将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

11月19日以来のブログ更新です。

日産自動車のゴーン会長が、不当逮捕されると云う言語道断の事件があって、

私は、ブログを書く気力を失っていました。

まあ、そのことは、また書きます。


さて、この一ヶ月、色々ありましたが、羽生さんが、とうとう無冠になってしまいました。

何故羽生さんは、最後の一冠を失ったのか?

ここからは、熱狂的な羽生ファンである、私の負惜しみです。

一番の理由は、100期目のタイトルを各新聞社が欲しがり、

異常に騒いだからです。

私に言わせれば、全く意味がない。

もし、タイトル獲得数を祝うなら、

故・大山十五世の80期を超えたときに騒ぐもの。

ところが、その時は全く騒がれなかった。

羽生さん、聡太君ブームに便乗した100期目の空騒ぎ。
どこかの新聞社が残念がり、どこかの新聞社が喜ぶことになる。

依怙贔屓(えこひいき)と受取られる。

ちょっと嫌気が差した。

そして、「将棋の質の普及」に傾注することに決めた。


何だ!怪(け)しからん!

とお怒りになる勿れ。


決して態(わざ)と負けた訳ではありません。

以前にも同じ行動をとって居ます。

森内当時名人と争った名人戦の最中、中国に指導対局に行っています。

関係者は驚いた。

普通なら次局の為に作戦を練ったり、研究したりするものだからです。


しかし、「将棋の普及」は、重要な仕事で、羽生さんにしか出来ないことがある。

若い人には、出来ないこと。

他のベテラン棋士にも出来ないことがある。


「将棋の普及」は、ファンの裾野を広げるだけではありません。

また、ゲームの一つとして広めることでもありません。

すなわち、日本文化として広めることが重要なのです。

この認識がないと愚かな発想をする。

例えば、駒の文字をローマ字にしようなどと言う安易な発想がそれです。

漢字のままの駒で憶えて貰うことが大切で、それを理解して貰う。

その為には、棋士自身が将棋の歴史に精通し、外国人に説明する必要がある。

その際、通訳に頼るのではなく、自ら英語やフランス語で説明するべきなんですね。

従って、将棋で勝つことも大切ですが、それと並行して、色々な知識を身につけることも重要な訳です。

羽生さんは、100期になんか全く拘っていない。

将棋の勝敗については、聡太君を先頭に若手に任せよう、と。

自分は、将棋の「質」の普及に傾注することにしたんです。



イメージ 1
失冠した羽生前竜王



イメージ 2
広瀬新竜王


*----------*----------*
【ニュース冒頭】

羽生善治竜王(48歳)に広瀬章人八段(31歳)が挑戦する第31期 竜王戦 七番勝負 第7局は

平成30年12月20日(木)9時、山口県下関市「春帆楼」で行われ、

翌21日、18時49分、167手で先手、広瀬が勝った。

結果、広瀬がシリーズを制し、初の竜王位を獲得した。

敗れた羽生竜王は、失冠し、自身27年振りの無冠となった。

持時間:各8時間

消費時間:▲広瀬7時間7分、△羽生7時間59分

主催:読売新聞社

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事