将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

ワンパンチで、敗れ、チャンピオンの座を失った試合を観ることがある。

我々素人目からすると、ラッキーパンチじゃないの?

気にするな、なんて思い、見過ごす。

ところが、本人にとっては、永遠に勝てない程の自信喪失に陥っていた。

何故なら、そのパンチが、全く見えなかった、即ち、視野に捕らえられなかったからだ。

従って、何度対戦しても、必ず、パンチを浴びる。

これは、本人は自覚したくないし、他人に泣き言として聞かれたくない。

よって、周囲やファンには、全く解らないことになる。


同様に将棋でも。

この一局は、将来を決めた分水嶺の一局だった。

あの時、勝っていれば・・・

と、云う勝敗がある。

に、違いない。

きっと、その後の十数年、成績は大きく変っていた。

そんな重要な一局だ。

それは、他人の目に映じないのかも知れない。

プロでも見逃し、本人以外解らないのかも知れない。


でも、誰か示唆してくれたら・・・

そんな一局を谷川浩司九段が指摘してくれた。

今期、広瀬八段が活躍した。
竜王奪取!
ランキング 対局数 1位 64局。勝数 3位 43勝。勝率 11位 0.672。

但し、B級1組以上の棋士では、勝数 1位。勝率 2位である。
この原動力は、一体何んだろうか。

広瀬は、前期、第11回朝日杯の決勝で、聡太君に敗れた。

それも、目の醒める様な絶妙手を浴びて。

この一局を境に、広瀬が奮起した、と、谷川九段が指摘するのだ。

成る程!気付かなかった!

となると、次の広瀬vs聡太戦は、興味深いですぞ!


今期、大きな一局を選べ、と云われたら、多くのファンは、順位戦 C級1組 10回戦 ▲聡太君vs△近藤戦だろう。

あの1敗が、大きかった、と。

しかし、私は、聡太君に限っても、あの対局だけではない。

順位戦で云えば、3回戦の西尾七段戦、6回戦の千葉七段戦、7回戦の増田六段戦も、大きな一局だったと思う。

近藤戦を含めて、この4局、勝敗が入替っていても可笑しくなかったのだ。

ましてや、全棋士の中で、この一局を選べ、と訊かれたら、雲を掴む様な話だ。

う〜ん、難しい!

やはり、谷川九段ほどの棋士に指摘して貰わないと分からない。

だが、これだけは言える。

4月から名人戦七番勝負が始る。

このタイトル戦は大きな勝負だ。

天彦と豊島の二人だけじゃなく、この世代にとって、実に大きな勝負だ。

楽しみだ。

*----------*----------*
【大きな一局】

第11回 朝日杯将棋オープン戦 本戦 決勝戦

場所:東京都千代田区「有楽町マリオン」

日時:平成30年2月17日(土)

持時間:各40分(チェスクロック方式)。切れると1手60秒の秒読み。

開始時刻:14時30分

▲藤井聡太 五段(15歳)VS △広瀬章人八段(31歳)

結果:117手で藤井の勝ち

終局時刻:16時28分

消費時間:共に40分

主催:朝日新聞


第77期 順位戦 C級1組 10回戦

▲藤井聡太 七段(16歳 31位)vs △近藤誠也 五段(22歳 6位)

対局日:平成31年2月5日(火)

対局場所:関西将棋会館「水無瀬の間」

開始時刻:10時

持時間:各6時間(チェスクロック使用)切れたら1手60秒未満の秒読み。

結果:136手で後手近藤の勝ち

終局時刻:23時37分

消費時間:▲藤井6時間、△近藤5時間58分。

勝った近藤、敗れた藤井共に8勝1敗となった。

主催:朝日新聞、毎日新聞

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事