将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

主人公・山岡士郎は、海原雄山の息子で、恐らく、22歳頃まで、『美食倶楽部』で徹底的に料理人として仕込まれたに違いない。

これを将棋界に当て嵌めると、

『美食倶楽部』での数年間が、奨励会に相当する。

従って、山岡士郎は、将棋のプロ五段程度。

順位戦で言えば、C級1組くらいか。

但し、才能はピカ一で、実力は七段近い。

もし、雄山と仲違いせず、『美食倶楽部』に残って真面目に取り組んでいれば、今頃、A級八段であった。

惜しい!

その彼が、名人の海原雄山と対決する。



イメージ 1


雄山は、士郎と対決しながら、実は鍛えているのである。

面白い。


*----------*----------*
【概略】

『美味しんぼ』(おいしんぼ)は、原作:雁屋哲、作画:花咲アキラによる日本の漫画。
『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、昭和58年(1983年)20号より連載。
昭和62年(1987年)、第32回小学館漫画賞青年一般部門受賞。
平成6年(2014年)より事実上の休載状態にある。

〔あらすじ〕
東西新聞文化部の記者である山岡士郎と栗田ゆう子は味覚のテストを合格し、
同社創立100周年記念事業として「究極のメニュー」作りに取り組むことになった(第1巻)。
文化部のお荷物記者だった士郎と新人記者ゆう子のコンビは不安視されたが、士郎の鋭敏な味覚と広範な知識、

優れた調理技術により食べ物を通じて諸問題を解決し、二人は周囲の信頼を得ていく。

しかし美食倶楽部を主宰する美食家・海原雄山との出会いから、士郎が雄山の実の息子と判明する。
山岡姓は、母方の苗字である。
父子は母親の死をめぐる確執から絶縁しており、偶然顔を合わせるたびに意地を張り合い料理対決することになる。

やがて「究極のメニュー」への対抗から、ライバル紙の帝都新聞が雄山の監修による「至高のメニュー」という企画を立ち上げ、
週刊タイム誌上で定期的に「究極」と「至高」の一品が同時発表されることが決まる(第15巻)。
企画は事実上、両者を比較する「究極」対「至高」の料理対決であり、料理を通じた父子対決の場であった。

*----------*----------*
【関連記事】


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事