将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

2ケ月前の古い話で恐縮です。

この頃は、全く記事を書く余裕がなかったもので。


それにしても、将棋ソフトに負けるなんて・・・悔しいですねえ。

私は、天彦名人が1勝はするんじゃあないかと、随分期待していたんですが、残念です。


将棋界で今一番勢いがあるのは、聡太四段ですが、一番強いのは?

となると、難しい。

まあ、天彦名人か、渡辺竜王ってとこでしょうか。

どちらかが、相手のタイトルを奪取すれば、統一チャンピオンとして、名実共に第一人者を名乗れるのですが・・どうも、来期以降の話ですね。

そうなると、羽生三冠が加って、三者鼎立となるのが道理。

第一人者は、賞金獲得額なども考慮に入れると、やはり羽生三冠でしょうか。

ははは。

あらら、脱線してしまいました。

どうであれ名人のタイトルを持つ棋士が、将棋ソフトに敗れたことだけは事実です。


その負け方が、本の数年前と比べると、雲泥の差。

完敗です。


昔は、解説の棋士が指し手の意味を直ぐに理解できたし、

疑問手、悪手も指摘できた。

しかし、今や将棋ソフトの疑問手、悪手を指摘できない。

好手の場合でも、大盤で駒を数手動かしてからでないと、その理由が発見できなくなってしまった。

すなわち、将棋ソフトが指す前に

候補手を示せなくなってしまった。


その典型的な場面が、本局の76手目△9三桂の局面。


【76手目△9三桂まで】
イメージ 1



この時点での『エルモ(Elmo)』の評価値は、『ポナンザ(Ponanza)』の+400点超。(注1)

大体、歩2枚程度の差か。


ここでコンピュータの示す先手の候補手(77手目)が驚愕だった。

(ここでは『エルモ』も『ポナンザ』も同じ読み)

▲7四銀!!


大盤解説の深浦九段が「えっ!?角筋ですよ?タダで取られますけどね。」

三浦九段も、「えっ!?」と驚きを隠さない。

2人で駒を動かして検討する。

「ああ、なるほど〜」

理由はこうだ。

もし▲7四銀を後手△同角としたら、▲7三角成として飛角両取り。

(1)△5六角と逃げたら、飛車を取るんじゃあなく、▲5三歩成とし、△同金に飛車をタダ取り。先手優勢。

(2)角を逃げずに△6三金なら▲7四馬△同金▲5三歩成で良い勝負。

なので、後手は、▲7四銀を△同角と取らない。

後手は、▲7四銀を△同角と取らないで、どう指すのか?

なんと!△6一飛!!

深浦も三浦も、意味が全く理解できない。


この△6一飛の意味が判明したのは、数分後の現地解説者遠山六段の話から。

後手『ポナンザ』の狙いは、

△6一飛に先手が7四銀を守って▲7三角成としてくれたら、

△8六歩▲同歩△6七歩成▲同歩△同飛成▲同金△同角成。

飛車を切って馬を作るらしいとのこと。

この時、先手の5五角が居ない方が良い。

▲7三角成としないなら、今度こそ△7四角と銀を頂く。

すなわち、△6一飛は「後の先(ごのせん)」。

ここまで読めた上で、評価値は、『ポナンザ』の+400点超。


イメージ 2
大盤で検討する。左:三浦九段、右:深浦九段 



さあ、我らが名人・天彦は、77手目▲7四銀と指せるのか!?

深浦、三浦は、期待して見守ったが、1分で▲9四銀と逃げた。

「あああ〜」と落胆の声。


これで一挙に評価値は『ポナンザ』の+800点弱へ。

大体、評価値が+700点を超えると、70%以上の勝率で勝つという。

(コンピュータ同士での勝率)

まあ、人間相手なら、100%だろう。

要するに、77手目▲9四銀と指した時点で、先手必敗。

将棋ソフトは、プロ棋士の手の届かないところまで、

進化した様だ。残念だが・・・


*----------*----------*
【注解】

注1.エルモ(Elmo)

 第27回世界コンピュータ将棋選手権の優勝ソフト。

 準優勝「ポナンザ(Ponanza Chainer)」、3位「技巧」


 初参加の「エルモ」は、一次予選を7勝0敗、1位で通過。
 二次予選で「技巧」に苦杯を喫したものの、「ポナンザ」を下して8勝1敗、1位で通過。
 2位「ポナンザ」、3位「大合神クジラちゃん」、4位「読み太」、5位「技巧」。

 決勝ラウンドでは、「エルモ」が再度「ポナンザ」を破り、7勝0敗で優勝。
 二次予選で1敗し完全優勝は達成できなかったものの、終盤、「ポナンザ」に読み勝ったのは圧巻だった。


*----------*----------*
【ニュース冒頭】

第2期電王戦二番勝負 第2局

▲佐藤天彦叡王(名人)vs △『ポナンザ(Ponanza)』

 (開発者:山本一成さん、下山晃さん)

人類とコンピュータの代表同士が戦う構図が見られるのも、泣いても笑ってもあと1局のみとなった。
第1局で相手の先勝を許した佐藤天彦叡王(名人)が、最後に人類の強さを示すのか。
それともが連勝を決めて幕を下ろすのか。確実に歴史に残る、大注目の一戦である。

日時:平成29年(2017年)5月20日 

場所:兵庫県姫路市「姫路城」

持時間:各5時間(チェスクロック使用)。

先手番は佐藤。

対局開始:10時、昼食休憩:12時30分から13時30分、夕食休憩は17時30分から18時。

結果:94手で『ポナンザ』の勝ち。

二番勝負はPONANZAの連勝で幕を下ろした。

終局時刻:19時30分

消費時間:▲佐藤4時間55分、△PONANZA2時間47分

主催:株式会社ドワンゴ、公益社団法人日本将棋連盟

*----------*----------*
【ニコニコ生放送】

7:16:00〜7:50:00頃の解説

解説者:深浦康市九段、三浦弘行九段

聞き手:貞升南女流初段

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんばんは。

この電王戦2番勝負の特集を16日(日)夜11時から
BS1で放送したんですよ。

AI恐るべしですね。

開発者たちは、ポナンザ同士の対局を重ね、1000万局分の
データを蓄積して、対局に臨んだそうです。

開発者は、対局する前から自信満々だったそうです。

「AIと人間とどちらが優秀か」などという問いは
発しなくてもよいくらい、優劣の差がはっきりとついた。

これからは、AIの良さを自分の将棋に組み入れた棋士が強くなる
時代になるかもしれない。

■ 形勢判断(評価値)
■ 人間なら指さない手の再考・吟味=ある意味新手

PCを使わないと生き残れない時代に突入するのか?

ちょっと寂しい気がする。

2017/7/21(金) 午前 0:46 トリトン 返信する

顔アイコン

トリトンさん

将棋ソフト同士の対戦を24時間、休まずですか〜(溜息)
人間と違って疲れませんからね。
それにしても、1000万局を1年間で指そうと思ったら、3秒程度で1局終了しないと実現しません。
アルファ碁は、1秒間で1局打ち終わるとか。
嫌、ですねえ(笑)

2017/7/25(火) 午前 1:05 [ 銀桂一行 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事