将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]


聡太四段は、「三段になってから将棋ソフトと指すようになって、序中盤が上達した」

と語っているが、これを鵜呑みにしてはいけない。

もし、将棋ソフトと練習対局を積むだけで強くなれるなら、

電王戦に出場した棋士、ほぼ全員が、活躍をしている筈ではないか。

だが、現実は、目覚しい成績を上げているとは言い難い。


将棋ソフトを研究に使っていると棋士の代表格は、千田翔太 六段だろう。

この勉強方法が、昨年の棋王戦挑戦など、活躍に繋がった、と、専らの評判だ。

私の推測だが、この勉強方法が功を奏し、勝星に繋がったのは、1割だと思う。

対戦相手が、この勉強方法を「魔法の杖」のように懼れ、

研究手順に嵌ったんじゃあないかと疑心暗鬼に陥り、

本当は互角なのに、疑問手を連発して自ら崩れた。

1割の大半は、これが勝因ではないか。(下記に補足)

研究手順通りに勝ったのは、年間1局程度だろう。


では、聡太四段の強さも、そのお蔭か?

聡太四段は、最終盤の読みの速さについてのブランドは、確立している。

だが、「将棋ソフトによる勉強」を宣伝していない。

だから、千田の勝因とは、ことを異にする。

断っておきますが、私は、千田六段の研究を軽んじているのでは有りません。

どんな研究方法も、同程度の効果しか無いと思っているのです。

その2人が、先日、NHK杯戦で対戦した。

なんと、千田六段の完敗!


前述のことを念頭に、次回から、NHK杯戦 千田六段 vs 聡太四段戦を検証してみる。



*---------*----------*

【補足】千田六段の将棋ソフトによる勉強の効果


例えば、昨年度、対局数は65局、48勝、勝率0.7384 だった。

この内、将棋ソフトによる勉強が功を奏し、白星に繋がったのは7局前後ではないか。

研究手順通り勝ったなんて、多分、年間2局無いと思う。


コンピュータに疎く、将棋ソフトなんて興味の無い者は、盲目的に懼れる。

対戦相手は、千田六段の将棋ソフトによる勉強を「魔法の杖」のように懼れ、

研究手順に嵌ったんじゃあないかと疑心暗鬼に陥り、

本当は互角なのに、疑問手を連発して自ら崩れた。

これが千田の勝因である。


では、研究手順らしき戦型を避けて戦うと、どうなるか。

これは、勝負師として気合負けに繋がる。

毎回毎回避ける訳にいかないのだ。


将棋ソフトを活用する勉強が、直接、勝因に繋がるなんて、私は信じない。


じゃあ、将棋ソフトではなく、別の勉強方法に置き換えていたら、どうなったか?

多分、同じ様な成績を上げていたに違いないと思うのだ。

偶々、将棋ソフトだったのだ。


ただ異なる点は、今、将棋ソフト株がべらぼうに高騰したことだ。

十数年前の弱い将棋ソフトの頃なら、誰も懼れなかった。

要するに、対戦相手が、「千田は読み切っている」と信用してくれた。

これが功を奏したのだ。


故・大山十五世名人の名言がある。

「 勝つには、相手に信用されること 」


勿論、千田の努力がある。

対戦相手よりも、「将棋」に割いている時間が長いのだ。

同じ勉強時間だったとしたら、前述の信用の分だけ、千田が優位だ。

その優位だった分が、昨年度の7局、1割だ。


これと同じ現象は、羽生世代が台頭し始めた頃にも起こった。

羽生世代の活躍を妬んだ当時の先輩棋士達だ。

「コンピュータ将棋」「真似将棋」「卑怯なグループ共同研究」などと揶揄した。

今、思い返すと冷笑せずにはいられない。


将棋ソフトによる勉強も同じなのだ。

所詮は、同じ人間同士の戦いなのだから。


この世に「仙人」と「魔法の杖」は存在しない。


*---------*----------*

【千田翔太 六段 年度別成績】

 22歳 平成28年度 65局 48勝 17敗 勝率0.7384

 21歳 平成27年度 53局 35勝 18敗 勝率0.6603

 20歳 平成26年度 42局 31勝 11敗 勝率0.7380

 19歳 平成25年度 49局 36勝 13敗 勝率0.7346

*----------*----------*

【「藤井聡太四段の強さとその背景」過去の記事】


【歴代連勝記録分析の記事】

閉じる コメント(2)

顔アイコン

実際に千田六段の将棋をソフトにかけると、
序中盤で有利になってることが多いですよ。

千田六段や藤井四段と他の面々との違いは、ソフトと真剣勝負しているか否かです。
どうせ勝てないからといって、研究にしか使っていない人は、成績がそれほど上がってないのです。
なぜなら、それは周りと同じことをやっているだけだからです。

2017/5/30(火) 午後 2:39 [ kei ]

顔アイコン

keiさん

「千田六段や藤井四段と他の棋士との違い」は、
「将棋ソフトになんか教わるか!」
「棋士の矜持が許さん!」
という心理が、素直に指し手を受け入れないことも大きな要因だと思いますね。

2017/5/30(火) 午後 3:14 [ 銀桂一行 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事