将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

羽生さんが、NHK杯で7年振り11回目の優勝を成し遂げました。

パチ!パチ!パチ!

長かったですよね〜

毎年毎年、早々に姿を消してしまって・・・

羽生ファンとしては、実に寂しい思いでNHK杯を観ていました。

ヨカッタ!ヨカッタ!


さて、この優勝は、二つの意味を持っていました。

一つは、一般棋戦での優勝回数が、単独1位になったこと。


 1位 羽生善治永世七冠    45回
 2位 故・大山康晴十五世名人 44回
 3位 中原誠十六世名人    28回

もう一つは、32年間、毎年、なんらかの優勝を飾って来た

と云う「隠れた記録」です。

昭和62年度以降、毎年、一般棋戦優勝かタイトルの一つ以上を保持して来た。(註1)

昨年末、竜王を失冠し、途絶えるところでした。

それが、このNHK杯に優勝し、辛うじて継続された。

チラッと調べたところ、故・大山十五世が、32年間継続していたと思われます。(註2)

恐らく、来期更新し、33年間継続すれば、これもまた歴代単独1位ではないか、と思う。


イメージ 1


*----------*----------*
【註解】

註1.昭和62年度(1987年度)以降〜

 羽生善治永世七冠は、昭和62年度(1987年度)に『若獅子戦』と『新人王戦』に優勝。

 以降、毎年、一般棋戦優勝か七大タイトルのうち一つ以上を保持して来た。

 よって、連続32年間(継続中)となる。

 なお、将棋界の年度は、4月から翌年3月まで。


註2.故・大山十五世が、32年間継続していた

 故・大山康晴十五世名人は、昭和27年度(1952年度)に第1回『全八段戦』に優勝した。

 これを初優勝とした場合、昭和58年度(1983年度)NHK杯に優勝したのが最後。

 この間、毎年、一般棋戦優勝か七大タイトルのうち一つ以上を保持して来たと思う。

 よって、羽生さんと同じ連続32年間となる。


*----------*----------*
【ニュース冒頭】

平成31年(2019年)3月17日(日)放送

第68回 NHK杯 決勝戦

▲羽生善治 九段(48歳)vs △郷田真隆 九段(48歳) 

77手で先手の羽生九段の勝ち。

解説:佐藤康光 九段(49歳) 聞き手:藤田綾 女流初段(31歳)

持時間:各10分(対局時計使用)使い切ると1手30秒未満。

    但し、1分単位で合計10回の「考慮時間」がある。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

おはようございます。

やりましたね〜、羽生さん。

羽生ファンも涙を流して喜んでいると思います。
(実はその一人です。)

さあてと、100期目指して再始動ですね。

がんばれ、羽生9段!!!!

応援いたしましょう!!

2019/3/20(水) 午前 5:29 トリトン 返信する

トリトンさん

おはようございます😃

やはり、何と言っても。

羽生さんvs聡太君のタイトル戦を観たいですよね。

次に、渡辺王将・棋王vs聡太君。

3番目以降は、豊島王位・棋聖、広瀬竜王、斎藤王座、天彦名人でしょうか。

永瀬叡王(予想)も、興味深い。

長生きしなきゃ!(^^)

2019/3/20(水) 午前 8:32 [ 銀桂一行 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事