将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

新しい将棋ファンの方達の為に書きます。

プロレスなどの格闘技なら、勝った側が、雄たけびを上げ、敗者を罵る場面があります。

残酷な行為です。

しかし、あれは演技。

将棋や囲碁では、勝った上に相手を傷付ける様なことはしません。

礼節を重んじ、勝者は表情を閉じて黙っている。

しかし、マスコミや、新しいファンは残酷なことを期待している節があります。

ですが、絶対、起り得ません。


また、解説者に聡太君への誉め言葉を期待しますが、あれも逆の意味で残酷。

解説者が引退棋士なら兎も角、現役なら、

いくら聡太君が天才であろうと、誉めたくない。

次に対戦するときに、闘志が沸き難い。

勝負師として、味が悪い。

悪く言わないにしろ、誉めたくはない。


AbemaTVで解説の深浦康市九段が、

「 私も現役ですから、他の棋士を誉めたくありませんが・・・」

と前置きをしました。

あれが本心。

しかし、テレビカメラは「誉めろ!」と無言の圧力。

ですから、どうしても解説に隔靴掻痒の感を拭えない。

致し方無いのであります。ご勘弁願いたい。


<続く>

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事