将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

一昨年、聡太君の30連勝を阻止して一躍脚光を浴びた佐々木勇気 現・七段。

良い男ですね〜、本当に!

聡太君に対して、メラメラとした闘志を秘めて・・・


聡太君との対戦が決ってから、敵情視察していたことは話題になりました。

イケメンだったことも相俟って。


イメージ 1


何んと言っても、タイトル戦並の報道陣の多さ。

そして、カメラは、対戦相手に「負けろ!」と叫んでいる。

その雰囲気に飲まれない様、慣れなければいけない。


棋士達には、失笑を買っていましたが、私は、非常に好感を抱いた。


昭和の棋士なら、言動に出しています。

意地悪です。

平成の佐々木勇気には、意地悪が無い。

素晴しい!

それで居て、虎視眈々と狙っていた。

本音は

「聡太なんて大したことない。何が天才だ。フザケンな!」

聡太君ファンが聞いたら、激怒しますよね。


しかし・・・


羽生さんが登場した昭和60年頃。

今の聡太君の歓迎振りからは想像出来ない冷遇だった。

先輩連中は

「あんなの谷川より大したことないよ」

と公言して憚らなかった。

若い追っかけギャルや報道陣が押し寄せると、冷ややかに横目で通り過ぎた。

唯一違ったのが、故・大山康晴十五世名人。流石!!


今、棋士と女流棋士をテレビで観ない日はない。

朝のワイドショーからバラエティ番組まで、「聡太君や将棋界について話してくれ」と出演依頼が殺到。

先輩棋士達は、3割〜10割、収入が増えたに違いない。

聡太君様様なのである。

悪口なんて言える資格がない。ははは


羽生さんの時代と雲泥の差なのである。

私は、昭和の棋士が駄目で、平成の棋士が素晴しいと主張したい訳ではない。

昭和の棋士は意地悪だったが、骨があった。

平成の棋士は、優しいが意気地がない。

とも言えるのである。

そんな平成気質に浸(ひた)りながら

佐々木勇気は、昭和の気骨を秘めている、と言いたいのだ。

アッパレ!

だが、最近の成績はどうしたことか?!

先は長いゾ!頑張れ!

<続く>

*----------*----------*
【勇気五段が30連勝を阻止した対局】

第30期 竜王戦 決勝トーナメント

▲佐々木勇気 五段(4組優勝 22歳)vs △藤井聡太 四段(6組優勝 14歳)

場所:東京・将棋会館「特別対局室」

対局日時:平成29年(2017年)7月2日(水)10時

結果:101手で先手佐々木の勝ち。

勝った佐々木は、次戦で阿久津主税八段(1組5位)と対戦する。

また、藤井は公式戦で初の敗北。自身の持つ公式戦最多連勝記録(29連勝)の更新は成らなかった。

終局時刻:21時31分

消費時間:▲佐々木4時間35分、△藤井4時間49分。

持時間:各5時間

主催:読売新聞社


イメージ 2

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事