日までに初段、満26歳の誕生日を迎える三段リーグ終了までに四段に昇段できなかった者は退会となる。
 ただし三段リーグで勝ち越しを続ければ満29歳を迎えるリーグ終了まで延長して在籍できる。
 年齢・勝ち越し条件に関係なく三段リーグに5期(2年半)在籍できる。
*----------*----------*
【修正記録】

2014.02.08 分類を6種類から7種類へ、天才型を15名から16名へ、爆発型を36名から29名へ変更した。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事