将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

将棋界の「 藤井 」と言えば、一昔前は、「 藤井猛 」だった。

その藤井猛(当時28歳)が竜王を獲得した頃。(註1)

羽生さんを挑戦者に迎え防衛。

これで自分が棋界ナンバー1だ!

これからは、しぜんとタイトルを積み重ね、名人も時間の問題

と、天狗に成っていた。

若い時を振り返った本人談である。

では4番目の中学生棋士、渡辺明。

19歳で竜王を初戴冠し、8年連続防衛。

途中、羽生さんの挑戦を受けた5期目(第21期)。

出だし3連敗から4連勝で防衛した。(註2)

渡辺、若干24歳。

これで天狗になっていなかったら人間じゃあない。

???

天狗は人間じゃないか・・・

あははは

最大のライバル羽生さんが一昨年から失速して無冠。

逆に渡辺は勝率1位を窺う程の絶好調。
(それも対戦相手が粗(ほぼ)B級1組以上)

今の勢いなら、八冠制覇も夢じゃない。


その渡辺が、聡太君と、朝日杯で愈々(いよいよ)対戦。

ここからは、渡辺の心境を代弁する。

「はっきり言って、現在の棋界ナンバー1は、俺」

「いくら天才と言っても、羽生さんや俺の経験を上回るって筈はない」

序盤、渡辺は▲2六銀と棒銀に出た。


〔図1. 35手目▲2六銀まで〕
イメージ 1


これはプロ相手の場合、本気の狙いじゃない。

怖いのは、2六銀が取り残されたまま戦いに突入すること。

それを狙ってくるのが、トッププロ。

ところが、10手後、聡太君は、渡辺に▲4六銀と理想形を許した。


〔図2. 45手目▲4六銀まで〕
イメージ 2


「甘いな、ふふふ。A級じゃあこんなの許してくれないゾ」

と、北叟笑(ほくそえ)んだ。


しかし、いざ、△3四銀の局面を迎えてみると。

意外と、手が無い。

?????

形としては、理想形である。

何かある筈なのに・・・

プロは、「こうなったら優勢」と判断している局面は、事前に研究しない。

そうなってから考えたら良い・・・と。


まあ、あまり気が進まないが、▲7五歩とした。

当然の△8四飛に▲6五歩。


〔図3. 51手目▲6五歩まで〕
イメージ 3


これが最初の勝負の一手、謂わば、試験問題。

国立大学教授が作成した大学院レベルの問題。

第1問って訳です。

聡太君の回答は、△6五同歩!!


〔図4. 52手目△6五同歩まで〕
イメージ 4


これに、教授の渡辺が唸った。

「えっ!?本当に16歳!?ベテランA級の手じゃあねえか」



大盤解説会場の佐藤康光九段も同じ反応だったらしい。

タイトル保持者レベルの高段者が、皆、唸ったのである。
指されてみれば、成程と感心させられる一手だ、と。

ここは歩ではなく桂馬で跳びたいところなのである。

△6五同歩とすると、7三の桂馬は、6五にも8五にも跳べないのである。

だから、10人の棋士のうち10人が△6五同歩としない。

羽生さんか森内九段が1時間程長考して、やっと指す手だろうか。

しかし、よく見ると、後に△6六歩と突き出すと、次に△6五桂と跳べる。


更に、第2問。

▲5五歩と銀を追い払う手に対しても・・・


〔図5. 53手目▲5五歩まで〕
イメージ 5


普通は、△4三銀と守りを固める。

だが、聡太君は、△6三銀!


〔図6. 54手目△6三銀まで〕
イメージ 6


これにも驚いた。

自分なら絶対、喜んで△4三銀だからだ。

これまた、指されてみれば、当然の選択肢の一つ。

▲7六銀と圧力をかける予定だったが、△6四銀の応援があるから、出来ない。

また、また、唸った。


<続く>

*----------*----------*
【註解】

註1.藤井猛が竜王を獲得した頃

竜王戦
 第14期 2001年度 羽生善治 4−1 藤井 猛 羽生奪還
 第13期 2000年度 藤井 猛 4−3 羽生善治 藤井防衛
 第12期 1999年度 藤井 猛 4−1 鈴木大介 藤井防衛
 第11期 1998年度 藤井 猛 4−0 谷川浩司 藤井奪取

註2.3連敗から4連勝で防衛した。

竜王戦 第21期 2008年 渡辺明 4−3 羽生善治 渡辺防衛


*----------*----------*
【ニュース冒頭】

第12回 朝日杯将棋オープン戦

場所:東京都千代田区「有楽町朝日ホール」

日時:平成31年2月16日(日)

持時間:各40分(チェスクロック方式)。切れると1手60秒の秒読み。


本戦 準決勝

開始時刻:10時30分

▲行方尚史 八段(45歳)VS △藤井聡太 七段(16歳)

結果:120手で藤井の勝ち

終局時刻:12時53分

消費時間:共に40分


本戦 決勝戦

開始時刻:14時30分

▲渡辺明 棋王(34歳)VS △藤井聡太 七段(16歳)

結果:128手で藤井の勝ち

終局時刻:16時52分

消費時間:共に40分


主催:朝日新聞

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

一昨年、聡太君の30連勝を阻止して一躍脚光を浴びた佐々木勇気 現・七段。

良い男ですね〜、本当に!

聡太君に対して、メラメラとした闘志を秘めて・・・


聡太君との対戦が決ってから、敵情視察していたことは話題になりました。

イケメンだったことも相俟って。


イメージ 1


何んと言っても、タイトル戦並の報道陣の多さ。

そして、カメラは、対戦相手に「負けろ!」と叫んでいる。

その雰囲気に飲まれない様、慣れなければいけない。


棋士達には、失笑を買っていましたが、私は、非常に好感を抱いた。


昭和の棋士なら、言動に出しています。

意地悪です。

平成の佐々木勇気には、意地悪が無い。

素晴しい!

それで居て、虎視眈々と狙っていた。

本音は

「聡太なんて大したことない。何が天才だ。フザケンな!」

聡太君ファンが聞いたら、激怒しますよね。


しかし・・・


羽生さんが登場した昭和60年頃。

今の聡太君の歓迎振りからは想像出来ない冷遇だった。

先輩連中は

「あんなの谷川より大したことないよ」

と公言して憚らなかった。

若い追っかけギャルや報道陣が押し寄せると、冷ややかに横目で通り過ぎた。

唯一違ったのが、故・大山康晴十五世名人。流石!!


今、棋士と女流棋士をテレビで観ない日はない。

朝のワイドショーからバラエティ番組まで、「聡太君や将棋界について話してくれ」と出演依頼が殺到。

先輩棋士達は、3割〜10割、収入が増えたに違いない。

聡太君様様なのである。

悪口なんて言える資格がない。ははは


羽生さんの時代と雲泥の差なのである。

私は、昭和の棋士が駄目で、平成の棋士が素晴しいと主張したい訳ではない。

昭和の棋士は意地悪だったが、骨があった。

平成の棋士は、優しいが意気地がない。

とも言えるのである。

そんな平成気質に浸(ひた)りながら

佐々木勇気は、昭和の気骨を秘めている、と言いたいのだ。

アッパレ!

だが、最近の成績はどうしたことか?!

先は長いゾ!頑張れ!

<続く>

*----------*----------*
【勇気五段が30連勝を阻止した対局】

第30期 竜王戦 決勝トーナメント

▲佐々木勇気 五段(4組優勝 22歳)vs △藤井聡太 四段(6組優勝 14歳)

場所:東京・将棋会館「特別対局室」

対局日時:平成29年(2017年)7月2日(水)10時

結果:101手で先手佐々木の勝ち。

勝った佐々木は、次戦で阿久津主税八段(1組5位)と対戦する。

また、藤井は公式戦で初の敗北。自身の持つ公式戦最多連勝記録(29連勝)の更新は成らなかった。

終局時刻:21時31分

消費時間:▲佐々木4時間35分、△藤井4時間49分。

持時間:各5時間

主催:読売新聞社


イメージ 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事