将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]


「将棋ソフトによる研究」を標榜している千田六段との対戦。


恒例の対局前のインタビューで千田は、

「 前期はベスト8で破れてしまったので、今期はそれを越えたい 」

と、答えた。

「 聡太新四段など眼中になし、今日は、100%勝ちます! 」と宣言したような口振り。

本気ですね。

私は、先輩棋士達が、本気になればなるほど、拍手を送っています。

生半可に聡太四段を勝たせないで欲しいですからね。


先手千田六段が▲4五銀と出た局面。


【図1. 39手目▲4五銀まで】
イメージ 1


局後の話し振りから察すると、千田六段は事前研究で自信を持っていた。

そして、更に▲1五歩、▲9五歩と突き捨てた。


【図2. 51手目▲9五歩まで】
イメージ 2


無茶苦茶に手が広く、複雑な局面を作りました。

右側も左側も、どちらにも火の手が上って、どちらかに馬かと金が出来るのは必定。


私のような素人には、先手優勢にしか映りません。


後手側に座った棋士が、この時点で、殆ど戦意喪失するんじゃあないでしょうか。

( うわ〜っ!研究範囲に嵌ってしまった!)

と。

本当のところは、互角かも知れませんが、疑心暗鬼に陥る。

この精神状態が、疑問手を引き出し、その疑問手が更に悪手を誘う。

断っておきますが、私は、千田六段の研究を軽んじているのでは有りません。

どんな研究方法も、同程度の効果しか無いと思っているのです。

これが千田六段の、と云うより、研究している側の通常の勝ちパターンだと思います。

ところが、聡太四段!

全く動じない!

生れて初めて目にする局面であるにも拘らず。

少考しながら、淡々と応じて行く。


更に、10手進んで、▲6四歩の局面。


【図3. 61手目▲6四歩まで】
イメージ 3


感想戦で、千田六段が「 自信がない 」と吐露した局面です。


聡太四段が、相手の土俵で、見事に指し回した証拠です。


どう思います?

聡太君はここ1年間、将棋ソフトを研究に取り入れた

と、書いています。

しかし、相手の千田六段は数年前から開始しています。

しかも、聡太君は学業と並行していて、

1日の研究に割ける時間は、千田六段に劣ります。


そう考えると、

対峙する前から、千田六段の研究に怯えても不思議じゃない。

と、そう思いませんか?


【結論】

聡太四段は、相手の如何なる研究も懼れない、自信を持っている。



さて、その自信は、どこから来るものなのでしょうか?


*---------*----------*

第67回 NHK杯戦  1回戦第7局

放映日:平成29年5月14日(日)

▲千田翔太 六段 vs △藤井聡太 四段

結果:90手で後手藤井の勝ち。

解説:杉本昌隆 七段(48歳) 聞き手:藤田綾 女流初段(29歳)

持時間:10分切れたら1手30秒未満・他に各10分の考慮時間あり(チェスクロック使用)


*----------*----------*

【「藤井聡太四段の強さとその背景」過去の記事】


【歴代連勝記録分析の記事】

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんばんは。

記事を待っていましたよ。

今回の記事は、プロ棋士のみなさんの「読み逃げ」もかなり
あると思いますよ。

プロ棋士のみなさんは、一局一局に明日の生活が懸かっていますからね。
どうやったら相手に勝てるか日々研究していると思います。
千田vs藤井戦から少しでも多くのことを学びたいと思っているはず。
となると、この銀桂さんの記事もさらっと読んでいるのではないか
と推察するわけです。

「プロ棋士も読む銀桂さんのブログ」な〜んてね。

面白い記事です。

ありがとうございます。

21局目はどうなるでしょうか?

楽しみですね〜。

2017/6/4(日) 午後 8:43 トリトン

顔アイコン

トリトンさん

お褒め預かり有難うございます。

私のブログは、将棋界に疎い人が、奨励会と将棋ソフトのニュースを読むとき、参照されている感じです。

アクセス数が跳ね上がったときと、当日のニュースが一致しますので。

ここ二三ケ月、記事を書けず、もう閉鎖しようかと悩んでいました。
トリトンさんのお申し出と、アクセス数が全く落ちていないので、気を取り直しました。

今後とも、宜しくお願いします。

2017/6/6(火) 午前 1:37 [ 銀桂一行 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事