将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

レーティングが3900を超えて、計り様の無い将棋ソフト『ポナンザ』。

先月、アマ高段者を相手に駒落ちで無敗!

あらためて驚異的強さを誇示した。

そのポナンザを二次予選、決勝と二度破ったソフトが現れたのですから驚きです。

そのソフトは、初参加の『エルモ』です。

この結果、判明したことがあります。

やはり、コンピュータの評価値は

「 私は読み切れていません。」

と吐露している証拠である!



決勝戦の『エルモ』vs『ポナンザ』戦は、昨日解説しました。

御浚(おさらい)すると、

ポナンザは82手目△9七歩成から猛攻を開始し、126手目△6九金まで、攻め続けた。

( 但し、エルモが誘った感あり。)

開始時点では、お互い優劣不明の評価値だったが、126手目でポナンザが「 反省 」、エルモの大局観(評価値)が優れていたことを認めた。


82手目から開始し、126手目までですから、実に45手の間、攻め続けた。

1手毎に3通りの変化手順があるとすると、いくら1秒間に10億手読めるソフトでも、

完璧に読み切ろうとすると、9万年かかる計算になる。(注1)

だから、「 評価値 」と云う名の「 大局観 」がなければ、決断できないわけです。

まだ、人間が勝てる要素が残っていそうな気がします。

*----------*----------*
【注解】

注1. 9万年かかる計算になる。

 1秒間に10億手読むと仮定。

 計算式:(3のべき乗45)÷10億÷(60×60×24×365)=93,681年

*----------*----------*
【ニュース冒頭】

第27回世界コンピュータ将棋選手権

開催日:2017年5月3日(水)〜5日(金)

場所:神奈川県川崎市

主催:コンピュータ将棋協会 (CSA)

特別協力:公益社団法人 日本将棋連盟


【結果】

二次予選、決勝と『ポナンザ』(Ponanza)を破った『エルモ』(Elmo)が初優勝を果たした。

『エルモ』(Elmo)が大会で唯一敗れた相手は、二次予選での『技巧』。


<二次予選>( SOLC値 )

 1位、エルモ、8戦1敗(45.0)
 2位、ポナンザ、8戦1敗(44.0)
 3位、クジラ、6戦3敗(52.0)
 4位、読み太、6戦3敗(49.0)
 5位、技巧、6戦3敗(47.0)
 6位、HoneyWaffle、6戦3敗(42.0)
 7位、NineDayFever、5戦3敗1分(41.5)
 8位、タヌキ、5戦4敗(52.0)

<決勝>

 1位、エルモ、7戦0敗、優勝
 2位、ポナンザ、6戦1敗
 3位、技巧、4戦3敗

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事