将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

特異な人とは、三段リーグ突破者(四段昇段者)90名の中で、私が分類に悩んだ人のことだ。

今回の特異な人は、阿部光瑠(現四段)である。


彼は、大物である。

私が、大いに期待している若手の一人だ。

昨年の3月、彼は第2回 電王戦の先鋒だった。

初の現役プロ棋士vsコンピュータ将棋の初戦である。


世紀の対決の開幕戦。
A級最終局「将棋界の一番長い日」を凌ぐマスコミの殺到。
関係者の予想を遥かに上回った。
タイトル戦の雰囲気である。
いや、羽生七冠が誕生したとき並みのマスコミの量だ。

阿部光瑠って、誰?
固唾を呑んで見守った。
そんな中、18歳の童顔の男子が登場した。
カメラのフラッシュを浴びせられているのは、棋士になって2年余りの若者である。
勿論、タイトル戦など経験あろうはずがない。

緊張するな、落ち着け、と諭しても無理である。

きっと、普段の力の半分も出せないだろう。

皆、心配した。


ところが、阿部は、臆することもなく、気負うこともなく、飄々としていた。

そして、皆が心配するのを他所に、昼食に鰻重と特上にぎり寿司の両方をペロリと平らげたそうな。

周囲は、唖然とすると同時に安堵したに違いない。

私は大笑いした。

以来、阿部光瑠四段の大ファンである。



さて、その彼の三段リーグの成績が次の表だ。

イメージ 1


彼が、四段昇段したのは16歳のとき。

正しく「 天才型 」だ。

と言いたいところだが、実は「 秀才型 」にするかどうか悩んだ。

 「 天才型 」の基準は、
 1.1期抜けで20歳以下。
 2.3期以内に抜けて、17歳以下、通算勝率が0.600以上。
 3.5期以内に抜けて、16歳以下、通算勝率が0.600以上。
 上記各条件に加えて昇段時の勝数が13勝以上。


次の表は、リーグ突破の年少記録である。


イメージ 2


やはり、ほぼ全員「 天才型 」である。


しかし、彼と山崎だけが唯一違う点がある。

勝率(通算勝率)である。

.600を下回っている。


阿部の成績表を見ると、負越しが2度あり、通算勝率も.528と昇段基準の.550すら下回っている。

この成績だと、更に3期以上かかりそうなものだ。

しかも、昇段した期が13勝で、その直前が僅か7勝で負越している。

普通なら14勝ぐらいしないとこの順位の差を飛び越えられないはずなのだが、彼は物ともしていない。

私が推測するところ、阿部は、恐らく「 ここ一番に強い 」のだと思う。
挑戦者決定戦とか、タイトル戦の最終局とか、大舞台に異常な強さを発揮する。

そんな素質を備えているのではないか。

これは、天性のものだ。

「 16歳以下で四段になった者は、必ず、タイトル奪取する。」
この法則に従えば、阿部は必ずA級まで上るし、タイトルを奪取するに違いない。

しかし、棋士になって3年、やや物足りない。

昨日行われたC級2組 最終回で佐々木勇気(新五段)が、C級1組へ昇級した。

同じ「 天才型 」の佐々木に先を越されてしまった。


だが、渡辺明二冠(29歳)の次の世代を形成するのは、豊島七段(23歳)に次いで、

阿部光瑠、佐々木勇気の2人の19歳のはずである。


私は、阿部を「 天才型 」に分類した判断は間違っていないと信じている。

来期こそ、C級1組へ、竜王戦で5組へ昇級することを祈る。

無茶な注文ではないはずだ。


*----------*----------*

【プロフィール】

阿部 光瑠(あべ こうる)四段

1994年10月25日生。19歳。

青森県弘前市出身

中村修九段門下

四段昇段 2011年4月1日付。16歳6カ月 

順位戦 C級2組
竜王戦 6組

*----------*----------*

【統計の解説】

現在、第54回を迎えているので、発足して27年目である。
統計は、第11回(1992年)〜第53回(2013年)までの43期分、約22年分である。
第1回からの統計にしなかった理由は、次の3点である。
1.第1回在籍者の在籍期間が、1期となってしまい数値として不適当になる。
2.第1回は17名、第2回は16名と少なく18戦になったのは第3回以降。
3.構成員が30名を超えるのは第11回以降。
よって、今回、統計をとるに当って第10回以前を除外した。
また、昇段、退会に関する規約が途中変更されている。(注1.)
次点2回者も同等の昇段者として扱い統計に加えた。
なお、編入試験で四段になった瀬川晶司氏は、三段リーグで退会者として扱った。
また、同じく編入試験で三段リーグへ再度参加した、今泉健司氏は、通算した。

*----------*----------*
【注解】

注1.昇段、退会に関する規約が途中変更

 1997年以降次点を2度取ったものは、フリークラスの四段に昇段する権利を得る。
 奨励会発足時は年齢制限がなかったが、1968年に「満31歳の誕生日までに四段に昇段できなければ奨励会を退会」
 という規定を 設ける。その後、1982年に満26歳に引き下げられてた。1994年に次の延長規定を追加する等して現在に至る。
 満21歳の誕生日までに初段、満26歳の誕生日を迎える三段リーグ終了までに四段に昇段できなかった者は退会となる。
 ただし三段リーグで勝ち越しを続ければ満29歳を迎えるリーグ終了まで延長して在籍できる。
 年齢・勝ち越し条件に関係なく三段リーグに5期(2年半)在籍できる。

*----------*----------*
【参照】

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事